サムネイル

ヴィンテージファッションの魅力と海外コーデ13選

トレンドのコーデで決めてみても他の人と被ってしまうのが悩みという場合もありますね。人と被らず、個性を演出したいのなら、ぜひヴィンテージファッションに挑戦してみましょう。ヴィンテージアイテムを取り入れたコーデは、センスがよいと注目されること請け合いです。この記事ではヴィンテージファッションの魅力やコーデを紹介します。

ヴィンテージファッションとは

まずはヴィンテージファッションについて、どんな服装のことをいうのかおさらいしておきましょう。ヴィンテージファッションと古着の違いや、魅力について紹介していきます。

ファッションの世界でいう「ヴィンテージ」

ヴィンテージの品は、一定の古さと質を兼ね備えているのが条件です。ヴィンテージとは本来、製造から100年未満のものをいいますが、ファッションの世界では、全般的に1970年代以前に発売された洋服をヴィンテージファッションと呼びます。

ただし1980年代に発売された洋服は、ヴィンテージファッションに含めるのか、現在は微妙なラインとされています。洋服のほかにも、アクセサリーや腕時計などのヴィンテージアイテムは根強い人気があります。

ヴィンテージファッションと古着はどう違う?

ヴィンテージファッションと古着は、何が違うのでしょうか。上で紹介していますが、ヴィンテージファッションとは1970年代以前に発売された洋服のことをいいます。一方、古着は近年発売された洋服を指す場合が多いです。

ヴィンテージファッションの買い付けをおこなうバイヤーの間では、ヴィンテージファッションとは1970年代以前の洋服であるのに対し、古着は90年代以降の洋服と解釈されています。ヴィンテージファッションを取り扱う店舗によっては、古着という言葉を避け、あえてヴィンテージファッションと呼んでいることもあります。

ヴィンテージファッションの魅力

ヴィンテージファッションの魅力は、なんといってもそれぞれの時代感をまとえることです。最新ファッションには出せない風格や、ノスタルジックな雰囲気はヴィンテージファッションならでは。また、富裕層がパーティで一度着用しただけの洋服や、未使用のまま保存されたデットストックの洋服があるのも大きな魅力です。

ヴィンテージファッションを入手するためにはフリーマーケット(蚤の市)や古着ショップ、オークション、ネットショップなどで探すのが一般的です。そのなかから納得できるヴィンテージアイテムを探し出すのはとても手間がかかります。だからこそ、逸品に巡り会えたときは感激もひとしおといえるでしょう。

ヴィンテージファッションの海外コーデ

「ヴィンテージファッションに挑戦してみたいけれど、なんだか難しそう…」「ファッション上級者向けなのでは?」と思われがちです。コーデに迷うときは、インスタグラムで人気の海外コーデを参考にしてみましょう。

1.ベージュトレンチコート

春先の定番アイテムといえばトレンチコートですよね。こちらは、ヴィンテージのベージュトレンチコートを主役にしたコーデ。ワイルドなアニマル柄のブラウスにブルーのデニムパンツを組み合わせています。エルメスのHベルトがカジュアルなデニムコーデを格上げしています。

2.ブラックAラインコート

昔の映画女優が愛用していそうな黒のAラインコートです。ウエストを付属のベルトでマークし、スタイルアップを実現しています。食事会やパーティにも向いている、レディライクなコーデです。

3.ベージュのニットカーディガン

編み柄のデザインが素敵なベージュのニットカーディガンに、ひざ下丈のボルドースカートでシックな印象に仕上げたヴィンテージファッション。リボンのついたバレリーナ風パンプスが春の装いにもぴったりです。

4.大柄フラワープリント

レトロな雰囲気を醸し出す赤の花柄ワンピースです。ひざ下丈のふんわりとしたシルエットが軽やかさを演出していますね。ワンピースの足元は、ヒール付きのパンプスやサンダルできちんと感を出しましょう。

5.小柄フラワープリント

女性がいくつになっても憧れる小花柄。小花柄プリントのワンピースは可愛い印象になりがちですが、黒を基調とした小花柄なら、大人の女性でも抵抗なく取り入れられるでしょう。おしゃれや日差し対策に欠かせないサングラスでコーデを格上げしましょう。

6.イエローワンピース

肌馴染みのいいイエローワンピースに、白のベルトでくびれを強調したコーデです。上品なワンピースにあえて白のスニーカーではずしを加えることによって、甘さを抑えたおしゃれなコーデに仕上がります。

7.ホワイトワンピース

ホワイトワンピースに黒の細ベルトとタイツを組み合わせたヴィンテージファッション。定番カラーの黒タイツ以外には、カラーのタイツで遊びを加えるのもおすすめです。レトロなヴィンテージファッションには、春もベレー帽が欠かせません。

