サムネイル

着なくなった服を手放すコツとは?環境にも優しい処分の方法

着なくなった服は、ゴミとして捨てるだけでなく、リサイクルショップやフリマアプリで売るなどの処分方法があります。これらの方法は、手放した後も誰かに使って貰えるだけでなく、環境に優しい処分方法です。ここでは、着なくなった服を手放すポイントや、環境に優しく処分する方法、また服と環境問題についても紹介します。

着なくなった服を手放すコツ

クローゼットに並んだ服

不要になった服を手放すコツとしては、着回しを考えて決められた枚数だけ残す、1年以上着なかった服を手放すなどがあります。他にも、「捨てる」以外の方法で処分すると、その服を必要としている人に譲り渡すことができるでしょう。

決められた枚数だけ残して手放す

自分のコーデにどのアイテムが必要か、はっきり把握していないと、着なくなった服を手放せない原因となります。トップスは何枚、ボトムスは何枚といったように、普段の着回しを考えて、決められた枚数だけ服を残すようにすると、服を手放しやすくなりおすすめです。

新しく服を買う際は、アイテムごとに決めた枚数を超えないように、1着買ったら1着捨てるようにすると良いでしょう。迷ってしまったら、自分の好みや着て行く場所に合わせて、1週間のコーディネートを想定してみると、服の取捨選択がしやすくなりますよ。

1年以上着ていない服は手放す

1年以上着ていない服を、これから着る可能性は低いかもしれません。服にはトレンドがあるので、着なくなって1年以上経過した服は、手放すのがおすすめ。こうすることで、生活の変化によって着る服が変わった時にも、スムーズにワードローブを入れ替えることができます。

また、服を何年も保管していると、生地に痛みやシミができることもあります。長期間着ない服を手放して、新しい服を迎え入れたほうが、クローゼットの鮮度を保てるでしょう。

似た雰囲気の服を減らす

気づかないうちに似た雰囲気の服を買ってしまうのは、よくあることです。無意識に似た服を買ってしまわないように、日頃から自分の服の好みや、クローゼットにある服を把握しておくことが重要。

クローゼットの整理中に、同じような色やデザインの服を見つけたら、どれか1つだけに絞る癖を付けると良いでしょう。

「捨てる」以外の方法で処分する

例え着なくなった服でも、愛着が湧いていたり、手放すのがもったいなく感じたりして、処分に踏み切れないこともあるでしょう。大切に着た服は、ゴミとして廃棄するのではなく、別の処分方法を選択するのがおすすめ。

不要になった品をリサイクルショップや、フリーマーケットに出せば、その服を必要としている人に譲り渡すことができ、服を捨てずに済みます。また、ブランドが行っている不要な服の回収に出すと、新たな資源としてリサイクルできるので、地球環境に優しい処分方法と言えますね。

着なくなった服を環境に優しく処分する方法

服が入った箱を渡す手

近年ではゴミによる環境問題が深刻化し、エシカルな意識が社会全体に広まっています。服を処分する際は、リサイクルショップ・フリマアプリで売る、ブランドが行っている回収に出すなど、環境に優しい方法を選択するのがおすすめです。

リサイクルショップ・フリマアプリで売る

着なくなった服をリサイクルショップで売ったり、フリマアプリで譲ったりすることは、手軽に不要なアイテムを処分でき、かつ地球に優しい方法です。

大切に着て状態の良い服や、人気ブランドの服は思わぬ収入になる場合もあります。ゴミに出すのと違い、手放した後も誰かに使って貰えるので、もったいないと感じなくて済むのも嬉しいですね。

ブランドが行っている回収に出す

社会全体でサステナブルな意識が高まる今、さまざまなブランドが着なくなった服の回収を行っています。着なくなった服は、古着として海外へ送られる他に、新たな素材として生まれ変わったり、手を加えて再販売されたりすることもありますよ。

回収を行っているのはGU、ユニクロ、ライトオン、H&M、ZARAなどのブランド。回収に出すと割引券やポイントが貰えるブランドもあるので、利用したいところです。

新たなアイテムにリメイクする

着なくなった服を、新たなアイテムとしてリメイクするのも素敵なアイディア。手作りが好きな人なら、リメイクする過程も楽しい時間になりそうです。思い出が詰まった服を捨てられない時に、試してみたいですね。

リメイクするものの例として、クッション・ティッシュカバーなどのインテリアにすれば、服に詰まった思い出を、部屋の中に残しておけます。また、エコバッグやトートバッグなどのバッグや、シュシュなどのヘアアイテムにしても楽しいでしょう。

服と環境問題について

森の中に置かれた洋服掛け

近年では着なくなった服が大量廃棄されることが、問題となっています。また、服を作る際にも大量の資源が消費されるので、ファッションと環境問題は切っても切り離せない関係です。問題を解決に導くには、ブランドだけでなく、消費者である私達もサステナブルな意識を持つ必要があるでしょう。

衣類の大量廃棄が問題視されている

大量に衣類が作られ、廃棄されることが環境問題となっています。1枚当たりの衣服の価格が下がったこと、トレンドの移り変わりが激しくなったことなどから、ファッション業界ではブランドが衣服を大量生産し、消費者が多く買い求めるスタイルが定着しました。

これにより消費者が衣類を購入する量は、2000年から2014年で約6割も増加しています。しかし、1つの衣類を着用する期間は、以前と比べて半分になったとも言われています。大量に作られた衣服のうち、8割は毎年埋め立て処分されているのが事実。これらの数字は、私達がファッションの楽しみ方を、見直す機会が来たと伝えているのかもしれません。

服を作る際に大量の資源が消費される

廃棄問題だけでなく、ファッション業界は服を生産する際にも、大量の水を消費し、二酸化炭素を出します。衣服の原料としてよく使われるポリエステルは、生産時に木綿製品に比べ、2倍以上の二酸化炭素を排出。ファッション業界によって出される二酸化炭素は、人間の活動により排出される二酸化炭素の1割を占め、これは国際航空便などの排出量より多い数値です。

また、コットンのシャツや、ジーンズを作る際には大量の水を消費する他、染色により汚れた水が、そのまま川に流されることも問題となっています。これらの環境問題は深刻な段階にあり、ファッション業界はスタイルを変更すべきであると、専門家に注意喚起されています。

消費者にもサステナブルな意識が求められる

こうした環境問題の現状を受け、近年では多くのブランドが、サステナブルな取り組みに力を入れています。服を提供するブランドだけでなく、私達消費者にも、サステナブルな意識が必要です。

着なくなった服をリサイクルショップやフリーマーケットで売る、服を買う時は長く着られるものを選ぶ、リサイクル素材で作られたファッションアイテムを買うなど、消費者一人一人が、環境を意識して行動することが求められます。

着なくなった服を環境に優しい方法で処分しよう

服を片付ける女性

ファッション業界は衣類の廃棄問題や、生産過程での環境汚染など、複雑な問題を抱えています。しかし、私達消費者が環境に優しい行動を選ぶことで、問題の解決へとつながっていくのも事実です。ファッションが思いきり楽しめる未来のためにも、着なくなった服を環境に優しい方法で処分してみてはいかがでしょうか。

writer profile
kaya
サムネイル: kaya
いつか欲しいものはエルメスのバーキン。それが似合う女になるべく、自分を磨いています。