サムネイル
財布

ゴヤール財布は大人女子におすすめの一級品。人気の商品を紹介

ピカソやココ・シャネルに愛用され、現代でも多くのセレブ・著名人から注目を浴びているゴヤール。一目でわかる特徴的なデザインやしっかりとした作りに定評があります。なかでも財布は世代を選ばず定番人気のアイテムです。ゴヤールの財布を検討している人に向けて、ブランドの歴史をはじめ、人気の理由やおすすめデザインを紹介します。

ゴヤールはフランスの伝統あるブランド

ゴヤールはフランスの歴史あるブランドです。日本での知名度はまだそれほど高くないですが、世界的に見れば、同じフランス発のルイ・ヴィトンやセリーヌにもひけをとりません。まずはゴヤールの歴史や人気について紹介していきます。

ゴヤールの歴史

ゴヤールの歴史は、18世紀にまでさかのぼります。
前身である「メゾン・マルタン」は旅行用の木製の箱や梱包用品の専門メーカーとして、1792年に創業しました。
単なる衣装ケースとしてだけでなく、「美しく持ち運べる」ことを重視した「メゾン・マルタン」の商品は、たちまちフランスの上流階級で絶大な支持を受け、現在も本店のあるパリ中心部のサントノレ通りに移転するまでになりました。

1845年、「ゴヤール」のブランド名のもととなるフランソワ・ゴヤールがマルタンやその後継者であるモレルに弟子入りします。
2人の下で技術を磨いたフランソワは、1852年のモレルの急逝後、店を引き継ぎ、「メゾン・ゴヤール」として19世紀後半には高級トランクメーカーとして確固たる地位を築きました。

その技術は21世紀の現在でも、変わらぬ信頼と人気を集めています。

ゴヤールを愛用している著名人

「メゾン・マルタン」から数えると、200年以上の歴史を持つゴヤール。愛用する著名人も少なくありません。古くは「メゾン・マルタン」の時代のベリー公爵夫人マリー・カロリーヌ・ド・ブルボン。フランス王位継承者であるベリー公爵を夫に持つ彼女は、世が世ならフランス王妃になっていた人物です。そんな女性の御用達ということで、一躍有名になったのでしょう。

また、顧客リストにはピカソやサラ・ベルナール、エディット・ピアフといった芸術家や、ロックフェラー家やロマノフ家などの名家も名を連ねています。
特筆すべきは、ココ・シャネルやバレンシアガ、ジャック・カルティエ、ジャンヌ・ランバンなど、いわば同業者にも支持されていること。現代でも多くの海外セレブや日本の芸能人にも愛用されています。

ゴヤールというブランドについては、こちらの記事でも紹介しています。

著名人も愛用するゴヤール財布の人気の理由は?

ゴヤールの歴史や技術は、本国フランスだけでなく世界各国で高く評価されています。しかし、著名人やセレブがこぞって求める理由はそれだけではありません。

直営店が少ないため、希少価値が高い

ゴヤールのアイテムは、直営店でのみ購入が可能です。ホームページにも、いわゆるオンラインショップはありません。
直営店も全世界の約18都市だけ。日本で入手できるのは東京・大阪・名古屋など主要都市の大手百貨店内のショップのみです。

これは「ゴヤールのアイテムを持っていることが上流階級の証となるように」という考えから、あえて限られた人しか手にできないよう直営店の数を絞っているためです。
その結果、求める人の方が多くなり、希少価値度とブランドの評判が高まることになりました。

マーカージュ

ゴヤールの最大の特徴がマーカージュというオプションです。
財布を始め、すべてのゴヤールのアイテムはイニシャルの追加や、好みのカラーオーダーが可能です。

これは代々河川運送業者の組合に属する家に生まれたゴヤールが、輸送する木材がどの家のものか識別できるよう、複雑な印を入れていたことに着想を得て始まりました。優れた技術を持つ職人達が手描きで施すマーカージュは、「世界で1つの自分だけのもの」という価値を、ゴヤールのアイテムに与えてくれるのです。

ゴヤールのデザイン、品質

ゴヤールの象徴的な杉綾模様(ヘリンボーン)や、独自素材「ゴヤールディン」の誕生にも、ゴヤール家の家業であった木材運送業が関わっています。
まず下地を塗った後、3回の手塗りで色を重ねて作り上げる杉綾模様は、薪がもとになっています。
そしてコットンと麻を混紡したキャンバス地の上に天然塗料を重ねて、レザーのような風合いを出した「ゴヤールディン」は、いかだで木材を運搬する時の様子からヒントを得たものです。