8.モダンストライプブラウス

いつものファッションにレトロな雰囲気のブラウスを1点プラスするだけで、おしゃれなヴィンテージファッションに早変わり。もちろんファッションだけではなく、メイクや髪形もヴィンテージなムードを足す要素。大人っぽい太眉やくっきりとしたアイライン、レッド系リップ、そしてレトロな編み込みヘアアレンジなど、トータルで工夫してみましょう。

9.襟付きホワイトシャツ

レトロな印象の襟付きホワイトシャツに、縦にプリーツの入ったベージュのミニスカートとのコーデ。白とベージュは黄金のカラーコーディネート。春夏ファッションが涼しげで爽やかな印象に仕上がります。落ち着いたブラウンカラーのパンプスで足元を引き締めるとよいでしょう。

10.ひざ上ベージュプリーツスカート

ひざ丈のベージュプリーツスカートに、カラフルな小花柄ブラウスを組み合わせたヘルシーなコーデです。ウエストでブラウスの裾を前結びすると、メリハリのあるシルエットになります。夏にぴったりですね。

ヴィンテージファッションのデニムコーデ

リーバイスなどのヴィンテージデニムも根強い人気があります。カジュアルなアイテムの代表格といえるデニムであれば、ヴィンテージファッション初心者でも取り入れやすいですね。

11.デニムジャケット

ヴィンテージデニムのジャケットに黒ドットスカート、ロゴTシャツを組み合わせたヴィンテージファッション。エレガントなドットフレアスカートを、デニムジャケットやTシャツでカジュアルダウンさせたミックスコーデです。

12.デニムパンツ×ヒッピー風コーデ

花柄が全体的に描かれた、ヒッピー風のデニムパンツが印象的なヴィンテージファッション。つば広のハットがヒッピー風コーデにマッチしていますね。ニットやデニムのシンプルさが、肩肘張らないおしゃれなコーデに仕上がります。

13.デニムパンツ×ショートジャケット

ブラックウォッチ柄のショートジャケットに、裾がカットオフされたライトブルーのヴィンテージデニムを組み合わせたコーデ。白のショートブーツで明るさをプラスしています。

ヴィンテージファッションをお手本にしたい映画3選

昔のおしゃれ映画はヴィンテージファッションのアイデアが盛りだくさん。ヴィンテージファッションのコーデに迷うのであれば、海外のおしゃれ映画を参考にしてみてはいかがでしょうか?ヴィンテージファッションを参考にしたい映画3選を見ていきましょう。

①スローガン

フレンチ・モードのファッション・アイコンとして欠かせないのが、女優で歌手、モデルのジェーン・バーキン。バーキンのファッションをたっぷりと堪能できるのが、映画「スローガン」です。CMディレクターのセルジュがバーキン演じるエヴリンに一目惚れしたところから、話が展開します。男女のもつれを描いた作品です。

映画の中でもデニムやミニ丈のワンピース、ショートパンツといったカジュアルアイテムを60年代スタイルで着用しています。余計な装飾を取り入れないシンプルスタイルはバーキンの魅力をさらに引き出しています。

②ティファニーで朝食を

世界的大女優のオードリー・ヘップバーンが主演したことで有名なのが、1960年代に公開された映画「ティファニーで朝食を」。オードリーはティファニーで朝食を食べる身分に憧れる娼婦ホリーを演じています。自由奔放に暮らしていたホリーが、やがて売れない作家ポールと出会い、少しずつ惹かれ合うストーリー。

ホリーが映画の中で着用するジバンシーの黒いドレスは有名ですよね。ファッションだけではなく、大きいサングラスなどの小物使いもとてもおしゃれです。時がたっても色あせないファッションは現代でもお手本になります。

③シェルブールの雨傘

同じく大女優のカトリーヌ・ドヌーブが主演するフランスのミュージカル映画、「シェルブールの雨傘」です。カトリーヌ・ドヌーブ演じる傘屋の娘と工員の青年との恋が戦争によって引き裂かれ、やがて別々の道を歩んでいく悲しいラブストーリー。

ビビットな色使いのワンピースなど、ポップなカラーが60年代らしく、温かみのあるファッションが満載です。ラフに着たトレンチコートとフラットシューズの組み合わせなど、どれも参考にしたくなるでしょう。

ヴィンテージファッションに挑戦してみて

トレンドを追うファッションも、もちろん素敵です。しかし、それ以上にヴィンテージファッションも魅力的といえます。ヴィンテージアイテムを1点投入すると、温かみのあるレトロなファッションコーデが実現します。リユースブランドを取り扱う通販などを利用して、おしゃれなヴィンテージファッションにぜひ挑戦してみてくださいね。

内容について報告する