サムネイル
コラム

人気インフルエンサー上野智子さんの“KOMEHYOお買い物体験”を密着レポート!

“リレーユース”という、モノを通して売る人の想いを受け継ぎ、買う人へとつないでいきたいという想いをもつKOMEHYOに、人気インフルエンサーの上野智子さんがご来店!スポーツ・ビューティー・カルチャー分野を中心に、アクティブに活動されている智子さんの“KOMEHYOお買い物体験”に密着しました。

多彩な顔を持つインフルエンサーの上野智子さんってどんな人?

アパレル販売やマーケティング会社のPRを経て、現在はラジオDJ、イベントMC、インタビュアーなど幅広く活躍されている智子さん。その傍ら、SNSのコンテンツ制作、コピーライティングといった制作業務にも携っています。

さらに、スポーツやカルチャーを通して女性の自己実現をサポートするコミュニティ「FITVIBES」の立ち上げ&運営を行うなど、アクティブに活動中。現在は、女性の健康とキャリアを守る事業の準備を進めているそうです。

上野智子さんの“KOMEHYOお買い物体験”に密着!

シューズを選ぶ女性

KOMEHYOは、バッグや宝石、衣類など幅広い商品を取り扱う総合型リユースストアです。「モノは人から人へと伝承(リレー)され、有効に活用(ユース)されてこそ、その使命を全うする。」という“リレーユース”の考え方を軸に、持続可能な社会を目指しています。モノを通して売る人の想いを受け継ぎ、買う人へとつないでいきたい。“リレーユース”の言葉には、そんな想いが込められています。

KOMEHYO SHINJUKU WOMENで商品をチェック

マスクをした女性

今回、智子さんがお買い物したのはKOMEHYO SHINJUKU WOMEN。B1~4Fまである売場には、ラグジュアリーアイテムからトレンドファッションまで、さまざまなブランドの商品がずらりと並んでいます。

バッグを肩にかける女性

早速気になった商品を鏡でチェック!嬉しそうですね♪

黄色いバッグを持つ女性

アパレルだけではなく、バッグやシューズといったファッション小物も気になる様子。

シューズ棚を眺める女性

さまざまなブランドのシューズが並んだ棚を真剣に見つめています。

上野智子さんの厳選アイテムとは?

黒いバッグを持つ女性

今回セレクトした商品とそれぞれのお気に入りポイントを教えてもらいました。

トレンチコート

まず、キレイな色に惹かれました。裏地も軽やかな色で可愛いんですよ!また、ロング丈も好みです。

ワンピース

大人らしくも可愛く、春らしいデザインに惹かれて選びました。薄めで短いのでレイヤードしやすそうですし、潔く足を出してもヘルシーに着られそうですね。

バッグ

春コーデにフリンジを合わせると可愛いだろうなと思って!今回選んだカーキのトレンチコートにも合わせたいです。一見シンプルですが、少し青が入った黒のカラーも気に入っています。

ブーツ

足が出るメゾン マルジェラのワンピースに合わせて、足元はちょっとごつめに。厚底が可愛いですよね。ギャルっぽさがなくモードに履けて、足がキレイに見えるところが優秀です!

白いワンピースを着た女性

選んだ商品を実際に着用!春らしい軽やかさがありながら、黒のバッグとブーツがコーデ全体を引き締める上級者スタイルの完成!

トレンチコート/セリーヌ(CELINE) 税込190,000円

ワンピース/メゾン マルジェラ(Maison Margiela) 税込38,000円

バッグ/ジェイアンドエムデヴィッドソン(J&M DAVIDSON) 税込85,000円

ブーツ/サカイ(sacai) 税込25,000円

“KOMEHYOお買い物体験”を終えた上野智子さんにインタビュー

ソファに座った女性

KOMEHYO SHINJUKU WOMENでのお買い物を楽しんだ智子さんに、KOMEHYOの印象や魅力、ファッションやライフスタイルのこだわりについてお伺いしました。

―以前にもKOMEHYOへ来店いただいたことがあるとお聞きしました。その時の印象を教えてください。

前から古着が好きで、名古屋のKOMEHYOへ宝物探し感覚でお買い物に行っていました。商品が多く、クリーンで明るいお店、というのが第一印象です。当時は、カジュアルブランドのアパレルが手ごろな価格で販売されていたこともあり、20代前半はお世話になりました。

―「KOMEHYO」という店名については、どのような印象をお持ちですか?

途中から「コメ兵」→「KOMEHYO」に表記が変わりましたよね?英語表記の方がカッコイイですし、入りやすい雰囲気が出ていいですね!素敵なリブランディングだと思います!

―今回の“KOMEHYOお買い物体験”を通して感じた、used商品を選ぶ楽しさやリユースショップの魅力を教えてください。

百貨店など新しい商品が並ぶお店ですべて揃えるのも良いですが、リユースショップで購入したusedアイテムを組み合わせることで、人と被らないおしゃれを楽しめたり、自分の新たな個性に出会えたりします。used商品の購入に抵抗がある人もいるかもしれませんが、そういったアイテムを選ぶ楽しさを多くの人に知ってもらいたいですね。

また、リユースショップにはさまざまなブランドが集結しているので、眺めているだけでときめきがあります。お買い物する中で「自分はこういったデザイン、ブランドが好きなんだ!」という発見もあるかもしれないですね!