丈夫なだけでなくソフトで撥水性があり、財布もバッグも使い込むほどに味わいが出る「ゴヤールディン」は、ゴヤールの代名詞と言えるでしょう。

ゴヤールの財布の種類

ゴヤールの二つ折り札入れ

ゴヤールの財布は、長財布と二つ折り財布に分けられます。ここからは、ゴヤールの財布の種類と特徴を紹介していきます。

長財布

長財布には、ジップタイプと二つ折り、三つ折りの3種類があります。

・ジップタイプ
デイリー使いしやすいラウンドジップデザインです。中身が飛び出しにくいだけではなく、札入れが2つに分かれているため紙幣などを小分けにして収納できるのもポイント。

・二つ折りタイプ
フラップタイプの長財布です。ゴヤールのフラップ財布はリシュリューと呼ばれています。フラップ部分にもカードが収納できて、無駄のないデザインです。

・三つ折りタイプ
小銭入れが独立したデザイン。ファスナーがないため開閉がしやすく、サッと中身を取り出せます。

二つ折り財布

長財布と同様に、二つ折り財布も3種類に分けられます。

・ジップタイプ
コンパクトなサイズ感で持ち運びしやすいデザインです。必要最低限のものだけ持ち歩きたい人におすすめ。

・Wホック
ホックで留めるタイプの財布です。ポケットが2つあるため、収納力は申し分ありません。

・オープンタイプ
ジップやホックのないシンプルなデザインです。札入れが深いので、留め具がなくても中身が落ちる心配はありません。

大人女子からの人気が高いゴヤールの財布

ここからは、ゴヤールの財布の中でも大人の女性に人気が高いものを紹介します。

マティニョンジップ

ゴヤールのマティニョンジップ

小銭入れ部分が大きく、収納力抜群のラウンドジップ長財布。存在感のあるレッドでも、落ち着いた大人の女性らしい雰囲気になります。

APMヴァレンヌ

ゴヤールのAPMヴァレンヌ

エレガントな財布を持ちたいなら、フラップタイプのヴァレンヌがおすすめ。丸みのあるシルエットが、かっちりしすぎない優しげな印象を与えてくれます。

マティニョン コインケース

ゴヤールのマティニョン コインケース

現金をあまり持ち歩かないキャッシュレス派の人にもおすすめな、コンパクトなコインケースです。カード入れもついており、小さいながらも収納力があります。内側がビビッドカラーになっているのも人気の理由です。

リシュリュー

ゴヤールのリシュリュー

クラシカルなデザインのリシュリューも人気が高いです。収納力がしっかりあるので、クラッチバッグのような感覚で持てるのも魅力的。スマートなシルエットが洗練された雰囲気を演出します。

ゴヤールの財布をサステナブルに楽しむ

ショップ袋を持ったセレブな女性

出典 shutterstock

サステナビリティを重視する現在では、クオリティが高く長持ちするものに注目が集まっています。ゴヤールの財布でサステナブルファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ゴヤールの財布は丈夫で長持ち

ゴヤールの代名詞となる素材「ゴヤールディン」は非常に丈夫なことで有名です。麻や綿に天然アラビアゴムをコーティングしており、水にも強いため普段使いしやすいのも人気の理由のひとつ。
ゴヤールの財布のようにクオリティの高いものを永く使うのは、サステナブルファッションにもつながります。トレンドのサステナブルファッションとゴヤールの財布は非常に親和性が高いといえるでしょう。

リユースショップでゴヤールの財布をお得に入手


ゴヤールの財布をリユースショップで探すのもおすすめです。ゴヤールはオンラインショップなどがないため普通に購入するのが困難ですが、リユースショップなら手軽に入手可能。お手頃価格で入手できるのも魅力的です。
リユースショップの活用はひとつの商品が循環するため、サステナブルにもつながります。

ゴヤールで一生物の財布をゲットして

ゴヤールには、持つだけで洗練された印象を与えられるアイテムが揃っています。なかでも財布が人気の理由は、見た目のエレガントさだけでなく、耐久性、機能性も兼ね揃えているところ。著名人らも魅了するゴヤール財布は、一生モノの財布として活躍すること間違いなしです。

またゴヤールの財布にバッグを合わせて統一感を出すのも素敵。こちらの記事でゴヤールのバッグを紹介しているので、ぜひコーディネートの参考にしてみてください。

writer profile
kaya
サムネイル: kaya
いつか欲しいものはエルメスのバーキン。それが似合う女になるべく、自分を磨いています。