サムネイル

可愛いだけでは物足りない。30代からのアクセサリー選び

30代になると、ファッションも20代のころとは異なってくるもの。可愛さも大事ですが、品の良さにも注目したくなりますよね。アクセサリーも同様に、30代に似合ったものをセレクトすることでコーディネートがより洗練された印象になりますよ。ここでは、30代の女性がふさわしいアクセサリーの選び方やおすすめブランドをご紹介します。

30代からのアクセサリーの選び方

10代や20代のころとは違い、そろそろ大人の品もほしい30代。アクセサリーで品の良さを演出するには、一体どういったものを選べばよいのでしょうか。まずは、アクセサリーを選ぶ際にチェックするべきポイントをご紹介します。

30代からは素材に注目

アクセサリーはパッと見たときのデザインに気を取られがちですが、30代からは品質や素材にもこだわりたいもの。シンプルでも上質なものを身に着けていると、大人っぽさが引き立ちますよ。中でも大人の女性におすすめなのはK18やプラチナといった素材。

K18はアクセサリーとして用いられることも多い、金を使用した素材。キズが付きにくく、輝きも上品なのが特徴です。

ブライダルジュエリーにも使用されることが多いプラチナは、洗練された印象が魅力の一つ。変質しにくく、澄んだ輝きを放ちます。

上質な素材で着け心地の良いものを選べば、きっと長く愛用することができますよ。

使うシーンをチェック

続いて、アクセサリーを身に着けたいシーンを思い浮かべてみましょう。休日のお出掛けなどに合わせた、カジュアルスタイルに身に着けられるものがほしい場合は好みのデザインを選んでも問題ありません。ですが、オフィスのようなきちんと感がほしいシーンで使用する場合は、なるべくシンプルで主張し過ぎないものを選ぶことがポイントになってきます。

TPOに合わせたものを身に着けることは大人の嗜みの一つ。それぞれのシーンにふさわしいアクセサリーを選べば、コーディネートがより洗練された印象に仕上がりますよ。

あると便利なシンプルデザインを選ぶ

どんなものが似合うか分からなかったり、迷ってしまったりしたときには、さまざまなシーンで身に着けられるシンプルなものを選ぶのも一つの方法です。

たとえば、小ぶりなストーンを使用した一粒デザインのアクセサリーは、持っておくと重宝すること間違いなし。オフィスシーンやよそ行きの際にも使用しやすく、カジュアルなコーディネートにも合わせやすいのがポイントです。シンプルでもしっかり華を添えてくれるのが魅力といえるでしょう。

迷ったらダイヤかパールを

30代になると、結婚式をはじめとする式典に参加する機会も増えてくるでしょう。そんなときにも使いやすいアクセサリーは、ダイヤモンドやパールを使用したもの。派手になり過ぎないエレガントなものを選んでおけば、フォーマルなシーンにも合わせやすいですよ。ネックレスとイヤリングといった、セットになったものを一つ持っておくのも便利です。

ダイヤモンドとパールは、流行や年齢に左右されず身に着けることができる宝石ですので、アクセサリー初心者でも選びやすいといえます。

30代におすすめ!一生もののアクセサリーブランド

アクセサリーといえば、洋服のようにさまざまなブランドが存在しますよね。それでは、30代の女性に似合うブランドは一体どのようなものなのでしょうか。ここからは、30代の女性から特に人気の高いアクセサリーブランドをご紹介します。

ティファニー

1837年にアメリカで誕生したティファニー。ブランドのイメージカラーであるティファニーブルーや、人気アイテムであるオープンハートのネックレスを連想する方も多いのではないでしょうか。

ダイヤモンドが最も美しく輝くとされる6本爪のセッティングをデザインしたことでも有名なティファニーは、結婚指輪や婚約指輪として選ばれることも多い人気の高いブランド。上質で日常使いしやすいデザインが、大人の装いにさり気なく華を添えてくれます。

