サムネイル
バッグ

リユースとアートを楽しめるサステナブルなNEWスポット「KOMEHYO AOYAMA」オープン

2021年2月26日(金)にKOMEHYO青山店が「KOMEHYO AOYAMA」としてリニューアルオープン。リユースとアートを楽しめるサステナブルなNEWスポットには、新しい取り組みや刺激が盛りだくさんです。ここでは店舗の詳細やKOMEHYOのサステナブルな取り組みを紹介します。

「KOMEHYO AOYAMA」とは?

KOMEHYO AOYAMAの店内の様子

「KOMEHYO AOYAMA」は、日本最大級のリユースデパートを展開する株式会社コメ兵(以下、KOMEHYO)が手がける、サステナブルをコンセプトにした店舗です。KOMEHYO青山店が移転してリニューアルオープンしたこの店舗には、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

リユースとアートを楽しめる場所

1階はKOMEHYOの買取りと取り寄せ販売のフロアでハイブランドを中心としたリユースアイテムを取り扱います。2階はアーティスト・MAGOこと長坂真護さんのサステナブルアートを取り扱う「MAGO GALLERY AOYAMA」となっています。リユースとサステナブルアートがコラボレーションした、新しいスタイルの店舗と言えるでしょう。

内装のほとんどにサステナブルな素材を使用

KOMEHYO AOYAMAの店内の様子

「KOMEHYO AOYAMA」では、内装面積の98パーセント(※既設利用やスケルトン部分を除く)に、リユース建材や環境に優しい素材を使用し、「サステナブル仕様」の店舗づくりを行っています。サステナブル仕様の店内で、リユースアイテムの買取・販売や、サステナブルアートと触れ合う体験をすることで、訪れる人のサステナビリティ意識はよりアップ!

KOMEHYO AOYAMAのサステナブルな取り組み

KOMEHYOは、「世の中の良質を永遠につなげていく」をミッションとし、リユースを通してサステナブルな社会づくりを提案しています。
今回「KOMEHYO AOYAMA」を通しても、持続可能な社会づくりに貢献していくための新たなチャレンジに取り組んでおり、ここではその詳細を紹介します。

【1階】取り寄せ販売という新しいリアル店舗のカタチ

KOMEHYO AOYAMAの店内の様子

従来のKOMEHYO青山店では、店舗に商品を陳列し、その中からお客さんが買い物を楽しむスタイルを取っていました。一方で新型コロナウイルスの影響により、インターネットによる買い物の需要が増え、オンラインストアを見るというハードルもグッと下がってきていると言われています。

そこで、「KOMEHYO AOYAMA」では“取り寄せ販売”という新しいリアル店舗のカタチにチャレンジ。これは、KOMEHYOオンラインで「これが欲しいな」「これが気になる!」という商品を「KOMEHYO AOYAMA」に取り寄せ、お客さんが店舗で実際に商品を見て、触れて、比較しながら購入検討をすることができるシステムです。アイテムは複数取り寄せることができ、送料や手数料はかかりません。

お客さん自身が実物を確認したい商品を事前に取り寄せておくことができるため、「実物を見たくて店舗に行ったのに商品がなかった」というような事もなくなります。

「KOMEHYO AOYAMA」ではディスプレイ用商品以外の在庫を置かず、この新しいカタチにチャレンジし、在庫のない店舗でも満足感のある買い物体験を提供していきます。

【2階】サステナブルアートとのコラボレーション

KOMEHYO AOYAMAの店内の様子

「KOMEHYO AOYAMA」は、2階をアーティスト・MAGOさんのサステナブルアートを展示する「MAGO GALLERY AOYAMA」のフロアとし、訪れる人により質の高いサステナブル体験をしてもらうことにチャレンジしています。

今回コラボレーションするMAGOさんは、「サスティナブル・キャピタリズム(持続可能な資本主義)」という概念を掲げており、サステナブルは単なる慈善活動ではなく、経済を動かしながら事業としてできるという考えを体現しているアーティストです。

MAGOさんはガーナのスラム街に捨てられた電子廃棄物を利用して作品を作り、作品の売上を現地へ還元しています。

Photo by Fukuda Hideyo

MAGOさんのアートを所有すれば、文化・経済・社会貢献の分野すべてに参加できると同時に、作品に関わる人全員が幸せになれるでしょう。KOMEHYOはこの考えに共感し、今回のMAGOさんとのコラボレーションに至りました。

モノや社会に対する価値観は変化し、人々のサステナブルへの関心は高まっています。KOMEHYOはサステナブルなアートに触れることで抱く感情と、モノをつなげるリユースの体験が連動することで、サステナブルな生活スタイルへの気づきを提案できるのではないかと考えています。

電子廃棄物を使用したアート作品

MAGO GALLERY AOYAMAの主な展示作品

ガーナの国旗をモチーフにした「Ghana's Flag 2020」

「Ghana's Flag 2020」

ガーナの国旗をモチーフにした作品。油絵の具で描かれたガーナ国旗の上に、スラム街で回収された電子廃棄物を組み合わせた作品です。

子どもの目や鼻、口に廃材を張り付けた「I wanna hug you」

「I wanna hug you」

「I wanna hug you」は子どもの絵の目や鼻、口にガーナで拾ってきた廃材を用いた作品。

スカルプチャー

MAGOさんの立体作品。女の子の足元には、現地で拾った電子廃棄物が広がっている。

「KOMEHYO AOYAMA」でサステナブルな体験を

KOMEHYO AOYAMAの店内の様子

リユースとアートが融合した「KOMEHYO AOYAMA」を訪れると、よりサステナブルな意識が高まり、精神的に豊かな暮らしへとつながるでしょう。またオンラインストアとリアル店舗が連動し、便利で満足度が高い買い物体験ができる点も魅力です。リユースとアートを楽しめるサステナブルなNEWスポット「KOMEHYO AOYAMA」で、最新の買い物スタイルを体感してみてはいかがでしょうか。

店舗概要

◆店舗名称:KOMEHYO AOYAMA
◆店舗所在地:東京都港区南青山5-4-30 南青山澁澤ビル1、2階
◆開業日:2021年2月26日(金)
◆営業時間:11:00~20:00※状況により短縮営業の可能性あり
◆休業日:水曜日

◆店舗案内:1F…買取リ・取り寄せ販売、2F…MAGO GALLERY AOYAMA
◆取扱品目:宝石・貴金属、時計、ブランドバッグ、ブランド衣料

writer profile
tina
サムネイル: tina