• サスティナブルって何?意味を知ってサスティナブルな生活をしよう
サムネイル

サスティナブルって何?意味を知ってサスティナブルな生活をしよう

最近よく耳にする言葉に「サスティナブル」があります。そこでまず解説したいのは「サスティナブル」の意味です。そして、サスティナブルな社会、衣食住とはどのようなものか、さらにサスティナブルな商品やレジャーについても紹介します。サスティナブルを理解して、今の時代にフィットした生活をしてみてはどうでしょう。

サスティナブルとは

「サスティナブル」の意味はよく知られているようで、一方、あまり耳にしたことがない人もまだたくさんいるでしょう。ここでは「サスティナブル」の意味とそれに類似する意味を持つ言葉を解説します。

サスティナブルの意味

サスティナブルという言葉は「持続可能な(sustainable)」という意味であり、その後に続く「開発(Development)」の意味も含んで用いられます。

サスティナブルという言葉が使われ始めたのは、1987年国連の「環境と開発に関する委員会」の報告書であり、その後2015年に国連サミットで「持続可能な開発のためのアジェンダ」が採択されて広まりました。

その中心である「Sustainable Development Goals」つまり、「持続可能な開発目標」がサスティナブルの言葉の背景にあります。サスティナブルという言葉は、人々の活動は自然環境が持続可能で人類社会が持続可能な発展をするようなものでなければならないという意味を持ちます。

サスティナブルに類似する意味を持つ言葉

サスティブルと同じような意味を持つ言葉がいくつかあります。代表的なものは
・LOHAS
・3R
・エコロジー
・ゼロエミッション
です。

LOHASはLifestyles of Health and Sustainabilityの頭文字をとったもので、健康と持続可能性を考えた生活スタイルを意味します。3RはReduce、Reuse、Recycleの3つの頭文字をとったものです。省資源、再使用、再生利用を表しています。

エコロジーは英語のEcologyで、本来は生態学を意味するが、そこから派生して生態系を維持する考え方や行動・活動を差すようになりました。ゼロエミッション(zero emission)は、ゴミや二酸化炭素などの排出をゼロにして、自然の保護や異状気象を抑制しようとする活動を言います。

これらはスポットを当てるところが少し違うだけでいっていることは同じです。しかし、包括的であるのはやはり「サスティナブル」という言葉でしょう。

サスティナブルな社会に向けた目標

サスティナブルな社会とはどのような社会か、それを実現するために企業はどのような活動をしているのでしょうか。ここでは、国連の目標と企業の活動について見てみましょう

国連の目標であるSDGs

持続可能な社会とはどのようなものか、国連サミットが定めた目標であるSDGs17(Sustainable Development Goals17)から主なものを列記してみましょう。

「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「ジェンダー平等を実現しよう」「働きがいも経済成長も」「人や国の不平等をなくそう」「住み続けられるまちづくりを」「つくる責任つかう責任」「気候変動に具体的な対策を」「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさを守ろう」「平和と公正をすべての人に」

これらを見ると自然保護のみならず、人権・平等・公正を含んでおり、人類社会の問題解決に大きな比重が掛けられていることが分かります。すべての人がすべての地域で豊かになることがサステイナブルの目標です。

企業活動におけるESG

企業活動におけるESGはEnvironment・Social・Governanceを並べたもので、環境・社会・企業統治のことです。環境と社会は分かりやすいですが、企業統治は簡単に言えば、会社や経営者が不正や暴走をしないように企業経営の監視に外の目を入れるということです。

環境や社会の問題を解決するのは政府だけではなく、公的存在としての企業の社会的責任でもあります。企業がその意識を強く持ち、活動しているかどうかの見方がESGです。企業理念や活動目標、行動指針などにこれらを唱え、行動している企業がサスティナブルな企業といえます。

一つ例を挙げれば、「働き方改革」を率先して実行している企業は、ESGの観点から評価される企業といえます。

サスティナブルな衣食住

ここまで社会や企業という少し実感に乏しい話題でしたが、ここからは個人としてサスティナブルにどう関り、貢献するかという視点から、私たちの衣食住とサスティナブルとの関係について解説します。

サスティナブルファッション 

サスティナブルなファッションとは
・環境に配慮した製品をつくり
・会社に係る人たちへの公正で安全な配慮
をしているメーカーのファッションを身にまとうことと要約できます。

