サムネイル
コラム

人気インフルエンサー エモン美由貴さんの“KOMEHYOお買い物体験”を密着レポート!

“リレーユース”という、モノを通して売る人の想いを受け継ぎ、買う人へとつないでいきたいという想いをもつKOMEHYOに、モデルでインフルエンサーのエモン美由貴さんがご来店!自然体でありながらハイセンスなファッションやライフスタイルが注目されている美由貴さんの“KOMEHYOお買い物体験”に密着しました。

モデル&インフルエンサーのエモン美由貴さんってどんな人?

モデルとしてモード系雑誌を中心に、数多くの誌面で活躍されている美由貴さん。また、インフルエンサーとして自分らしさを表現したファッションや自然体のライフスタイルが若者を中心に支持されており、注目を集めています。

エモン美由貴さんの“KOMEHYOお買い物体験”に密着!

服を眺める女性

KOMEHYOは、バッグや宝石、衣類など幅広い商品を取り扱うブランドリユースストアです。「モノは人から人へと伝承(リレー)され、有効に活用(ユース)されてこそ、その使命を全うする。」という“リレーユース”の考え方を軸に、持続可能な社会を目指しています。モノを通して売る人の想いを受け継ぎ、買う人へとつないでいきたい。“リレーユース”の言葉には、そんな想いが込められています。

KOMEHYO SHINJUKU WOMENで商品をチェック

デニムを眺める女性

今回、美由貴さんがお買い物したのはKOMEHYO SHINJUKU WOMEN。B1~4Fまである売場には、ラグジュアリーアイテムからトレンドファッションまで、さまざまなブランドの商品がずらりと並んでいます。

ブラウスを持つ女性

ラックに並んだ商品をじっくりと見てまわる美由貴さん。春らしいブラウスを手に取り、イメージをチェック!

靴を選ぶ女性

とにかくたくさんのアイテムがあり、どれも気になる様子。

フェンディのバッグを手に取る女性

お気に入りのバッグを見つけたみたいです!普段お買い物をするときは、直感で選ぶ割合としっかり考えて選ぶ割合が半々くらいだそうです。お買い物体験を通して、商品との出会いを楽しんでいました。

エモン美由貴さんの厳選アイテムとは?

今回セレクトした商品とお気に入りポイントを教えてもらいました。

ブラウスとサングラス

最近は、フェミニンなテイストを取り入れたい気分で今回選んだグッチのブラウスも、袖がくしゅっとしたデザインでレトロ可愛いところが気に入っています。髪が短くボーイッシュな雰囲気を活かして、かっこかわいく着たいと思います。

サングラスはもう一目ぼれですね!!

花柄のフェンディのバッグ

バッグは普段から小さめを持つことが多いので、今回もコンパクトなものを選びました。この色合いとヴィンテージ感溢れるデザインがとっても気に入りました。

選んだ商品を実際に着用!春らしくてヴィンテージ感のある、美由貴さんらしいコーディネートで素敵ですね!

ブラウス/グッチ(GUCCI) 税込38,000円

サングラス/モンクレール(MONCLER) 税込17,000円

バッグ/フェンディ(FENDI) 税込200,000円

パンツ/シャネル(CHANEL) 税込43,000円

“KOMEHYOお買物体験”を終えたエモン美由貴さんにインタビュー

インタビューを受ける女性

KOMEHYO SHINJUKU WOMENでのお買い物を楽しんだ美由貴さんに、KOMEHYOの印象や魅力、ファッションやライフスタイルのこだわりについてお伺いしました。

―KOMEHYOに来店いただいたことはありますか?

はい!もともと古着やヴィンテージアイテムが好きなので、普段からKOMEHYOでお買い物をしています。私の好みを知っている人に教えてもらい行ってみたのが、KOMEHYOを知ったきっかけです。

―お店の表記を「コメ兵」→「KOMEHYO」に変えてリブランディングしたのですが、どのような印象を持たれましたか?

