• リサイクルに取り組むファッションブランド!回収方法や実施店舗の情報を紹介
サムネイル

リサイクルに取り組むファッションブランド!回収方法や実施店舗の情報を紹介

リサイクルはファッションを賢く楽しむ選択肢の1つです。新型コロナウィルスの影響でおうち時間が増え、クローゼットの中から着ない服をたくさん見つけた人も多いはず。そんな時は、ファッションブランドが取り組むリサイクルシステムを利用してみましょう。この記事では各ブランドのリサイクルへの取り組み・回収方法・実施店舗を紹介します。

コロナ禍で広がるファッションリサイクル

コロナ禍のステイホーム中に片付けをする人が増えています。特に洋服に関しては外出を控えたことで出番が減り、本当に必要なものを見直した人も多いのでは。一方で、自治体の回収やリサイクルショップの買取受付がストップするなど、不要な洋服のリサイクルがスムーズに行かなかったという問題点もあります。

そんな中で広がりつつあるのが、ブランド独自のリサイクルへの取り組み。まだ限られたブランドでしか実施していませんが、不用品を手放しながらエコに取り組めるサービスに注目が集まっています。

リサイクルに取り組むファッションブランド①「H&M」

2011年に「コンシャス・エクスクルーシヴ・コレクション」と名付けた、全商品にサステイナブルな素材を使用する取り組みを初めてから、ファッション業界のリサイクルの先駆け的存在のH&M。常に業界最先端のリサイクル活動を行っている企業です。

取り組み内容と回収方法

サステイナビリティ(持続可能性)意識の高い企業として有名なH&M。古着回収プロジェクトにも資源の循環を促す狙いが込められています。

回収は各店舗に設置されている回収ボックスで行っており、どのブランドの衣類でも回収対象です。袋にまとめた状態でボックスに入れるだけです。

リサイクル特典

必要なくなった衣類を袋に詰めてリサイクルボックスに入れるだけで、1袋につき1枚の500円商品券が貰えます。交換は1日につき2枚(500円券×2枚=1,000円分)が上限で、商品券は税込み3,000円ごとに1枚使用可能です。

実施店舗・時期

H&M全店舗にリサイクルボックスが設置されており、営業時間内であればいつでも回収が可能です。

リサイクルに取り組むファッションブランド②「オンワード」

ポールスミス・組曲・23区・icbなどを展開する、大手アパレルブランド「オンワード」もリサイクルへに精力的に取り組んでいます。

取り組み内容と回収方法

自社ブランド服を対象に、店頭にて回収しています。回収された衣類は、着用可能であれば吉祥寺にあるオンワードリユースパークやオンラインで販売し、収益金を環境や社会貢献活動に役立てるという流れ。その他の衣類はリサイクルされ、毛布や軍手の材料として被災地の支援に使われたり、固形燃料にされ大手製紙工場の代替エネルギーになったり、資源として活用されています。

リサイクル特典

リサイクルに持ち込んだ衣料品1点につき1,000ポイントが付与されます。1ポイント1円分として、1回の購入で5,000円(税抜)ごとに1,000ポイントが使用可能です。有効期限があるので注意しましょう。

実施店舗・時期

各百貨店、直営店にてシーズンごとに開催されています。開催予告は公式ホームページにて発表されるので確認しておきましょう。

リサイクルに取り組むファッションブランド③「TSIホールディングス」

ナチュラルビューティー・ボッシュ・ピンキーアンドダイアンなどのブランドを手がける「TSIホールディングス」も近年リサイクル活動に取り組んでいます。

取り組み内容と回収方法

ナチュラルビューティー・ボッシュ・ピンキーアンドダイアンが合同で開催したリサイクル活動として、リサイクル衣類をレジにて回収しています。

リサイクル特典

洋服1点につき1,000円クーポン1枚が貰えます。買い物に使えるだけでなく、希望者は「鎮守の森のプロジェクト」への寄付することも可能。使い道が選べるのが魅力です。

