サムネイル
ジュエリー

【注目度アップ】イヤーカフの魅力を紹介。マスクに映える耳元のおしゃれ

イヤーカフとは、耳に穴を開けることなく耳元のおしゃれを楽しむことができるアクセサリーです。この記事では、イヤーカフの魅力に迫るとともに、イヤーカフを扱うハイブランドを厳選して紹介。さらに、サステナブルに耳元のおしゃれを楽しむためのリユースショップでの買い物についてもお届けします。

イヤーカフとは

出典 shutterstock

イヤーカフは手軽に耳元のおしゃれを楽しめるアクセサリーです。イヤリングやピアスとの違いとともに、その魅力を紹介します。

耳に引っかけて使うアクセサリー

イヤーカフとは、イヤリングやピアスと同じ耳用のアクセサリーです。イヤリングとピアスの間をとったようなアイテムで、耳に引っ掛けるだけで装着できます。ピアスと違って耳に穴がなくても使え、イヤリングのように耳たぶを挟み込む必要がないので痛くなりにくいのが特徴です。

デザインや楽しみ方の幅が広いのが魅力

イヤリングは耳たぶを挟んで装着しますが、イヤーカフは耳の上部や中央など耳たぶ以外にも使用できます。ピアスのように穴を開ける必要がなく、手軽でありながらもデザインや楽しみ方の幅が広いことが嬉しいポイント。片耳だけに着けるデザインもあり、左右につけるイヤリングやピアス以上にこなれ感が出ておしゃれに見えると好評です。さらにイヤーカフは、イヤリングやピアスと重ね着けもできるので、おしゃれの幅は無限に広がるでしょう。

イヤーカフの種類と取り入れ方

出典 shutterstock

愛らしい小ぶりからインパクトのある大振りなものまで、さまざまな種類があるイヤーカフ。種類ごとの特徴と着け方を紹介します。

リング型

フープピアスのような見た目をしたリング型は、イヤーカフの中で最も定番の形です。どれにしようか迷ったら、シンプルなデザインが多いリング型がおすすめ。主張が強すぎないので、ピアスやイヤリングとの重ね着けにも向いています。大ぶりのイヤリングに、小ぶりでシンプルなリング型イヤーカフを重ねると華やかさが増します。フェミニンなイメージの揺れるピアスに合わせるのも良いでしょう。留め具がないので、着ける前に開口部を少し狭めておくと安定しやすいです。

クリップ型

イヤリングに近い感覚で耳を挟んで止めるのが、クリップ型です。他のイヤーカフに比べてしっかりと固定されるので、落とす心配が少なく、挟むだけなので着ける位置も好みで変えられます。クリップ型には華やかで大ぶりなデザインが多く、パーティーなどのお祝いの場所にも人気です。耳の曲線に合わせてデザインされていることが多いので、購入前に自分の耳に合せてサイズ感を確認しましょう。また、片耳のみ購入する場合はどちらの耳用かも確認します。

フック型

耳のうしろに引っ掛けるタイプで、最も付け外しが簡単です。華やかでおおぶりなものも多く、片耳だけでもインパクトがあります。シンプルコーデのアクセントとして活躍すること間違いなし。真鍮(しんちゅう)製で耳にフィットするよう形を変えられるものが多く、自分の耳に合わせて使えます。固定するパーツがないので、眼鏡やマスクの着脱の際に落とさぬよう注意しましょう。

チェーン型

リング型の土台にチェーンを組み合わせたデザインです。留め具が2カ所あるのが一般的で、チェーンは少したるませて緩めに付けるのがおしゃれ。個性的なデザインのものが多く、重ね着けせずに単独で使用するのがおすすめです。片耳だけでも存在感は抜群です。

イヤーカフを取り扱うハイブランド

ここ数年、イヤーカフのハイブランドでの取り扱いも増えています。どのブランドがどんなイヤーカフを扱っているのか、価格とともに紹介します。

シャネル

出典 unsplash

1910年にフランス・パリで創業したハイブランドを代表する人気ブランドです。10点以上のイヤーカフを取り扱っており、18金やダイヤなどの高価で上質な素材の商品が多いです。キルティングデザインやスターモチーフなど、シャネルらしいアイテムが揃っています。

価格帯:¥341,000~¥1,067,000円(編集部調べ)

ブルガリ

ブルガリの外観

出典 Unsplash

1884年にイタリア・ローマで創業した世界的なハイブランドのブルガリ。イヤーカフは、2021年4月現在、定番の「ビー・ゼロワン」と「ヴァイパー シングルイヤリング」の2種類を展開しています。後者は、4種類の異素材(18Kピンクゴールド・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ブラックロジウム製セルペンティ)で蛇をモチーフにした個性的なデザインです。

価格帯:¥167,420~¥192,500(編集部調べ)

フェンディ

フェンディの外観

出典 Unsplash

1925年にイタリア・ローマで創業したブランドです。ファッションアイテムは高価な印象があるフェンディですが、アクセサリーはお手ごろな価格です。それは、18金やダイヤなど高価な素材を使わず、あくまでもファッションアイテムにプラスするためのアクセサリーという位置づけのため。イヤーカフの素材はブロンズやクリスタルで、アイコニックで存在感のあるものが多いのが特徴です。

価格帯:¥40,700~¥47,300(編集部調べ)

ルイヴィトン

ルイヴィトンの外観

出典 Unsplash

1854年、フランスのパリで創業したルイヴィトンもイヤーカフを扱っています。お手ごろ価格のものから、ダイヤモンドやゴールドを取り入れた高価なものまで幅広く展開。いずれの場合も、ブランドを象徴するようなデザインのものが人気です。

価格帯:¥49,500~¥561,000(編集部調べ)

イヤーカフの購入はリユースショップもおすすめ

グリーンの羽が付いたイヤーカフ

出典 shutterstock

ハイブランドの上質なアイテムも、リユースショップを利用すればリーズナブルに購入できます。リユースショップには、人とかぶらないビンテージアイテムもあるのも魅力です。上質なアイテムを永く使うことはサステナブルにつながるのでおすすめ。ここではリユースショップを利用してイヤーカフを楽しむ魅力を解説します。

正規店では見つからないアイテムも手に入る

リユースショップで販売されているアイテムは、現行の商品だけでなく、現在、正規店では手に入らない商品もあります。一点ものが多いので人とかぶりにくいのも嬉しいですよね。高価なブランド品も、一度人の手に渡ったものということでリーズナブルに手に入ることが多く、よりハイクラスで上質なものを購入できます。

サステナブルな活動につながる

リユースショップを利用することは、サステナブルな視点でも有意義です。新しいものではなく、既にあるものを再利用することが、大量生産・大量廃棄のファッション業界の深刻な問題を解消することにつながるからです。

イヤーカフでマスクに映える耳元のおしゃれを楽しもう

クリスタルのイヤーアクセサリーをつけようとする女性

出典 shutterstock

イヤーカフは、マスクを付ける時代に顔周りを華やかに見せてくれるおしゃれアイテムです。ハイブランドの商品はファッション性が高く、品質も信頼できるので永く愛用できるはず。リユースショップの利用も検討して、マスク生活でもサステナブルに耳元のおしゃれを楽しみましょう。

writer profile
IKUMI
サムネイル: IKUMI
ブランドをこよなく愛するアラサー女子。ヴィンテージシャネルとセリーヌ、バレンシアガが好き。