サムネイル
バッグ

エルメスのケリーを徹底解説!バーキンとの違いやサイズ・カラーなど

ケリーはエルメスを代表するバッグの1つ。ビジネスやフォーマルの場にも良くなじむ美しいフォルムが魅力です。同じくエルメスで人気のバーキンとは、デザインや使い勝手などに違いがあります。ここではエルメスのケリーの魅力とサイズ展開、バーキンとの違いやケリーシリーズの他アイテムについて紹介します。

エルメスを代表するバッグ・ケリー。名前の由来や魅力を解説

エルメスの象徴であるケリーは途中で名称が変わっており、そのエピソードは有名です。またケリーのデザインはそれほど変わりませんが、年々新色や素材のバリエーションが発表され、エルメス好きな人々の心を掴んでいます。まずはケリーの名前の由来やバッグの魅力を紹介します。

モナコ王妃にあやかりケリーと改名

エルメスのケリーは最初、「サック・ア・クロア」の名で発売されていました。改名されたのは、このバッグを愛用していたモナコ公国のグレース・ケリー王妃が、当時妊娠中だったお腹をパパラッチのカメラから隠したというエピソードに由来します。その後モナコ公国から認可を貰い、ケリーと呼ばれるようになりました。

完成されたフォルムの美しさが魅力

エルメスのケリーの魅力は、完成されたフォルムの美しさにあります。スマートなフォルムはどんなシーンでも、最上級の品格を演出してくれます。洗練された印象はきれいめの装いに最適です。ビジネスやフォーマルの場にはもちろん、着物姿にもよく合います。

カラーや素材のバリエーションが豊富なのも魅力

エルメスのケリー

ケリーのデザインは発売当初からそれほど変わりませんが、カラーや素材のバリエーションは増え続けています。豊富な素材とカラー展開もケリーの魅力です。フォーマルなシーンにも使われるケリーはブラックなどの定番色が人気。またエトゥープと呼ばれる、ブラウンがかったグレーも高い人気を誇ります。

エルメスのケリーとバーキンの違い

エルメスのバッグのなかでも人気を二分するケリーとバーキン。その違いをデザイン、使い勝手、サイズから探ってみました。

デザイン

ケリーバッグの商品画像

外見の美しさにこだわって作られたケリーには、外側にポケットがありません。ハンドルが1本で、内縫い、外縫いと2つの縫製方法で印象の違う2つのデザインから選べます。

エルメスバーキンの商品画像

荷物をたくさん収納できるように作られたバーキンは、ケリーよりもマチ幅が広くハンドルも2本あります。ケリーと同じくフラップを被せて開閉するデザインですが、マチ幅を調節できるベルトが付いていて、フラップを中に折りこむとオープントートとして使うこともできます。

使い勝手・機能性

エルメスケリーの底面

ケリーの小さいサイズはちょっとした外出時に、お財布や携帯などを入れるのにぴったり。また25サイズ以上のケリーにはショルダーストラップが付属されているので、荷物が多くなっても両手をふさぐことがありません。

エルメスバーキンを開いた様子

バーキンは内側に仕切りが無いため、ストレスなく荷物を出し入れできます。フロント部分にオープンポケット、背面にはファスナーポケットが付いているので実用的です。

サイズ

ケリーとバーキンはサイズ展開にも違いがあります。ここでは、サイズ25と35で比べてみましょう。

【25サイズ】

ケリー:横約25cm × 縦17cm × マチ10.5cm
バーキン:横約25cm × 縦20cm × マチ13cm

【35サイズ】

ケリー:横約35cm × 縦25cm × マチ13cm
バーキン:横約35cm × 縦25cm × マチ18cm

バーキンはケリーよりマチが広いのが特徴です。

ハンドル付け根の金具

バーキンにはハンドル付け根部分の金具の跳ね返りはありません。しかしケリーにはモデルによりハンドル付け根の金具の跳ね返りが見られます。跳ね返りとは以下の写真のように、バッグの本体と取っ手の接合部分にもう1つついた金具のことです。

