サムネイル

味わい深い表情を添える!ヴィンテージアクセサリーの魅力をご紹介

普段どんなアクセサリーを身に着けていますか?コーディネートのアクセントにアクセサリーを取り入れたいというときは、ヴィンテージアクセサリーを候補に加えてみてはいかがでしょう。この記事では、味があって一点物も多いヴィンテージアクセサリーの魅力をご紹介します。

ヴィンテージアクセサリーとは?

そもそも、ヴィンテージアクセサリーとはどういったものを指すのでしょうか。まずはヴィンテージアクセサリーの詳細を、アンティークアクセサリーとの違いと併せてご紹介します。

ヴィンテージの意味

ファッションアイテムにもなじみ深いヴィンテージという言葉。何年以上前のものをヴィンテージと呼ぶのかご存知でしょうか。一般的には、製造されてから30年~99年経っているものをヴィンテージと呼びます。

年月が経っていることから、新品とはまた異なった趣あるデザインが多いのが特徴といえるでしょう。他の人と被りにくく、現在では製造されていない一点ものに出会える可能性が高いのも魅力。

また、ジュエリーの世界でヴィンテージといえば、イミテーションのストーンを使用したコスチュームジュエリーを指すことが多いとされています。

アンティークとの違い

ヴィンテージアクセサリーと似たものに、アンティークアクセサリーがあります。ヴィンテージとアンティーク。意味の違いを意識せずに使われることもあるようですが、実は大きな違いが存在するのです。

アンティークは製造されてから100年以上経過したもののことを指します。ヴィンテージよりも古く、歴史を感じられるといえますね。また、同じく古さを表現する言葉に「レトロ」というものもあります。こちらは「懐かしさを感じる」といった意味合いで、年月の経過を問わず使われる言葉です。

ヴィンテージアクセサリーの価格帯

ヴィンテージアクセサリーは新品アクセサリーとは異なり、一般的な百貨店や小売店などでは手に入りにくいのが特徴。入手する場所の例としては、フリマや通販、ヴィンテージ品を扱っている専門ショップや中古ブランドショップなどが挙げられます。そのため、新品のように価格が一定ではなく、ショップや出品者によって異なることもあります。

価格帯も幅が広いため、たとえハイブランドの物であっても手頃な価格で入手できる可能性は十分にあります。

ヴィンテージアクセサリーの取り入れ方

ヴィンテージアクセサリーをファッションに取り入れるのは難しそうと思ってはいませんか?ポイントを押さえれば、グッとおしゃれに魅せることができますよ。ここでは、ヴィンテージアクセサリーの魅力を活かした取り入れ方の一例をご紹介します。

コーディネートのアクセントに

新品には出せない味わいと深みのある華やかさは、ヴィンテージアクセサリーの魅力の一つ。大ぶりなデザインや、カラーストーンを大胆に使用したインパクトのあるものも多く見られます。

存在感のあるアクセサリーは、コーディネートのアクセントに最適。シンプルな服装にヴィンテージアクセサリーを投入してポイントにするだけでも、グッと華やかでメリハリのついたスタイリングに仕上がりますよ。上品に存在感をプラスしたいときにおすすめです。

重ね付けをして重厚感を

リングやブレスレットは、重ね付けを楽しむのもおすすめです。ヴィンテージアクセサリーの落ち着きを感じさせる風合いが、上品な華やぎを添えてくれます。派手になり過ぎないか心配というときは、シンプルなデザインのもの同士を重ね付けしてみましょう。主張し過ぎず、全体が品良くまとまりますよ。

また、一つをストーンやモチーフなどの華やかなデザインに、もう一つをシンプルで華奢なデザインにするのも粋な重ね付けの方法。肩の力が抜けたこなれ感があり、バランス良く仕上がります。

セットで身に着けてエレガントに

ヴィンテージアクセサリーの中には、セットで販売されているものもあります。イヤリングとブローチの組み合わせなど、セットで身に着けるとエレガントな華やかさを演出することができます。

このようなセットアクセアリーはお呼ばれシーンやパーティーシーンなど、特別なおでかけにも最適といえるでしょう。単体で身に着けたりセット使いしたりと、気分に合わせた使い方ができるのも魅力ですね。

