サムネイル

海で何が起こっているの?海の環境問題を解決するために一人ひとりが出来ること

昨今では海洋プラスチックゴミなどの増加により海の環境問題が深刻になっています。このまま海洋汚染が進むと、海の生態系が破壊されるだけではなく、私達人間の社会にも大きな影響があるのです。本記事では、海の環境問題の現状や主な原因、世界の取り組みや個々で実践できる環境活動を紹介します。

海の環境問題について

間近で撮られた海面

現在、海洋プラスチックなどを原因とする海洋汚染が深刻化しています。まずは海洋汚染問題について詳しく探っていきましょう。

海洋汚染が深刻な問題に

現在、海洋汚染は世界的に深刻な問題となっています。2015年にサミットで採択されたSDGs(持続的な開発目標)では、2030年までに海洋汚染を改善することが目標として掲げられました。
しかし、海洋汚染は改善されていないのが現状です。海洋ゴミは未だに海を汚し、魚や鳥、海洋哺乳類やウミガメなどの生物が死傷しています。このままだと、2050年には海洋生物よりもゴミの量が多くなってしまうという説もあるほどなのです。

海洋汚染が進むと海の生態系バランスは崩れていくことでしょう。魚が捕れなくなり、それが原因で漁業が衰退する恐れがあります。漁業は海に出て海洋の保全を兼ねている部分もあるので、衰退してしまうと保全維持が難しくなり海洋汚染がさらに進むという悪循環が起こるかもしれないのです。

海の環境問題の原因

海岸に打ち捨てられたペットボトル

海洋汚染問題の最たる原因として取り上げられているのは海洋プラスチックですが、その他にも生活排水や有害液体といったものが存在します。ここからは、海の環境問題の主な原因をチェックしていきましょう。

海の環境問題の原因①海洋ゴミ

海を漂流しているゴミのことを海洋ゴミと呼びます。その海洋ゴミのなかで特に多いのが、海洋プラスチックです。
これは私達が日常手にすることの多いビニールや発泡スチロールなどのこと。不適切な場所に捨てられたものが河川を流れて海に運ばれていると考えられています。世界の海には1億5千万トンにも及ぶプラスチックゴミが漂流しているという説もあるほどです。

海洋プラスチックのうち、直径5㎜に満たない細かいものはマイクロプラスチックというもので、プラスチックの原料となるペレットや、洗顔料や歯磨き粉に含まれているスクラブ、合成繊維の洗濯でも発生する、非常に細かなゴミです。
マイクロプラスチックは細かいため、海洋生物が体内に取り入れてしまうことが懸念されています。まだ直接的な変化は出ていませんが、今後の影響を注視しなくてはなりません。

海の環境問題の原因②廃棄物

海岸に不法投棄されたゴミが海に流れ込んでしまうのも、海洋汚染の原因のひとつです。漁業関係者による不法投棄は、この数年で減少してきました。一方で、一般市民や事業者による不法投棄は増加傾向にあります。

不法投棄のゴミのうちで最も多いのは、家庭ゴミです。また釣り具の不法投棄も多く見られます。

海の環境問題の原因③油や有害液体の流出

海に油などの液体が流出するのも、海洋汚染の原因となります。
油が流れ出す原因の例として挙げられるのは、船舶の事故。タンカーの座礁事故などで、船舶から油が流出してしまうのです。事故の他には、取扱不注意による流出も考えられるでしょう。

油以外の液体では、ケミカルタンカーから化学物質が流出するケースがあります。発生の件数こそ少ないですが、化学物質は有害であることが多いため生態系への影響は大きくなります。

日本の公害問題として有名な水俣病は、海に流れ込んだメチル水銀を魚が取り込み、その魚を人が食べたことで拡大しました。このような悲劇を繰り返さないためにも、油や有害物質の流出を防がなくてはなりません。

海の環境問題の原因④生活排水

台所やトイレなど、私達の日常生活から発生する生活排水も海洋汚染の原因となります。
生活排水は有機物が含まれています。有機物は赤潮の発生源となり、海の酸素が失われてしまうのです。人間と同様に、海洋生物も酸素が必要なため、赤潮で酸素が減ると死んでしまう恐れがあります。そのため、生活排水は生態系を崩す原因と言えるでしょう。

また、生活排水にはマイクロプラスチックが含まれていることが多いのも特徴です。

海の環境問題に対する世界の取り組み

陽が射す海岸

現在では、海洋汚染の一番の原因となっている海洋プラスチックを削減する取り組みが世界中で行われています。ここからは、日本やアメリカ、ヨーロッパやアジア諸国の取り組みについて見ていきましょう。