ハンドル付け根の金具

ちなみに、跳ね返りがない状態は以下の通りです。

跳ね返りのないハンドル付け根の金具

これは付属のショルダーストラップを装着する際に、付けやすいように変更されたと言われています。

ここまでケリーと比較してきたバーキンについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

内縫い・外縫いで全く印象の違うエルメスのケリー

エルメスのケリー

ケリーバッグは「内縫い」と「外縫い」の2つの縫製方法があり、使う素材によっては印象がガラリと変わります。ここでは2つの違いを解説します。

内縫いのケリー

内縫いのエルメスケリーの背面

ふんわりとしたフォルムは女性らしいやわらかい印象に。カジュアルスタイル、仕事スタイルにもOKなデザインです。

外縫いのケリー

外縫いのエルメスケリーの背面

裁縫部分を見せることで、カチッとした少し硬い印象に。仕事スタイルはもちろん、特別な日やフォーマルスタイルにおすすめです。

エルメスのケリーのサイズバリエーションを紹介

ケリーには8つのサイズバリエーションがあります。ぜひお気に入りの1点を見つけて、永く愛用してくださいね。

サイズ15:横約15cm × 縦11cm × マチ8cm

通称ミニミニケリーと呼ばれるレアサイズのケリー。収納力は少なめですが、その見た目の可愛らしさはインパクト抜群です。

サイズ20:横約20cm × 縦16cm × マチ9cm

エルメスのミニケリー

エルメスのミニケリー

ちょっとしたお出かけに使いやすい通称ミニケリー。ショッピングやドライブなど財布と小物だけあれば十分という時に最適なサイズです。

サイズ25:横約25cm × 縦17cm × マチ10.5cm

サイズ25のエルメスのケリー

携帯や長財布など外出時に必要なアイテムがしっかり収納できるサイズ。ハンドバッグとしてもショルダーバッグとしても使えるのが魅力です。

サイズ28:横約28cm × 縦22cm × マチ11.5cm

サイズ28のエルメスのケリー

サイズ25より少しだけ大きな28サイズ。十分な収納力があり、ちょっとしたポーチやA5手帳も入るので普段使いや通勤にも便利です。

サイズ32:横約32cm × 縦23cm × マチ12cm

サイズ32のエルメスのケリー

大きすぎず小さすぎず、使い勝手が良いのでケリーのなかでも人気が高い一品。財布などを入れてもゆとりがあるので、ケリーの美しいフォルムを崩さず持ち歩けます。

サイズ35:横約35cm × 縦25cm × マチ13cm

サイズ35のエルメスのケリー

A4書類も入るのでビジネスにも使いやすい、ちょっと大きめサイズ。存在感と高級感のあるサイズはオンオフどちらでも女性に気品を添え、さらに魅力的に見せてくれます。

サイズ40:横約40cm × 縦28cm × マチ16cm

サイズ40のエルメスのケリー

十分な収納力と重厚感があり、男性にも人気の大きめサイズ。たっぷり収納できるので、荷物少なめの旅行バッグやマザーバッグとして使うことも可能です。

サイズ50:横約50cm × 縦34cm × マチ25cm

2~3泊の旅行や出張などにも使えるビッグサイズ。エレガントなケリーのバッグで旅行に行けばラグジュアリーな気分になれそうですね。

エルメスのケリーには財布や腕時計もある

エルメスのケリーシリーズには財布や腕時計もあります。バッグとお揃いの美しいデザインは、さすがケリーと言うべきところ。お揃いで持ちたいケリーの財布や腕時計の魅力を紹介します。

ケリーの財布はバッグとお揃いの洗練されたデザインが魅力

ケリーの財布はバッグとお揃いの洗練されたデザインが魅力。シンプルで品があり大人の女性が持ちやすいアイテムです。バッグと同じくフォルムがスマートなのに、カードが10枚以上入り実用性に優れています。憧れのケリーを、財布で取り入れてみるのも素敵ですね。

アクセサリーとしても魅力的なケリーの腕時計

エルメスケリーの時計を身につけた様子

南京錠をモデルに作られたケリーウォッチは、個性的なデザインがおしゃれな女性から人気を集めています。長いベルトから揺れる南京錠が女性の腕をさらに華奢にみせてくれます。この南京錠は取り外しができるので、ケリードッグに合わせるのもおすすめです。

エルメスのケリーを楽しむならリユースショップがおすすめ

エルメスのケリー

入手困難なエルメスのケリーを探すならリユースショップがおすすめ。他では手に入らないアイテムが見つかる上に、リユースの利用は貴重な資源を守るサステナブルな行為です。

リユースショップならサステナブルにエルメスのケリーが楽しめる

エルメスのケリーのように上質なアイテムを、リユースを通して永く大切に使うことは、地球の資源を守るサステナブルな取り組みにもつながります。エルメスのケリーはその人気ゆえ入手困難ですが、手に入りにくいアイテムと出会えるのもリユースショップのメリット。またリユースショップは中古だけでなく、新品同様の未使用品がリーズナブルな価格で手に入ることもありますよ。

一生モノのエルメスのケリーを手に入れ永く愛用しよう

完成された美しいフォルムを持つエルメスのケリーは、最上級の品格を表現できるバッグ。エルメスのケリーのように入手困難なアイテムを探す際は、リユースショップもチェックしてみるのがおすすめです。この記事でケリーのサイズやカラー、バーキンとの違いを確認して一生モノのバッグを手に入れてみませんか。

writer profile
rino
サムネイル: rino
スタイルのお手本は自由に生きるパリジェンヌ達。作り込み過ぎないシックなスタイルが得意。