• 「リユース」とは?今、ブランドアイテムのリユースが注目されている理由
サムネイル

「リユース」とは?今、ブランドアイテムのリユースが注目されている理由

「リユース」という言葉、最近よく耳にしますよね。ただ、リユースとリサイクルとの違いって何?など疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。実は「リユース」というアクションが、今、世界中から注目されているんです。ここではリユースという言葉の定義から、優良リユースショップ、個人でのリユース方法などを紹介していきます。

リユースとは?

最近よく耳にするようになった「リユース(Reuse)」という言葉。
聞いたことはあるけど、具体的に何を意味しているのかよくわからない…と思っている人も多いのでは?

特に、同じような「RE」をつけて使われている言葉「リサイクル(Recycle)」とリユースを混同してしまいがちですが、実は意味が違うのです。

リサイクルとリユースの違い

巷ではよく目にする「リサイクル」ですが、これは「一度使用したものを、再度形を変えて利用すること」を言います。

例えば、

・ペットボトルを分解して、フリースの素材に再生して利用している。
・アルミなどを一度溶かしてエンジンの材料にし直す。

など、全く違うものに分解して別の物に再生するという時に使われます。

一方で「リユース」とは、リサイクルのように一度壊すことはせず、「そのままの形で再度利用する」ことを意味します。

使用しなくなった家具や古着などを買取店に引き取ってもらう、自分でネットを使って売る、フリーマーケットに出す、などそのままの形でまた再度利用することが、「リユース」なのです。

このように、「リサイクル」と「リユース」は大きな違いがあるんです!

リユース以外に注目されているエコワードたち

リユースやリサイクル以外にも、エコに関するワードをよく耳にするようになりました。
リユースと同じように「Re」から始まる言葉をご紹介します。

リデュース

世界中でエコに対する意識が高まるにつれ、リサイクルやリユースの他にもいろいろな「RE」がつく言葉を聞く機会が増えました。
「リデュース(Reduce)」もその一つで、主には「ゴミの量をできるだけ減らしていく」という名目で使われます。

身近なリデュースの例を挙げると、

・マイカップやマイボトルを持参し、紙コップやペットボトルを使わない。
・キッチンペーパーやティッシュではなく、布巾を使う。
・パーティー衣装やアウトドアウェアーや用具など、あまり頻繁に使わないものはレンタルする。

こういった環境に配慮して個人の心がけでできる行動のことを指しています。

リフューズ

日常の中ではあまり聞き慣れない「リフューズ(Refuse)」ですが、
これは環境に配慮してリデュースから派生した、「不要なものはできるだけ断る」という意味合いの言葉です。

「マイバッグを持参して、レジ袋を断る」のもリフューズの一つです。

リペア

最近は「リペア(Repair)」という言葉も聞いたことがあるのでは?

これは、「壊れてしまったものを修理して使い直す」ことを言います。

100円均一ストアやディスカウントショップなど、今は身の回りの色々なものを安価に、手軽に買える時代。
それにオンラインで頼んだものが翌日手元に届くなら、壊れたものを直すより新しく買ったほうが早いと感じるのは当然のこと。

しかし、環境のことを考えて、壊れたものをリペア(修理)して長く使うという意識を持つ人が増えてきているのです。

リユースするならブランドアイテムがおすすめ!

リユースを一番手っ取り早くできるのが、バッグ、服、ジュエリーなど使わなくなったファッションアイテムを売ること。

特に著名なブランドアイテムをリユースすることが今注目されているんです。

今、ハイブランドアイテムのリユースが注目されている!

ハイブランドの服やバッグをブランド買取店やオークションなどでリユースすることが注目されているのは以下の理由からです。

・環境汚染への影響力が高いと言われているファッション業界の中で、リユースに対する意識が急激に高まっているから。
・リユースショップでは中古品だけでなく新品のものが出回ることも多々あり、ブランド正規店で購入するよりも新品を安く買える可能性があるから。
・現在では生産中止になったレアなアイテムが見つかる可能性があるから。

トレンドよりも「自分らしさ」を重視する人にリユースアイテムが人気

ファッションと「流行」は切り離せないもの。
ですが、昨今ではトレンドを追うよりも「自分らしさ」や「自分が好きなもの」を追い求める傾向が強まっています。

クラシカルなデザインを取り入れて、自分だけのおしゃれを楽しむ人が増えており、リユースショップに並ぶオールドグッチやヴィンテージシャネルなどのアイテムの人気も高まっています。

どんなリユースショップがある?

