サムネイル
洋服・靴

ストールとマフラーの違いは何?顔周りの印象を変えるアイテムの選び方

ストールとマフラーの大きな違いはサイズ感です。また、マフラーが秋冬用の素材を使用しているのに対して、ストールは素材にバリエーションがあり1年を通して使用できるアイテムがあるのもポイント。本記事では、ストールとマフラーの特徴と違い、おしゃれなストールの巻き方やコーディネートを解説します。

ストールとマフラーの特徴と違い

チェックのマフラーを身につけた女性

出典 shutterstock

ストールとマフラーはサイズや素材、着用する季節などが異なります。まずは違いを明確にするために、それぞれの特徴を紹介していきます。

ストールの特徴

淡い色味のストール

ストールの形状は、幅が広めな長方形です。正方形のものはショールと呼び分けられています。一般的なサイズは幅は60~70センチ、長さは180~200センチ程度で上半身をすっぽりと覆えるくらいのもの。麻、綿、絹、ウールやカシミヤなど素材のバリエーションが豊富で、夏場の冷房対策から秋冬の防寒対策まで、1年を通して使用可能です。

素材によって質感が変わり、カジュアルやフォーマルなどさまざまなシーンで使える点もストールの特徴といえるでしょう。

マフラーの特徴

ルイ・ヴィトンのマフラー

マフラーの形状は、ストールより幅が狭めの長方形。幅は30~50センチ、長さは160~180センチ程度のものが一般的です。主に使われている素材はウール、カシミヤ、ニットやファーなどで、ストールと違い秋冬の防寒用の素材が中心なため、使用するシーズンが限られます。

ストールとマフラーの違いを生かした選び方

読書をするストールを巻いた女性

出典 Shutterstock

ストールやマフラーの違いを知っておくと、コーディネートの際にどちらを使うかで迷いにくくなります。ここからは、それぞれの良さを生かせる選び方を紹介します。

サイズで選ぶ

ストールは、大きいサイズのものが多いため、広げたり畳んだりしてさまざまな使い方ができるのがポイント。巻き方のバリエーションが多いので、状況に合わせてさまざまな身に着け方を楽しみたい時におすすめです。

マフラーは、ストールと比較するとサイズが小さい分、畳む手間も少なくなります。コンパクトなものを選べば、バッグに入れて持ち運ぶ際にもかさばらないでしょう。

利用目的にあわせて選ぶ

防寒として使用するなら、ニットやファーが使われているマフラーを取り入れるのがおすすめです。

コーディネートにポイントとして取り入れたい場合は、ストールが綺麗に映えるでしょう。ストールは素材がさまざまなので、カラーだけではなく質感をアクセントにしてもおしゃれです。

ファッションに合わせたストールとマフラーの選び方

赤いストールを巻いた女性

出典 Shutterstock

ここからは、なりたい雰囲気やファッションに合わせたストールとマフラーの選び方を紹介します。

色や柄で選ぶ

コーディネートを綺麗めにまとめたい場合や、フォーマルでも使用したいなら黒や白、ベージュなどの定番カラーが便利です。女性らしさを高めたい時はピンクや赤、オレンジなどの暖色系を選んでみてください。また、鮮やかな色味はコーディネートの差し色としても使えるのが魅力です。

どんなコーディネートにも合わせやすいものが良いなら、柄は無地がおすすめ。コーディネートのアクセントにするなら柄物に注目してみましょう。チェック柄は定番かつトレンドです。カジュアルながらもトラッドなムードを演出してくれます。また、コーディネートに辛さをプラスしたい時は、レオパードなどのアニマル柄が最適です。コーディネートの存在感を高めてくれます。

素材で選ぶ

ストールは季節に合わせた素材選びが楽しめます。

春夏の暖かい時期は、麻やコットンなどの薄い生地で、コーディネートを軽やかに彩ってみましょう。秋冬はアンゴラやウール、カシミヤなどの肌触りが良く防寒性のある素材が適しています。

また、フォーマルシーンではシルクのような高級感のある素材がよく似合います。

防寒のためのアイテムでもあるマフラーは、アンゴラやウール、カシミヤで重厚感と秋冬らしい季節感を演出してみてください。ボリュームやもこもことした質感がほしいなら、モヘア素材がおすすめ。カジュアルコーデにもよく似合いますし、ボリュームのある巻き方をすれば小顔に見える効果も狙えます。

