サムネイル

スペインで大人気!ロエベのおすすめトートバッグ

スペイン王室御用達ブランドとしても有名なロエベは、シンプルからカジュアルまでシーンを選ばないデザインが人気のブランド。トートバッグに関しては、ドラマ「わたし定時で帰ります」で吉高由里子さんが持っていたことでも話題になりました。今回はスペインのブランド「ロエベ」の魅力と、おすすめのロエベトートバッグを紹介します。

スペインの有名ブランド「ロエベ」

スペイン発祥のロエベは長い歴史がありながらも先進的デザインを取り入れ多くのファッショニスタを魅了しています。ロエベの歴史やデザインの変化について詳しくみていきましょう。

歴史あるブランド「ロエベ」とは

ロエベはスペインで1892年に創業され、約130年の長きに渡って愛されてきた伝統と歴史のあるブランドです。20世紀初頭にスペイン王室の御用達となったことから人気に火が付き、スペインセレブお気に入りのブランドとして話題を呼びました。日本では聞き馴染みのない方も多いかもしれませんが、スペイン国内ではルイヴィトンやシャネルなどのブランドに並ぶ知名度を誇っています。

新デザイナーの就任でより親しみやすいブランドに

スペイン王室御用達のロエベは、ここ数年でデザインに大きな変化が起こっています。その理由は2013年にクリエイティブディレクターとなったジョナサン氏が、長い伝統を重んじつつも先進的なデザインを取り入れているからです。老舗ブランドがデザインに変化を取り入れることはリスキーでもありますが、より親しみやすいデザインとなったことからさらなる人気を獲得しました。ロエベはハイブランドでありながらもデザイン性が高く、様々な場面で活躍できるブランドとして生まれ変わりつつあります。

ロエベが人気ブランドである理由

伝統と歴史のあるロエベが、長年人々に愛され続ける秘訣はどこにあるのでしょうか。ここでは、ロエベが人気ブランドであり続ける理由をご紹介します。

幅広い独自のデザインが魅力

ロエベの魅力の一つはデザインの幅広さです。たとえば多くの海外セレブたちが愛用しているスタンダードデザイン「アマソナ」は、シンプルでありながらも上品なデザインが大人の女性に人気です。さらに、ジョナサン氏が初めて手掛けた「パズル」は独特な幾何学模様が特徴的で、個性が有りつつも上品でシックなデザインとなっています。シンプルなだけでなく、柄を施したものも多く発売されており、カジュアルからフォーマルまで幅広く活躍するバッグデザインが人気の秘訣です。

高い品質とアフターケアが充実

ロエベのバッグは魅力的なデザイン性に加え、高い品質であることも上品で大人の印象を与える要因です。ロエベはもともと、革製品の工房からスタートしたため、革の品質や取り扱い能力が非常に優れています。最高級のラムスキンを使っているものもあり、手触りの滑らかさに定評があります。さらに、アフターケアも充実しているので、困った時はまずショップへ相談してみましょう。修理となる際は実際に職人のアトリエへ送るので、スペインの職人が直接修理を担当してくれる安心感もあります。品質の高さや安心のアフターケアもロエベの魅力ですね。

ロエベのおすすめトートバッグ【シンプル】

ここからはロエベのおすすめトートバッグをジャンル別に紹介します。まずはシーンやファッションを選ばないシンプルでおしゃれなトートバッグをみていきましょう。

シンプルナチュラルな「スリットラージバッグ」

ロエベのトートバッグ

アイボリーとブラウンを基調としたシンプルなトートバッグは、ナチュラルな風合いが涼しげな印象を与えてくれます。ボディはラフィアと呼ばれる植物を編んで作られており、ショルダーなどに施されたロエベの代名詞である上質な革がアクセントとなっています。大きめバッグでありながら重さが800g程度と非常に軽く、ストラップは88cmまで伸ばすことができるのでショルダートートとしても使用できます。まさに使いやすさとおしゃれなデザインの両立を可能としたトートバッグです。

シック&ベーシックな「クッショントート(ソフトグレインレザー)」

落ち着いたキャラメルやシックなブラックなど、上品な色味が魅力的なクッショントートは大きめのシルエットで、、バッグの口が大きく開くため、日常使いしやすいのが特徴です。ソフトグレインカーフ素材のため手触りもやわらかく、入れるものを選びません。シンプルデザインではありますが、バッグのふちに施された結び目のあるレザーストラップや、刻印されたロエベのロゴが個性的な印象も与えてくれます。サイズは大きめですがバッグの重量は820g程度なので、荷物を入れても重くなり過ぎずおすすめです。

洗練カジュアルな「クッショントート(キャンバス)」

こちらは鮮やかなブルーやオレンジのキャンバス地に、キャメルブラウンのカーフレザーがアクセントになっているトートバッグで、単色トートバッグではすこし物足りない方におすすめ。また、すべてレザーで作られたソフトグレインレザー・バージョンよりもカジュアルな印象があり、普段使いしやすいデザインです。バッグからちらりとのぞくホワイトカラーのライニングも清潔感があり、おしゃれな印象を与えてくれます。

ロエベのおすすめトートバッグ【ハイデザイン】

ロエベのトートバッグは長く愛されるシンプルデザインに加え、先進的で個性の光るデザインも人気です。ここでは、ロエベトートバッグの中でもデザイン性が高く、話題性のあるものを中心に紹介します。

華やかな「クッショントート(パウラズ イビザ コレクション)」

2019年にコレクションの第3弾が発売され注目を集めるロエベの「パウラズ イビザ」は、華やかで個性的なデザインが魅力。こちらのトートバッグはロエベではお馴染みのクッショントートに、赤と青を基調としたパウラズイビザのアイコニックなモチーフがデコレーションされています。デザインは海をイメージした夏らしいものでとても個性的ですが、ロエベクッショントートの上品さとマッチして、大人女性の遊び心を演出してくれるおしゃれなトートバッグとして人気です。

ハイセンスなデザインが目を惹く「Tショッパーバッグ」

ロエベの柄トートバッグ

シンプルなデザインのみにとどまらないのがロエベトートバッグの魅力です。こちらは、犬や植物がプリントされたインパクトのあるデザインではありますが、品質の高いベロアやレザーを使用して作られており、上品な印象を与えてくれます。バッグを開くと中は赤地に黒のパーツが映えるデザインになっており、外見だけでなく中身にもこだわりが感じられます。一味違った個性を演出したい女性におすすめのデザインです。

ドラマで話題の「ゲートトップハンドルトート」

吉高由里子さんが主演のドラマ「わたし定時で帰ります」の第1話で登場したことから話題となったのがブラウンのゲートトップハンドルトートバッグです。輝く女性をテーマにしたドラマであることから、彼女のファッションにも注目が集まりました。ディテールにもこだわりが感じられ、サイドのレザーストラップやフロントベルトのリボン結びが、シンプルな中に洗練された個性をプラスしてくれます。カラーバリエーションも豊富なので、どんなファッションにも合わせやすいトートバッグです。

あらゆるシーンで活躍のロエベトートバッグを手に入れよう

デザインの種類が豊富で見ているだけでも楽しくなるロエベのトートバッグ。上品でありながら遊び心を兼ね揃えたデザインも多いため、あれもこれも欲しくなってしまいますね。ロエベのトートバッグは、実は中古ショップでも状態の良いものが販売されていることもあります。欲しいシリーズやデザインが見つかったら、状態が良い中古品をはじめ並行輸入品や未使用品が無いかも合わせて確認してみましょう。

内容について報告する