サムネイル

フリヴォルの魅力に夢中!ヴァンクリーフ&アーペルのきらめく花々

可愛らしいモチーフのジュエリーで知られるヴァンクリーフ&アーペルは、卓越した職人技により生み出されるハイジュエリーを誇る老舗メゾンです。本記事では、ヴァンクリーフ&アーペルについて、そして同メゾンの人気コレクション「Frivole(フリヴォル)」の特徴や人気モデルなどについてご紹介します。

ヴァン クリーフ&アーペルについて

人気シリーズ「Frivole(フリヴォル)」でも知られるヴァンクリーフ&アーペル。同メゾンの歴史や特色をご紹介します。

ある愛から生まれたヴァン クリーフ&アーペル

ヴァンクリーフ&アーペルの起源は、宝石商の娘であったエステル・アーぺルと、ダイヤモンド商かつ宝石細工職人の家に生まれたアルフレッド・ヴァン・クリーフとの1895年の結婚にあります。

そして結婚からおよそ10年後の1906年、このふたりの家名を冠した「ヴァンクリーフ&アーペル」の名で、ヴァンドーム広場のホテル・リッツの真向かいにブティックをオープンしたのが同メゾンの始まりです。
それ以降今日まで、ヴァンクリーフ&アーペルは最高級ハイジュエラーとしてその名を知られ、愛され続けています。

ヴァン クリーフ&アーペルの手仕事

ヴァンクリーフ&アーペルというメゾンを支えているのは、なんといっても高度な手仕事です。
たとえば宝石を留める爪が表から見えないミステリーセッティングは、特によく知られている同メゾンならではの技法。

ヴァンクリーフ&アーペルの作品の数々は、そうしたさまざまな熟練の職人技により生み出されます。

優れた技術に裏付けされた確かな美。ひと目でヴァンクリーフ&アーペルの品とわかる作品も少なくないほどです。

自然美へのオマージュをジュエリーに昇華

ヴァンクリーフ&アーペルを象徴する四つ葉のクローバーモチーフ「アルハンブラ」をはじめとしたコレクションの数々は、花や蝶といった自然界の美からインスピレーションを受けて生まれたもの。
こぼれるように咲く花をイメージさせるフリヴォルもその1つです。

自然美へのオマージュを洗練されたデザインのハイジュエリーへと昇華させた至極の作品は、メゾンの根底に流れる「永遠に滅ぶことのないものを創造したい」と願う精神を表しているでしょう。

多くの著名人に愛されてきたヴァン クリーフ&アーペル

卓越した職人技を感じられるヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーは、多くの著名人にも愛されてきました。

顧客名簿に連なるグレース・ケリー、ジャクリーン・ケネディー オナシス、エリザベス・テイラーなどのそうそうたる顔ぶれ。
「王冠を賭けた恋」で知られるイギリスのウィンザー公爵がウォリス・シンプソンに贈ったのもヴァンクリーフ&アーペルでした。
1956年にはモナコ公室御用達ジュエラーにもなっているヴァンクリーフ&アーペルは、まさに一流の人に愛される一流のメゾンといってよいでしょう。

また、多くの芸能人が愛用していることでも知られ、最近では女優の蒼井優さんが記者会見時につけていたフリヴォルのピアスが話題となりました。

フリヴォルの特徴とバリエーション

「フリヴォル」コレクションの魅力は一様ではありません。高い人気を誇る同コレクションの特徴とバリエーションについてご紹介します。

特徴的な立体モチーフ

花をモチーフとしたジュエリーデザインは数多くあります。
そうした中でもフリヴォルの表現する花は、なんといってもその角度のついたハート型の花びらが特徴的です。

1枚1枚の花びらのパーツに角度がついて、立体的となっていることにより、躍動感や生き生きとした表情が加わっています。

4種類のサイズ展開

フリヴォルの花のモチーフには、ミニ(約1cm四方)、スモール(約1.5cm四方)、ラージ(約2.2cm四方)、ベリーラージ(約2.8cm四方)の4種類のサイズ展開があります。