ストールやマフラーのおしゃれな巻き方

ここからは、アスコット巻きやエディター巻きといったストールやマフラーのおしゃれな巻き方を紹介していきます。

アスコット巻き

アスコット巻きのストール

出典 Shutterstock

マフラーとストール、両方で挑戦できる巻き方です。

①ストール(マフラー)の幅が10cm前後になるように折ってから首にかける

②片方をやや長めに垂らし、上側からもう片側に一周巻きつける

③巻きつけたストールを首の輪の下側から上に引っぱり出す

④結び目をおおい隠すように手前に垂らし、ストールの左右が対象になるように整えて完成

縦のラインが強調されて、スッキリとした印象に。

エディター巻き

エディター巻きのストール

出典 Shutterstock

こちらも、マフラーとストールの両方に利用できる巻き方です。オーソドックスな巻き方ですが、一手間加えるだけでさらに美しくなります。

①ストール(マフラー)の横側(辺が長い方)の片端を内側に折り込む

②蛇腹状に折ってから、もう片側の端を内側に2回折り込む

③両サイドを垂たすように首に巻いて完成

顔周りに当たる部分が蛇腹状になっているため、色や柄が見えやすくなります。

ミラノ巻き

ミラノ巻きのストール

出典 Shutterstock

エディター巻きをアレンジした巻き方です。

①エディター巻きにしたストールを内側から持ち上げる

②持ち上げたところに輪をつくり、反対側の端を輪の中に通す

③反対側も同様に輪をつくって通す

立体感が出て華やかになるだけではなく、ストールが解けにくいメリットもあります。

ケープ巻き

ケープ巻きのストール

出典 Shutterstock

ストールの大きさを生かした巻き方です。

①ストール両端を全体の3分の1くらいの部分で持ち、中心部で二等辺三角形をつくるように折る

②そのまま肩にかけるように羽織って完成

肩部分でまとめてクリップやゴムなどで留めると、花のように見えて可愛らしい印象になります。

ストールとマフラーの違いを生かしたおしゃれなコーディネート

ここからは、ストールやマフラーをアクセントに使用したコーディネートを紹介していきます。

鮮やかなカラーのマフラーでコーデの差し色に

鮮やかな色と華やかな柄のマフラーをコーディネートにプラス。アウターを羽織るとシンプルに見えやすい秋冬コーデを、マフラーで華やかに仕上げています。ベースが涼し気なブルー系カラーなので、派手になりすぎずスッキリとした印象になっているのもポイントです。

厚手のマフラーでボリュームを出して華奢見え

厚手のマフラーで顔周りにボリュームを出した着こなし。首周りは体のパーツの中でも細い部分なので、着ぶくれの心配がありません。視線を上に誘導できる効果があり、重心が気になりがちな秋冬コーデを軽やかに見せてくれます。

大判ストールでブラックコーデを華やかに

暗く見えがちなブラック一色のコーデも、明るい色味のストールで肩を覆うだけで簡単に華やかさをプラスできます。ベージュ系やブラウン系カラーだと、大人っぽく綺麗めな雰囲気に仕上げやすいでしょう。

ブラックのストールでメリハリをプラス

ブラックのストールを使ったコーディネート

出典 Unsplash

ベージュ系のロング丈トレンチコートを、ブラックのストールでさり気なく引き締め。ロング丈のアウターはコーディネートに占める面積が大きいですが、ストールを使用することでぼやけた印象を回避してメリハリを出しています。

サステナブルにハイブランドストールやマフラーを楽しむ方法

モノトーンのストールを首に巻いた女性

出典 Shutterstock

ハイブランドのストールやマフラーをお得に賢く手に入れて、サステナブルファッションを楽しむ方法を紹介します。

リユースショップでハイブランドストールやマフラーを購入

リユースショップには、ハイブランドのストールやマフラーが数多く揃っています。定価では手の届きにくいハイブランドのストールやマフラーも、リユースショップならお得に購入可能です。

また、リユースショップは1つの商品が誰かから誰かの手に循環していくため、とてもサステナブルなのも魅力的。環境にもお財布にもやさしいリユースショップで、ハイブランドのストールやマフラーを探してみてはいかがでしょうか。

ストールやマフラーの違いを生かしたおしゃれを楽しもう

ストールを大きく広げた女性

出典 Shutterstock

マフラーは秋冬だけに使うものですが、ストールは素材を変えれば1年中使用可能です。素材や色、柄違いで何枚か持っておくとコーディネートしやすいでしょう。ストールやマフラーで、コーディネートをより華やかに仕上げてみてください。

こちらの記事では、ストールのブランドについて紹介しています。

writer profile
Ladybug
サムネイル: Ladybug
会社員として働く20代。35歳の誕生日にはTASAKIのジュエリーを自分にプレゼントしようと目論み中!