特にKOMEHYOは入りやすい雰囲気なので、さまざまなブランドと気軽に出会える場所になりそう。着てみたかったブランドの服を試着しやすいのも嬉しいです。KOMEHYOでの出会いがきっかでそのブランドのファンになる、といったストーリーも生まれそうで素敵ですね!

―Instagramでは、長年愛用のバッグなどをアップされていますよね。意識して大切にされているのですか?

used商品を選ぶのと同じように、自分の気に入ったモノを大切に永く愛用するのもエコな考えだと思っていて。自分のアイデンティティにもなっています。

―ここからは、智子さんのファッションやライフスタイルについてお伺いします!普段のファッションで意識していることやこだわりはありますか?

体がキレイに見えるファッションを意識しています。また、ときめくアイテムや永く使えるモノをスタイリングに取り入れるのもこだわりです。いつ好きな人に会っても困らない服装が理想!もちろんスウェットを着るときもありますが、TPOやその日会う人に合わせて服を選ぶよう心がけています。これは、自分のためでもありますが、相手に対するマナーだと思っているので。あと、服装を見て「智子っぽいね」と言われると、とても嬉しいです!

―参加されたイベントや活動のなかで、特に印象的だったものを教えてください。

ナイキ(NIKE)が期間限定でオープンしていた、女性限定のワークアウトセッションスタジオ「JUST DO IT STUDIO」が印象に残っています。そこでは、トレーニングやダンスのセッションが毎日開催されていました。運動することで自分と向き合い、つながりができる。そしてスポーツ以外のところでも道が開ける。そういったスポーツの力を改めて感じさせてくれるイベントでした。

―スポーツには、特別な想いをお持ちなのですね。

はい、日本は体を動かす習慣を持つ人があまりいないように感じていて。体を動かすことが日常の一部になれば、もっと心も軽やかになるんじゃないかな。運動するぞ!と身構えなくても、軽く走るだけで良いと思います。私もボディメイクというより、心がすっきりするから運動しています。スマホからもその時間は一旦離れられるし、体を動かすと調子がいいんですよ。

自分でコミュニティを作ったのも、この体験を共有したかったからです。コミュニティでの取り組みによって、自分と関わる人の選択肢を広げるサポートができたら嬉しいなと思っています。女性だけではなく、最終的には男性も巻き込んでみんな健やかに生きられたら素敵ですよね!

―ご自身のテーマである「健やかに生きたい」を叶えるために、日々意識していることはありますか?

自分の心と健康を保つために、ミニマムに働くことを意識しています。周囲からバリバリ働ているように見られるのですが、実は営業が苦手なんです。それもあって、出会った人とのつながりを大切にしようと心がけています。

バリバリ働いて成功している人はもちろん尊敬していますが、それが自分の目指すスタイルかと言えば、そうではないので。例えば、ハイブランドのバッグは好きですが、たくさん欲しいわけではないんです。私の性格的に、すごく気に入ったハイブランドのバッグが1個あれば満足で幸せなんですよね。自分らしくマイペースに働きながら、好きなモノが買えて、子どもができたらちょっと贅沢をさせてあげられる程度の経済力を持つのが今の理想です!

20代は自分に自信がなくバリバリ働く人を羨ましく思うこともあったのですが、30代に入って気持ちが穏やかになりました。今は、私と同じような想いを持つ人のサポートができればと思い、女性の健康とキャリアを守るための会社を立ち上げる準備を進めています。

最後に、KOMEHYOなどのリユースショップでお買い物を楽しみたいと思っているファンの方にメッセージをお願いします!!

ソファに座った女性

最近はSDGsについて考える機会が増えたと思います。モノを購入するときにused商品を選択する、生産背景まで考えて服を選ぶなど、私達にもできることが身近にあります。社会と環境のことを考えてお買い物をしてみてもいいのではないでしょうか。そういった取り組みは、”セルフラブ”のマインドみたいなところにもつながると思っています。

KOMEHYOには、あらゆるブランドのさまざまな商品が並んでいるので、お買い物で訪れれば、アイテムを選ぶ時間や丁寧に選ぶことの楽しさを知るきっかけになりますよ。バッグやアパレルとのときめく出会いなど、思い出やストーリーがあると、よりそのアイテムが特別で大切なモノになると思います!

profile
KÓMERU編集長 坊所
サムネイル: KÓMERU編集長 坊所
日本最大級のリユースデパート・コメ兵のオウンドメディア「KÓMERU」の編集長。 賢くオシャレにサステナブルを楽しむ方法を日々発信中。 編集長の傍ら、KOMEHYO SHINJUKU WOMENにも勤務し、ハイブランドに精通したベテランスタッフとして活躍中。