実は、私は英語表記の「KOMEHYO」の方になじみがあって。お店の看板も英語表記ですしね。インタビューのお話をいただいたときも、会社名が「コメ兵」となっていたので、いつもお買い物している「KOMEHYO」とすぐには気づきませんでした。

他のリユースショップと店名の雰囲気が違うので、どういう意味があるのかな?とずっと疑問だったのですが、さっき「もともとお米屋さんからスタートした」という会社の歴史を聞いて、なるほど!と納得しました。

―今回の“KOMEHYOお買い物体験”を通して感じた、used商品を選ぶ楽しさやリユースショップの魅力を教えてください。

1点モノに出会えるのが、リユースショップの魅力ですね。私は、人と被るファッションがあまり好きではありません。他の人と被りたくないから、敢えてシーズンが終わってからお買い物することもあるくらいです。ハイブランドのアイテムも、新しいモノより今売られてないモノの方が魅力的に感じます。

リユースショップは、流行りを追うのではなく、フィーリングで自分に合ったモノを選びたいという人に向いていると思います。私はこの考え方を祖母や母から受け継ぎました。

また、私にとってはused商品の使用感も魅力。そこに前の持ち主とのストーリーが垣間見れるような気がするんです。used商品を購入することで、そういったストーリーも一緒に受け継いでいるように感じて、よりその商品を大切にしようと思えます。

―ここからは、美由貴さんのファッションやライフスタイルについてお伺いします!普段のファッションで意識していることやこだわりはありますか?

ソファに座って話す女性

ファッションで自分らしさを表現できればと思っています。例えば、カジュアルな服装の日はバッグで外したり、とことんボーイッシュな日でもハイウェストで体のラインがキレイに出る服を選んだりと工夫しています。

―ご自身でフリーマーケットをされているとお聞きしました。どういった想いから始められたのですか?

日ごろからリユースショップを利用したりused商品を選んだりする中で、自分も誰かがサステナブルな取り組みに興味を持つきっかけになれたら素敵だなと思い、フリーマーケットを始めました。

お洋服やアクセサリー、シューズなどを出品しており、ヴィンテージも多いです。商品を購入してくれたファンの方が喜んでくれるのが嬉しいですね。また、ファンの方が大切に使ってくれることで、そのアイテムに第2の人生が与えられたように感じられて、フリーマーケットを始めて良かったなと実感します。

―モデルとして普段Instagramを投稿するうえで、意識しているポイントを教えてください。

等身大の自分を載せることですね。私のことを雑誌などの誌面で知る方も多く、クールなイメージをよく持たれます。なので、Instagramでは自然な一面もアップしています。

また、投稿内容に関しても自分らしさを大切にしたいので、今こういった投稿が流行っているから…などは意識していません。自分が載せたい!と思ったものだけをアップしています。

ただ、お洋服やコーディネートの見せ方は工夫するようにしていますね。フォロワーさんが見たい部分、知りたい部分はどこかな?と考えて投稿用の写真を撮っています。

―モデルとして活躍されていますが、体型維持の秘訣はあるのでしょうか?

モデルという職業上、細い体を保つため常にダイエットしているというイメージを持たれることがあるのですが、私はそのイメージを壊したいと思っていて…。食べたいものは甘いお菓子でも食べます!もっとみんなが自然体でいいんじゃないかな。体型においても“こうじゃなきゃいけない”にとらわれないでと伝えたいです。

―カナダで生活されていたことがあるとお聞きしました。カナダ生活を通して、考え方などに変化はあったのでしょうか?

父がカナダ人で、15歳から7年間カナダに住んでいました。それまでは日本で暮らしていたので、ファッションも考え方も「まわりのみんなと一緒が良い」と思っていましたが、カナダでの暮らしの中で、その考えが一気に変わりました。

カナダでは、まわりの目を気にせず自分の好きなスタイルを楽しんでいる人が多く「人はそれぞれに個性や色があって、みんなにいいところがある」ということに気づいたんです。その時の経験が今のファッションや考え方、生き方につながっていると思います。

最後に、KOMEHYOなどのリユースショップでお買い物を楽しみたいと思っているファンの方にメッセージをお願いします!!

話す女性

KOMEHYOを始めとするリユースショップで、1点モノとの出会いを経験してほしいです。宝探しのようなお買い物を楽しめるリユースショップであれば、自分らしさを表現できるアイテムや、自分だからこそ似合うアイテムを見つけられるはず!

また、used商品ならではの魅力も多くの人に知ってもらいたいです。例えばヴィンテージアイテムであれば、佇まいからその時代の良さを感じられるのが魅力。いつものスタイルにusedアイテムを混ぜて、自分らしいファッションを楽しんでください!

profile
KÓMERU編集長 坊所
サムネイル: KÓMERU編集長 坊所
日本最大級のリユースデパート・コメ兵のオウンドメディア「KÓMERU」の編集長。 賢くオシャレにサステナブルを楽しむ方法を日々発信中。 編集長の傍ら、KOMEHYO SHINJUKU WOMENにも勤務し、ハイブランドに精通したベテランスタッフとして活躍中。