• 衣替えはいつやればいいの?意外と知らない衣替えの基礎、教えちゃいます!
サムネイル

衣替えはいつやればいいの?意外と知らない衣替えの基礎、教えちゃいます!

季節の変わり目は気温が不安定で、いつ、何を着ていけばいいのか迷うことが多いですよね。季節に合わせた洋服を新しく購入して新しい季節に備えていても、クローゼットがきちんと整理されていないと毎朝の洋服選びに時間がかかってしまうことも・・・。そんな無駄を防いで快適におしゃれを楽しむために、ちゃんと衣替えをしましょう!

季節ごとの衣替えはいつから?

夏服と冬服をいつ切り替えるべきなのか迷うこともありますが、学校や会社の制服がを実施している時期を参考にすれば分かりやすいですよ!

地域によって差はありますが、基本的には6月と10月が衣替えの時期と考えていいでしょう。

・夏服への衣替え:6月1日
・冬服への衣替え:10月1日

また、夏と冬だけでなく、「春と秋の衣替え」までやる場合は、通常このような時期に衣替えをすることがほとんど!

ただし、その年によって冷夏や暖冬になるケースもあるため、6月初旬に春物と夏物を出し、10月初旬に秋物と冬物をいっぺんに出す場合が多いようです。

・春服への衣替え:4月1日
・夏服への衣替え:6月1日
・秋服への衣替え:9月1日
・冬服への衣替え:10月1日

衣替えに失敗しない奥義!「季節の移行期間」を設けよう♡

2〜3週間は前シーズンのアイテムもクローゼットにキープ!

6月初旬と10月初旬は衣替えの時期。でも、その日に完全に夏服と冬服を切り替えてしまうと、思いがけず気温が上がってしまった日や、逆に肌寒い日に後悔する事も・・・。

衣替えの時期が過ぎた後も、まだ前の季節の服を着ることもあるため衣替えには【2〜3週間程度の移行期間】を設け、急な気温の変化にも対応できるアイテムを数点残しておくのがポイントです!

・春夏の衣替え移行期間
 6月1日~ 2週間

・秋冬の衣替え移行期間
 10月1日~ 3週間

近年の温暖化の影響で10月でも25度程度の気温になる事も多いので、冬場は3週間と少し長めの移行期間があると安心。半袖のTシャツや半袖ニットなどをいくつか残しておいて、外出の時には秋冬用のカーディガンや薄手のアウターを持っておくといいですよ!

移行期間の終了日は天気予報を見て決めよう!

そろそろ移行期間も終わりに近づいてきたら、その日から1〜2週間の天気予報をチェックしてみましょう。

向こう1〜2週間の気温が安定していそうなら、移行期間の終了日を決めて、前シーズンの服をしまってOKです!

それでも心配なら・・・1年中OKなアイテムを手元に残しておこう!

移行期間を設けたとしても急な気温の変化が恐い・・・という場合には、季節に関係なく1年中着られる服を常にクローゼットの中に用意しておくことをオススメします。

冬物を1年中着ることは難しいので、オススメのアイテムとしては「春秋用」。

春秋物であれば、夏場に室内用といて着ることもできますし、冬場には重ね着用として着ることができます。

3枚くらい1年中着用OKなアイテムがあれば安心です!

北海道や沖縄の衣替えは?

北海道や沖縄のように本州と平均気温や季節が変わるタイミングが異なるエリアでは、衣替えの時期も本州とは異なります。

<北海道の場合>

・夏服への衣替え:7月1日 (通常より1ヶ月後)
・冬服への衣替え:10月1日

6月の北海道はまだ肌寒い日が多いので、7月の1週目を目安とすると良いでしょう。

<沖縄の場合>

・夏服への衣替え:5月1日 (通常より1ヶ月前)
・冬服への衣替え:11月1日 (通常より1ヶ月後)

暑い時期が長く続く沖縄では、それぞれの季節を通常より1ヶ月前後させて衣替えをすると丁度良いでしょう。

衣替えの方法&オススメのサービス

ここまでは「いつ衣替えをすべきか」をご紹介しましたが、ここからは、いよいよ衣替えの方法や衣替えの時に利用すべきサービスを紹介します!

まずはベーシックに!基本的な衣替えのフローと収納方法

衣替えの基本の手順は以下の通りです。全てのアイテムを収納するのではなく、必要なアイテムと不要なアイテムを冷静に仕分けすることから始めましょうね!

来シーズンに必要なものと不要なアイテムの仕分け

不要なアイテムの処分

必要なアイテムの洗濯(クリーニング)

収納

さらに収納する際は以下の方法がオススメですよ♡

収納する場所を決め、どのくらいのスペースがあるのか測る

そのスペースに合わせた収納アイテム(ケースや袋など)を選ぶ

丁寧に畳んで、防虫剤とともに収納アイテムに服を入れる

収納場所に置いて衣替え完了!

クリーニング付き保管サービスの利用が最高に楽!

衣替えをしたい!と思っていても、服をまとめて出したり、しまったりするのは大変な作業ですよね。この作業が面倒くさいために、衣替えをしていないという人も・・・。

さらに、自宅に充分な収納するスペースがない場合も。

そんな時は、クリーニング付きの衣類保管サービスを利用する方法がオススメです。

特に冬物から夏物の衣替え厚手のセーターやアウターなど、自宅で洗いにくく、大きなスペースを必要アイテムがたくさんある時期はぜひ利用してみましょう!

平均的なサービスでは、クリーニングの後に6ヶ月〜9ヶ月保管し自宅まで郵送してくれるものが多く、価格は1着1,000円〜3,000円程度。

1〜2着を預けるよりも、7着〜10着以上まとめて出した方が1着あたりの金額がお得になるサービスがほとんどなので、家族など同居人のアイテムと合わせて預けるのもアリですよ!

中古アイテムの買取サービスで不用品を賢く処分!

衣替えの基本的な流れでご説明した通り、衣替えをする際は「このアイテム、来シーズンも着る?着ない?」と自分に問いかけて、しっかりと必要なものと不要なものを仕分けするのが重要です。

しかし、特に不要なアイテムを選定する時は迷うことが多いもの。

今年は全く着なかったけど、去年は着ていたので今後着る機会があるかもしれない・・・なんて思うことはありませんか?

一度自分が手にしたもの、気に入って使っていた思い出があるものを「捨てる」のは、想像以上に難しいですよね。

そんな時は、「捨てる」のではなく「売る」方法を探してみましょう。

特に有名ブランドの服やバッグ、靴などは、そのまま捨ててしまうのはとても勿体無いです!
中古ブランド品販売店の買取サービスを利用して、まずは査定をしてもらうことをお勧めします。

今は、店舗に行かなくてもLINEで送った写真から査定額を教えてくれたり、宅急便でアイテムを店舗に送って査定してもらい査定額に納得がいかなかったら返却してもらえるサービスがあったりと、色んなニーズに答えた買取サービスがありますよ。

衣替えをして次のシーズンに備えよう!

衣替えをする時期は6月と10月です。
いきなり衣替えするのではなく、1ヶ月程度移行期間を設けてその間の気温を見ながら前シーズンのものを収納していきましょう。

クリーニング店を利用して収納する方法や、不要なものを買取してもらう方法など、収納術がたくさんあります。
衣替えをすることで、家の中がキレイに整理されることは間違いないですよ。

内容について報告する