日本

日本では、プラスチックのリサイクル体制を確立させる動きが活発になってきました。
環境省によって海洋プラスチックゴミ対策アクションプランが策定され、ゴミの回収や処理の徹底、海洋流出の防止を各所に広めています。それと同時に、海に影響の少ない素材開発や、途上国のゴミ流出の防止を支援する活動も推奨しているのです。

それと同時に、プラスチック・スマートという取り組みも行っています。こればキャンペーンサイトを通じてプラスチックリサイクルの取り組みをシェアするもので、個人や企業、自治体まで参加できるのが特徴です。プラスチックと賢く付き合うことを目的として開始されました。

その他、植物由来のプラスチック製品の開発やリサイクルの強化などが企業や団体で増加傾向にあります。

EU

環境問題対策に積極的な国が多いEUでは、2021年までにすべてのプラスチック製品の流通を禁止にする法案が可決しました。
また、EUプラスチック戦略と銘打った目標も掲げられています。これは、2030年までにプラスチック容器や包装のすべてをリユース、リサイクル可能なものにすることや、使い捨てプラスチックのマッピングやモニタリングを駆使して海洋流出を防止するといった内容。循環経済を推進して、プラスチックだけに留まらないあらゆるものを可能な限り再利用することを大きな目標にしています。

これらEUの活動には、他国へのリサイクル支援を行いプラスチック削減を世界へ広めていくという願いも込められているのです。使い捨てプラスチックに関する規制案が積極的に提案されることからも、EUが海の環境問題を非常に深刻に受け止めていることがうかがえるのではないでしょうか。

アメリカ

アメリカでは、マイクロビーズ除去海域法という法律が定められています。マイクロビーズとは、歯磨き粉などに含まれているスクラブのように細かなプラスチックのこと。アメリカではこの法律が成立してから、スクラブを始めとするマイクロビーズ入り製品の製造や販売を禁止にしています。また環境に悪影響がないと言われている生分解性のものに関しても、2020年までに全面禁止を掲げているのです。

その他、レジ袋の提供を禁止したり、プラスチック原料のストローやマドラーの使用を禁止したりなど、州独自の対策も見られます。国全体で見ると環境対策は万全とは言えないかもしれませんが、州や企業などの団体レベルで見ると意識は高まっていると言えるでしょう。なおプラスチックゴミを新たにクリーン燃料にする新技術の開発も期待されています。

アジア諸国

アジア諸国では、これまで廃プラスチックを他国から輸入してプラスチックを新たに作っていました。ですが、ここ数年で海洋汚染対策として、ゴミの輸入規制が行われています。

中国では、固体廃棄物の輸入を禁止したりゴミの回収や廃棄体制を見直したりと、環境問題を改善するための活動が積極的になり始めました。タイも中国のように、廃プラスチックの輸入を一律禁止し、電子廃棄物に関しても輸入規制を強化しています。

インドネシアではプラスチック袋を使用禁止にし、海藻からできた包装紙を使用するなどの試みが始まりました。

海の環境問題に対して私達ができること

海岸でゴミを拾う人

ゴミを減らすなど、海の環境問題に対して個々でできる活動もあります。簡単な実践方法をチェックしていきましょう。

ゴミの発生を減らす

リデュース・リユース・リサイクルの3Rを実践すれば、ゴミの量を減らせるでしょう。物の再利用やゴミの分別の徹底も、今すぐできる効果的な活動です。

プラスチック製品を使わない

レジ袋やフォーク、スプーンなど、私達の日常にはプラスチック製品が溢れています。マイバッグを使用したり、無料で提供されるプラスチック製品を断ったりすることは、プラスチックゴミの削減につながるでしょう。

ボランティアに参加する

河川や海岸の清掃ボランティアに参加すれば、海に流れ出てしまうゴミを少しでも減らせます。自治体やボランティア団体など、身近で活動している人達の話を聞いてみてはいかがでしょうか。

海の環境問題の解決には一人一人の意識が大切

美しい水中

海洋汚染の進行を止めるには、一人一人が意識して大きな流れにする必要があります。個々の活動が集まって、世界レベルの大きなものになれば海に漂流するゴミを確実に減らせるでしょう。広大な海や生態を、世界全体で守ることが何より大切なのです。

writer profile
aki
サムネイル: aki
ヴィンテージアイテムが大好きな27歳。海外の古着屋さん巡りで自分だけのアイテムを見つけるのが趣味。好きなブランドはMARNI。憧れブランドはCHANEL。