ヴィンテージアクセサリーを購入する前に

百貨店や小売店などの店頭に並ぶ新品アクセサリーとはまた違った魅力を持つヴィンテージアクセサリー。購入する際にチェックしておきたいポイントにもついてもみていきましょう。

状態チェックは忘れずに

ヴィンテージアクセサリーは、製造されてから数十年以上経ったものであることが前提。保存状態にもよりますが、長い年月が過ぎているため経年劣化を考慮する必要があります。そのため、購入前の状態チェックは必ずおこなうようにしましょう。

状態チェックというと、アクセサリーのメインとなるモチーフやストーン部分に目がいきがちですが、装着部分となる土台もしっかりと確認しておきましょう。腐食や劣化があると、破損などのトラブルに繋がることもあります。

ネット購入の際は細心の注意を

オークションやフリマアプリなど、ネットを介して購入する機会が多いヴィンテージアクセサリー。中古ブランドショップなど、古いものを専門に取り扱っているショップには状態が表記されていることがほとんどですが、個人出品となると注意が必要です。

アクセサリーの状態や保存環境、使用歴などの記載がない場合は、出品者に問い合わせて確認をすることが重要。しっかりとチェックして、購入後に後悔やトラブルのないようにしましょう。

注目するポイント

ヴィンテージアクセサリーは、コンディション以外にも目を向けることで購入時の失敗を防ぐことができます。押さえておきたいのは、アクセサリーの製造年代、ブランド、素材、サイズといったポイントです。

製造年代が分かると何年前のアクセサリーかが分かりますし、ブランドはそのアクセサリーの大まかな価値を知ることに繋がります。素材は、保存状態にもよりますが上質なものを使用しているほど劣化している可能性は低くなると考えて良いでしょう。また、サイズに関しては実際身に着けたときの印象や雰囲気を想像しやすくなります。

コンディション以外の部分もしっかりチェックしておくと、購入前にそのアクセサリーの具体的なイメージをより高めることができますよ。

人気ブランドのヴィンテージアクセサリー

ここからは、人気の高いハイブランドのヴィンテージアクセサリーをご紹介します。

シャネル

ファッション感度の高い女性から支持を集めるシャネル。「ヴィンテージシャネル」という言葉があるほど、昔のアイテムも大人気なのをご存知でしょうか。ヴィンテージシャネルにはイヤリングやネックレスといった定番アクセサリーの他に、ブローチやチェーンベルトといったファッションアイテムも多く流通しています。

中でも特徴的なのは、大ぶりのカラーストーンを使用した存在感のあるコスチュームジュエリー。時代に左右されない、華やかで存在感のあるデザインを楽しめます。

エルメス

多くの女性を魅了する人気ブランド、エルメス。レザー小物やアパレル、インテリアのイメージが強いですが、アクセサリーも注目度の高いアイテムです。

船の錨をモチーフにしたアイコンデザイン、「シェーヌダンクル」もヴィンテージならば味わいのある印象に。上質なシルバーやゴールドを使用したエルメスジュエリーは、ヴィンテージになると深みがさらにプラスされ、新品とは違った表情を見せてくれます。

ティファニー

シルバーアクセサリーといえば、ティファニーを想像する方も多いのではないでしょうか。1837年に設立され長い歴史を持つため、ヴィンテージティファニーも数多く存在します。

ネックレスやリングの他に、バングルやブレスレットも人気のアイテム。また、アクセサリーだけではなくスプーンや銀食器のヴィンテージが存在するのも特徴です。繊細なシルバーのデザインが注目を集めています。

カルティエ

宝石商の王と呼ばれ、世界5大ジュエラーの一つでもあるカルティエ。ヴィンテージにこだわって買い求める人も多い、世界中で注目されているジュエリーブランドです。

知名度の高いトリニティリングはヴィンテージでも大人気。ジュエリーの他に、時計にもファンが多いことで有名です。

お気に入りのヴィンテージアクセサリーを見つけよう

同じものを見つけるのが難しいヴィンテージアクセサリー。気に入ったデザインのものがあったら、まずは状態や価格をチェックしてみることをおすすめします。味わい深い素敵なアクセサリーを見つけて、ぜひファッションに取り入れてみてくださいね。

内容について報告する