カルティエ

1847年にフランスのパリで設立されたカルティエ。「宝石の王」と呼ばれ、宝飾ブランドの名門でもあります。高級感と気品溢れるデザインは、流行に左右されることなく世界中の女性たちを魅了し続けています。

「トリニティ」や「ディアマン レジェ」をはじめとする、品格や洗練という言葉がふさわしいコレクションが揃っており、30代以上の女性からの人気が高い理由といえるでしょう。一生モノの上質で美しいジュエリーがほしいという方もきっと満足できますよ。

ブルガリ

1884年にイタリアのローマで創業されて以来、多くの人々を魅了し続けているブルガリ。ジュエリーだけではなく、時計やサングラスをいったアイテムも人気が高いため、男女共に知名度の高いブランドといっても過言ではないでしょう。

ブランド名が刻印されている「ブルガリ・ブルガリ」をはじめとする、シンプルながらも存在感のあるアイコンデザインも魅力的。上質な輝きと品の良いディティールが、普段のコーディネートをワンランク格上げしてくれます。価格帯が幅広いのも特徴です。

シャネル

世界から圧倒的な支持を受けているシャネルは、1909年にフランスのパリで生まれたブランドです。バッグやコスメ、アパレルやアクセサリーといった多彩な商品展開は、いつの世も女性たちに着飾ることの楽しみを与えてくれます。

「ココ クラッシュ」や「カメリア」のようなエレガントなジュエリーから、大ぶりなイミテーションを使用したコスチュームジュエリーまで、さまざまなテイストが揃うのもポイント。「古い価値観に囚われない女性像」というブランドポリシーを貫く、大人の女性にふさわしいブランドです。

ディオール

ディオールはデザイナーのクリスチャン・ディオールによって1946年に創立されたファッションブランドです。シャネルと同様に商品展開の幅が広く、バッグやアパレル、香水やアクセサリーといったさまざまなジャンルで人気アイテムを生み出しています。

大人気のコレクション、「ローズデヴァン」からも分かるように、女性らしい品の良さと個性を両立したデザインが特徴といえるでしょう。「女性のエレガント」をコンセプトとしていることも、大人の女性から支持を集める理由の一つです。

ヴァンクリーフ&アーペル

ヴァンクリーフ&アーペルは、フランスのパリで1906年に創立されたジュエリーブランドです。ティファニーやカルティエ、ブルガリ、ハリーウィンストンと並ぶ世界5大ジュエラーの一つとされていることからも、絶大な人気を誇る高級ブランドということが窺い知れますね。

幸運の四つ葉のクローバーをモチーフにした「アルハンブラ」や、ビーズのような粒感が可愛い「ペルレ」など、フェミニンで繊細なデザインが特徴。愛らしくもエレガントな輝きは、女性の心を掴んで離しません。

エルメス

1837年、フランスのパリで設立されたエルメス。鮮やかなエルメスオレンジや、馬車と従者のロゴを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。ケリーバッグやバーキンなど、セレブにも人気のバッグを生み出したブランドです。

バッグやアパレルのイメージが強いですが、エルメスはジュエリーも大人気。カジュアルなコーディネートにも合わせやすい「ポップアッシュ」や、インパクトのある「シェーヌダンクル」など、幅広いデザインが楽しめますよ。価格帯が幅広く、比較的手頃に購入できるものあります。

セリーヌ

セリーヌはフランスのパリで1945年に設立されたファッションブランドです。バッグやアパレルがファッション誌で紹介されていることも多く、おしゃれに関心の高い大人の女性から支持を得ているブランドでもあります。

特に「ノット」や「シンプルフォーム」など、エレガントでデイリー使いしやすいジュエリーが人気。オフィスなどきちんとしたシーンで気取らずに身に着けられることも、支持される理由に繋がっています。

30代は上質なアクセサリーを身に着けて

ただ可愛いものを身に着けるだけではなく、品の良さや質感にもこだわりたい30代。上質なアクセサリーは流行や時代にとらわれず、末永く愛用できるのが魅力です。ぜひ上質で美しいアクセサリーを見つけて、大人の女性らしさを演出してみてくださいね。

内容について報告する