サムネイル
洋服・靴

おしゃれを叶えるブランドマフラーのおすすめは?似合う色選びのポイントも解説

ブランドマフラーは、高いデザイン性と品質で永く愛用できるおしゃれアイテムです。この記事では人気のブランドマフラーの紹介と併せて、色や素材選びのポイントを解説。さらにサステナブルなブランドマフラーの楽しみ方として、リユースショップの利用についても解説します。

ブランドマフラーの魅力

ベージュのマフラーを巻く女性

出典 Unsplash

ブランドマフラーは大人の女性のファッションを格上げしてくれます。定番のファッションアイテムとして、さまざまなブランドがマフラーを取り揃えていますが、特にハイブランド品はデザインも品質も格別です。まずはその魅力について説明します。

高品質で永く愛用できる

ブランドマフラーの多くは、カシミア・ウール・アンゴラ・モヘアなどが使われています。見た目にも高級感があり、品質が良いのが特徴です。質の良いブランドマフラーはきちんと手入れすれば、一生の付き合いになることも。

理想の雰囲気を一瞬でまとえる

寒い季節はファッションが暗くなりがちですが、デザイン性の高いブランドマフラーは華やかさをプラスしてくれます。マフラーは一定のボリュームがある上、顔まわりのアイテムなので人目に触れやすいのが特徴。憧れのブランドアイテムを取り入れれば、なりたい・見せたい理想の印象を相手に与えられます。

似合うブランドマフラーを選ぶポイント【色】

カラフルなスカーフ

出典 Unsplash

マフラーは顔まわりのアイテムなので似合う似合わないが顕著にでるもの。自分に似合う色の選び方のポイントを紹介します。

似合うマフラーの色は肌の色味で異なる

似合う色を選ぶために、まず自分がイエベ(イエローベース)、ブルべ(ブルーベース)のどちらなのかを知る必要があります。参考にしたいのは似合うチークの色。ピンク系の色合いのチークが似合う人はブルベ、オレンジ系の色合いのチークがしっくりくる人はイエベと言えます。似合うチークカラーがわからなければ手の血管を見てみましょう。腕の内側の血管がブルーっぽく見えればブルベ派、緑っぽく見えればイエベ派です。

ブルベ派に似合うマフラーの色

ブルベ派にはブルー、グレー、シルバーなどのクールな寒色系の色が似合います。ブルー寄りのピンクやラベンダーカラー、ボルドー、パープルなども相性抜群。血色良く見せたい場合には赤などの血色感のあるカラーがおすすめです。明るさや温かみがプラスされます。

イエベ派に似合うマフラーの色

血色感がある肌色トーンのイエベ派には、イエロー・オレンジといった明るく元気な印象の暖色系が似合います。コーラル系など、イエロー要素を含む明るい色も肌との相性が良く、華やかさを演出してくれます。また、ベージュやブラウンもイエベ派に似合う色です。オレンジやキャメルなどイエロー要素のある色味を含むベージュやブラウンは尚良いです。メタリック系カラーは、クールなシルバーより温かみのあるゴールドが似合う傾向にあります。ブルー・パープルなどはイエベ派との相性はあまり良くないので避けたほうが無難です。

似合うブランドマフラーを選ぶポイント【素材】

落ち着いた色の毛糸マテリアル

出典 Unsplash

ブランドマフラーの多くは、化学繊維ではなくカシミア・ウール・アンゴラ・モヘアなどが使われています。それぞれの特徴を踏まえて、使い勝手の良いものを選びましょう。

カシミア

出典 shutterstock

カシミアは高品質なカシミア山羊の毛を用いており「繊維の宝石」とも呼ばれる高級素材です。肌触りが良く保湿性や保温性にも優れています。デリケートな素材なので、こまめな手入れが必要です。

ウール

出典 shutterstock

お手入れが簡単で扱いやすいウール。型崩れが起こりにくく、ほどよく空気を取り込む繊維なので、湿気がたまりにくいのも特徴です。

アンゴラ

出典 shutterstock

アンゴラはアンゴラウサギの毛が原料の素材です。保温力はウールの3倍とも言われており、ベースの素材ではなく「アンゴラ混」として織り込んで使われることが多いです。やや毛が抜けやすいのが難点。