繊細可憐なミニ、大き過ぎず小さ過ぎずといった感じのスモール、存在感のあるラージ、愛らしさと凛とした強さを併せ持つベリーラージ。同じデザインであってもサイズの違いが個性を生み、異なる印象を醸しています。

鏡面とダイヤ

フリヴォルには、イエローゴールドやホワイトゴールド素材のバリエーションの他、鏡面仕上げタイプやダイヤモンドがびっしりとセットされている仕上げのバリエーションがあります。

イエローゴールドはあふれんばかりの生命力を、ホワイトゴールドは自然の無垢さをイメージさせます。
また、鏡面仕上げの花びらはクリアでまっすぐな輝きを放ち、ダイヤモンドがセットされた花びらからはさんざめくような煌めきがこぼれ落ちるといったように、同じモチーフであっても印象の違いを楽しめるバリエーション展開が嬉しいですね。

セット使いでもっと華やぐ

サイズ違いやデザイン違い、異なる種類のアイテムを組み合わせるセット使いが楽しめる点もフリヴォルの魅力です。

同じフリヴォルのコレクションに限らず、ヴァンクリーフ&アーペルのジュエリー同士なら、ケンカすることなく互いを引き立ててくれるはず。
一つ一つがしっかりとした個性を持ちながらセットでも使いやすいのは、どのコレクションもヴァンクリーフ&アーペルの世界観という1本の糸で貫かれているからに他なりません。

フリヴォルの入手方法と人気モデル

フリヴォルを購入する方法としてどういった選択肢があるでしょうか。また、特に人気の高いモデルもご紹介します。

最新作ならブティックへ!中古市場も充実

フリヴォルを購入したいとなったときに真っ先に頭に浮かぶ購入方法は、やはり同メゾンのブティックでの購入でしょう。
とはいえ、人気コレクションのフリヴォルだけに中古市場も充実していますので、最新作や限定商品にこだわらないのであれば中古市場での購入もおすすめです。

ラージ ネックレス

フリヴォルラージネックレス

存在感のある大きさなので、このネックレスをサッとつけるだけでとても華やかな印象に。
モチーフの中央にセットされた最高品質ダイヤモンドの花芯の輝きと、鏡面仕上げの花びらの放つ光とが、華やいだ印象を演出します。

ラージサイズのモチーフを使ったこのネックレスを身につければ、ある程度の大きさがあるペンダントトップの使いやすさにも気づくはず。

ただし、鏡面仕上げの大きめの花びらは指紋がやや目立つ場合もあるのであらかじめ認識しておきましょう。

9フラワー ネックレス

フリヴォル9フラワーネックレス

ミニサイズとスモールサイズの花が計9輪散りばめられた、可憐な印象のネックレス。
それぞれのモチーフのサイズは小ぶりながら、鏡面仕上げのイエローゴールドの軽やかな輝きが胸元に踊り、華を感じさせます。

ほっそりとしたネックレスがお好みで、かつ首周りから胸元にかけてが寂しげになるのは避けたいと考えているなら、この9フラワーのデザインが一つの答えとなるでしょう。

アントレ レ ドア リング

身につけたときに表からはリング構造部が見えないつくりとなっているため、まるで花だけが指にとまっているかのような、軽やかで夢のあるデザインのリングです。

ホワイトゴールドの台部には穴が設けてあり、そこから光が入ることによりセットされたダイヤの一粒一粒がまばゆいきらめきを放ちます。

ピアス(ミニモデル)

耳元にさりげないきらめきを添えるピアスは、セット使いでもうるさくならないミニサイズのモチーフがおすすめ。
適度な華やかさが出て、それでいて他のアイテムの邪魔をしません。

フリヴォルで指先に、手首に、耳元に花々を……!

そよ風に吹かれ、きらめきながら舞うような花々の可憐さが愛されているフリヴォル。ネックレスの次はリング、その次はピアス……と次々と欲しくなってしまうような魅力を持ったコレクションではないでしょうか。指先を、耳元を、花々の繊細にしてまばゆい光で彩る喜びをぜひ体験してみませんか?

内容について報告する