ブランド品も新品で買えるかもしれないリユースショップとは一体どんなところがあるのでしょうか。
優良買取ショップをいくつかご紹介します。

KOMEHYO

老舗のリユースデパートとして有名なKOMEHYO。
様々なブランド買取を積極的に行なっており、ブランドバッグ、時計、ジュエリー、着物、ファッションなど幅広く買取りをしています。

バッグ、ジュエリー・時計、洋服などジャンルごとにそれぞれ老舗のノウハウを習得した鑑定士が在籍しており、一つひとつの鑑定を行なっているので、アイテム買取の際に適正価格を提示してくれると定評があります。

また、店頭では来店者がアイテムを手に取れるような陳列になっているため、リユースアイテムを購入する際は実際にアイテムの質感や機能性をしっかりチェックできるのが嬉しいポイントです。

RECLO リクロ

RECLO (リクロ)は、リユースアイテムの販売をプロに委託することができるサービス。
売買が成立した時点で販売金額から手数料を引いた金額が支払われるので、売主の手間を最小限に抑えることができます。

買い取ったバック、衣類、着物、靴、時計、アクセサリーの販売ルートが複数あるため、買い手がつきやすいのが魅力的です。

セカンドストリート

「リユースでもっと楽しく!」をモットーに展開しているショップのセカンドストリート。
衣料品、バッグ、アクセサリー、家具、家電製品、スポーツ用品、ラグジュアリーブランドなど、幅広い商品の買取から販売までを行なっており、気楽にショップに寄れるのが魅力的です。

日常の衣料品から生活雑貨まで、あまり売れないかな?と自身で思っているものも、積極的に買取をしているショップでもあるので、そういったものがある場合も、捨ててしまう前にリユースを意識して持ち込んでみることをおすすめします。

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーでは、リユース業界では初の「トレファク引っ越し」という引っ越しサービスを新たにスタートさせているショップです。
引越し作業の合間に、不要になったものを集めて、自身で買取店まで行って売りに行くのが大変…という事はよくありますが、大手の引っ越しサービスに加えて、引っ越しの際に出てきた不用品などもまとめて買取してくれる、というプランなのでとても便利です。

ショップでの買取もしているので、不用品が出た際に一つも無駄にせずリユースすることが可能になるので、そういった日用品を捨てる前に持ち込んでみましょう。

自分でリユースすることはできる?

最近ではネットを使って自身でリユースする人も増えてきています。
自宅にいながら、スマホやパソコンなどのネット環境があれば簡単にできるため楽ですが、自身でリユースする際には気をつけるべき点もいくつかあります。

メルカリなどのフリマアプリ

今急成長をしているフリマアプリのメルカリですが、

・利用者自体がとても多いので、たくさんの人の目につきやすく、比較的売れやすい。
・売上金から手数料10%徴収(現時点の手数料)になり、もしリユースを迷っている場合にも、出品中に取り消しが可能で手数料は取られないという利点があり、気軽に出品できる。
・売上金は、先払いされた代金を事業者がいったん預かり、購入した商品の到着が確認され次第入金されるという安心の入金システムになっているので、取引が安心。
・「らくらくメルカリ便」というヤマト運輸を介した独自の配送方法が利用できる。(サイズなどの規定あり)

などの利点のがあります。

気をつけるべき点は、

・スマホで気軽にできることから、ユーザーが比較的10、20代と若い傾向にあるので、あまりの高値だと購入されない場合がある。
・値切り交渉をされて、予定金額と違ってきてしまうことがある。

などで、ハイブランドの高級品や、レアなアイテムである場合などは、個人のフリマでリユースする前に、買取ショップで一度査定することを考えてみましょう。

ヤフオクなどのオークションサイト

ネットでのリユースというと、オークション大手として知名度が高く、思い浮かべる人も多いヤフオク。

最近ではフリマなどの機能も追加されたヤフオクですが、フリマにはないのが、従来のオークション形式なので、
たくさんのユーザーが見てくれていれば、それだけ入札が増え、高値で売れる場合があります。

・歴史があるので比較的ユーザーが安定している。
・高額なブランド品なども取引しやすい環境が整っている。
・有料で商品を注目させる機能なども充実している。

などの利点があり、フリマとは違い、いろいろな機能があるので、もし自身でブランドものをリユースしたい場合は、高値で売れる対策を立てやすくなります。

しかし、オークションサイトでも気をつけるべき点があります。

・ブランド品であっても、新品同様でないとあまり値が上がらない可能性がある。
・本物である証明書などがない場合、信用性に欠けるので値が上がらない可能性がある。
・高く売るために、写真を綺麗に撮ることや、発送などの手間がかかる。

など、オークションでリユースしようと、個人ではなかなかブランド品を高値で売ることが難しい場合が多く出てきます。

高価なブランド品であれば、保証などのしっかりしているブランド買取ショップから買いたいという人が多いので、オークションでもそういった買取ショップが出店している商品の方が売れています。
なので、自身でブランドの鑑定ができない場合のリユース品は、一度買取ショップで査定をしてもらうことをお勧めします。

環境にも優しいリユースを賢く利用しよう!

環境のことを考え誕生し、広まってきた「リユース」という言葉。
たくさんのリユースショップができてきており、ユーザーも増え、リユースするということは日常に溶け込んできています。
もう使わなくなってしまったアイテムなどは捨ててしまうのではなく、一度リユースすることを考え、賢く利用していきましょう!

内容について報告する