実施店舗・時期

常時回収しているわけではなく、定期的にリサイクル活動をしているので、開催情報は公式ホームページを確認しましょう。

リサイクルに取り組むファッションブランド④「ワールド」

アクアガール・アナトリエ・インディヴィ・オゾック他、幅広い年齢層の女性から支持される数々のブランドを展開するワールドも、社会貢献活動の一環としてリサイクル活動を行っています。

取り組み内容と回収方法

不用になった衣料を引き取る「ワールド エコロモ キャンペーン」を、2009年秋から定期的に開催しています。「エコロモ」は、“エコロジー”と“衣(コロモ)”をかけ合わせた造語で、衣料を最後まで無駄なく活用することが目的。ワールド社の製品以外も引き受け可能です。

リサイクル特典

衣料1点につき1,000円OFFのチケットが貰えます。持ち込み可能点数は一度につき9点まで。5,000円(税抜)の買い物で1枚利用可能です。

実施店舗・時期

各店舗で、年に1~2回ペースで開催しています。開催時はホームページにて事前告知があるのでチェックしましょう。

リサイクルに取り組むファッションブランド⑤「ZARA」

世界的ファッションブランドのZARAも、環境保全の分野をリードしてきたブランドですリサイクル活動も積極的に行っています。

取り組み内容と回収方法

リユースによって衣料の寿命を延ばし環境保全につなげる他、地元の非営利組織と協力して、使用されなくなった衣料品を回収しリサイクルします。回収は、店舗に設置された回収ボックスを通して行われます。

リサイクル特典

リサイクル特典はありませんが、世界規模でのリサイクル活動を行う同社の取り組みに、賛同する人が多数いる模様です。

実施店舗・時期

既に多くの店舗で実施中で、東京だけでも銀座店を含む14店舗で実施されています。今後さらに店舗が増える見通しです。

リサイクルに取り組むファッションブランド⑥「UNIQLO・GU」

日本発の世界的ファッションブランドUNIQLOと、同社のGUもリサイクルの取り組みをしているブランドの1つです。

取り組み内容と回収方法

リユース品として活用し難民キャンプや被災地への支援など、世界中の服を必要としている人達に届ける活動を行っています。リユースできない服はリサイクル素材として燃料などにします。

衣料支援先に良い状態で届けるために洗濯を済ませ、店舗に設置のリサイクルボックスへ。UNIQLO・GUで販売した商品のみが対象です。

リサイクル特典

一般の衣料品には特典はありませんが、昨年スタートしたダウン商品のリサイクル(レジにて回収)の場合のみ1,000円クーポンが配布されます。

実施店舗・時期

全国のUNIQLOと、同ブランドのGU店舗に、常時リサイクルボックスが設置されています。

【リサイクル以外にも】ファッションブランドの取り組み

店舗でのリサイクル活動は、ファストファッションやカジュアルブランドを中心に行われていますが、ハイブランド各社でも環境活動に取り組んでいます。その一部を紹介します。

バーバリー(Burberry)

バーバリーでは、衣類品やアクセサリーを製造する過程で生まれる、年間120トン以上にもなるレザーの切れ端をリユースし、新たなバッグ作りに活用しています。これによる売上の半分は、再生可能エネルギーに関する慈善事業に寄付されます。

ステラマッカートニー(STELLA McCARTNEY)

ファーや皮革を使用しないポリシーを持つステラマッカートニーは、商品のパッケージにバイオ素材を採用しています。一般的なプラスチック製パッケージと変わらぬ品質を保ちながらも100%生分解可能な素材で、このフィルムが小さな破片となりバクテリアのエサに代わります。

リサイクルでファッションを賢く楽しんで

多くのブランドが時代のニーズに合わせてリサイクル活動に取り組む時代。商品券などの特典があるお店もあるので、ブランドの最新情報をチェックしながら不用品を整理しながら賢くリサイクルしましょう。

内容について報告する