モヘア

出典 shutterstock

モヘアはアンゴラ山羊の毛を使った素材です。毛足が長くざっくりした素材がかわいく、特に女性に人気。チクチク感じる人もいるので、購入前に肌触りは確かめておきたいものです。

おすすめのブランドマフラー

重なるマフラーとジョンストンズのタグ

出典 Unsplash

人気のハイブランドのマフラーを紹介します。デザイン性と品質の高さを兼ね備えた商品をピックアップしました。

ジョンストンズオブエルガン(JOHNSTONS OF ELGIN)

ジョンストンズオブエルガンのマフラー

イギリスのジョンストンズオブエルガン(JOHNSTONS OF ELGIN)は、1797年にスコットランドで創業した老舗ニットブランドです。自社のカシミアでエルメスの製品を手がけたこともある、マフラーを語る上で外せないブランドです。柄はチェックが定番で、上質なカシミア製の製品がラインナップされています。こちらは白地にグリーン・イエロー・ブルーの差し色がアクセントの、冬の暗くなりがちなコーデを明るくしてくれるアイテムです。
サイズ:縦184cm×横72cm

バーバリー(BURBERRY)

バーバリーのレオパード柄マフラー

1856年イギリスで創業のブランドであるバーバリー(BURBERRY)は、トレンチコートの裏地のチェック柄、「バーバリーチェック」をメインにさまざまなアイテムを展開。マフラーは、カシミア混など上質で長持ちする素材で作られている製品が多いのが特徴です。こちらは近年人気継続中のレオパード柄です。ブラックとベージュが基調で飽きがこず、どんなコーデにも取り入れやすいです。
サイズ:縦184cm×横41cm

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

ヴィトンのロゴ入りマフラー

1854年創業の世界的ラグジュアリーブランドです。こちらのマフラーは、アイコニックなデザインながら、ベースがブラック系なので主張が強すぎずさまざまなコーデで活躍すること間違いなし。カシミア製で肌触りも良いです。
サイズ:縦190cm×横46cm

エルメス(HERMES)

多くの人にとって憧れのハイブランド、エルメス(HERMES)のマフラーも人気です。こちらは顔まわりをぱっと明るくしてくれるあざやかなルージュカラーのマフラー。素材は上質なカシミア100%です。
サイズ:縦190cm×横70cm

シャネル(CHANEL)

シャネルのパステル系マフラー

シャネル(CHANEL)のマフラーも見逃せません。こちらはホワイトが基調でパステルカラーの刺繍がかわいらしいマフラー。やわらかい色合いで顔まわりにふんわり優しい印象をまとえます。水色のブランドロゴのステッチがポイントです。
サイズ:縦200cm×横32cm

ブランドマフラーはリユースショップでの購入もおすすめ

千鳥柄のマフラーと手元のショット

出典 shutterstock

ブランドマフラーはリユースショップでの購入もおすすめです。お得に自分らしい上質なマフラーが手に入るだけでなく、サステナブルで地球に優しい買い物の仕方なので、覚えておきたいものです。

人とかぶりにくいアイテムがお得に購入できる

リユースショップで売られている商品は一点ものがほとんど。正規店ではもう手に入らないアイテムも多く、人とかぶりにくいのがポイントです。また高価なブランドのマフラーも、一度人の手に渡ったものなのでお手ごろです。定価では手が届かなくてもリユース品ならば購入できるかもしれません。未使用品やそれに近い状態のブランドマフラーも多く、思わぬ良質アイテムに出会えることもあります。

サステナブルで地球にも優しい

使えるものがゴミとして廃棄されることが環境破壊の大きな要因のひとつです。リユースショップで購入は、まだ使えるものを捨てずに使うことで持続可能な社会の実現につながるので、サステナブルで地球に優しい選択と言えます。

質の高いブランドマフラーで、顔まわりのおしゃれを楽しもう

コーヒー片手にポーズを取るマフラーの女性

出典 shutterstock

高品質でデザイン性の高いブランドマフラーは、おしゃれを格上げしてくれます。目に付きやすいアイテムだからこそ、選び方を知り、自分に似合う永く使えるアイテムを購入したいものです。リユースショップを利用すれば、サステナブルに顔まわりのおしゃれが楽しめるので、選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

writer profile
kaya
サムネイル: kaya
いつか欲しいものはエルメスのバーキン。それが似合う女になるべく、自分を磨いています。