製品つくりについては、デッドストックやリサイクル素材を積極的に取り入れて商品化、動物由来の素材を避けてオーガニックコットンを使用して商品化、これまでは捨てられていた切れ端を使ってパッチワークするなどがあります。

また、良い衣服を長く着続けることもサスティナブルです。その例として「使い捨てから使い続ける価値を提案。大切な衣服を長く楽しむ新習慣(ケアメンテ)」をコンセプトに、衣服の再生を事業にしているハッピーケアメンテが挙げられます。

もう1つの公正で安全な配慮とは、そこで働く人たち、取引先の人たちへの配慮です。SDGs17の中の「すべての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現しよう」「働きがいも経済成長も」などを意識しているファッションメーカーがサスティナブルといえます。

サスティナブルフード

サスティナブルフードはいくつかの意味で用いられています。
・食品ロスを減らす
・野菜中心の食事をとる
・持続可能な方法で獲った海産物を利用する

環境面で問題となっているのが食品ロスです。食品ロスを減らすことは食糧の乱獲を減らすこと、ゴミを減らすこと、それらを処理するエネルギーを減らすことになります。

次の野菜中心の食事とは、ベジタリアンやヴィーガンほどではないですが、動物性たんぱく質は必要最小限にしようということです。

最後のサスティナブルシーフードは持続可能な漁業で獲った水産資源、養殖の水産資源、あるいはそれらを材料とした料理のことです。SDGs17の中の「海の豊かさを守ろう」にあたります。

サスティナブルな住宅

日本建設業連合会によるとサステナブル建築とは、設計・施工・運用を通じて、
・省エネルギー・省資源・リサイクル・有害物質排出抑制すること
・気候、伝統、文化と調和すること
・生活の質を適度に向上させていく建築物を構築すること
を指します。

一番の関心は電力消費の多い空調に頼らない室内環境をどう実現するかということでしょう。具体的にいえば高断熱化、冬の日射熱の利用、夏の日射遮断、自然風の利用、高効率暖冷房設備、太陽光発電などを取り入れたものがサスティナブルな住宅です。

その他のサスティナブルなもの

サステナブルは衣食住に限らず、意識すれば生活の隅々にまで適用できる考え方です。ここでは身近な商品と旅行について紹介します。

サスティナブルな商品にはどんなものがあるか

サスティナブルが言われる前から私たちは節水に敏感でした。そのため節水用の商品は目新しいものではなく、節水機能付きシャワー、節水機能付き蛇口、節水式洗濯機、節水式トイレ、節水式バスなどがあります。

最近、家電製品はすべて省エネ・節電製品ですが、製品寿命が短いところがサスティナブルとは言い難いです。そんな中で、製品を長く持たせて省資源になっている代表的なものにLEDの照明灯や充電式乾電池があります。

また、自動車そのものがサスティナブルであるかも不明確なところですが、自動車の内装に地下資源や動物由来の物を使わずに、植物由来のバイオポリマーを使うようになってきました。内装の皮や鍵も天然素材の車は、サスティナブルと言えるでしょう。

ツーリズムにおけるサスティナブルとは

サスティナブルはイベントにも使われるようになっています。その1つがサスティナブルツーリズム、つまり持続可能な観光旅行です。これに固有の課題は、「観光資源の維持・向上」と「そこに住む人たちの日常生活を守る」ことです。

観光資源には自然の景観、動植物を含めた自然の営み、歴史的建造物、名産物・名物などがあります。これらを維持・向上、さらには新たに発掘していくことがサスティナブルです。

また、人々が生活している観光地ではSDGs17の目標の中にある「住み続けられるまちづくり」「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさを守ろう」などを配慮した観光旅行がサスティナブルツーリズムとなります。

サスティナブルとは共存共栄で発展すること

サスティナブルな開発をすれば、地球温暖化防止や自然保護にとどまらず、すべての人や地域が豊かになることで貧困や飢餓がなくなると同時に、限られた資源を有効に分け合うことで平等で公平な持続可能な社会が実現します。

つまり、世界中の人たちが競争発展しながらも共存共栄する社会を実現しようということがサスティナブルという言葉に込められています。サスティナブルを意識することが、今日の時代感覚です。Sustainable Development Goals の17番目の目標「パートナーシップで目標を達成しよう」そう実践している人が素敵でサスティナブルな人と言えるでしょう。

内容について報告する