• 【2019-2020年秋冬】今年買うべきレディースコート!プロのスタイリストが教える傾向と対策!
サムネイル

【2019-2020年秋冬】今年買うべきレディースコート!プロのスタイリストが教える傾向と対策!

肌寒くなってくると新しいコートが欲しくなりますよね。冬のアイテムの中でもっとも存在感があり、コーディネートの印象を左右するコートだからこそ、流行を押さえた自分が本当に気に入るものを選びたいもの。今回は、プロのスタイリストさんに今年買うべきコートについて教えていただきました。悩みがちなコート選びの参考にしてくださいね。

今年のレディースコートはどんなタイプがトレンド?

冬のコーディネートを決める「コート」。
気づけば何年も同じものを着ている、なんてことはありませんか?
毎年似たようなデザインのものが売られていると思っても、その年のトレンドがきちんと反映されているんです。

せっかくなら今年はトレンドを押さえたコートにアップデートして、周りと差をつけちゃいましょう。
プロのスタイリストさんに聞いた今年のレディースコートのトレンドをご紹介します。

ロング丈のテーラードコート(チェスターコート)

近年流行しているオーバーシルエットのコートが引き続き登場している中、今シーズンはジャストサイズのテーラードコート(チェスターコート)の人気が再燃しています。

テーラードコート(チェスターコート)は5、6年前にも流行しましたが、その時のデザインと今年のデザインとの違いは「丈の長さ」です。ひざ下までのロング丈や、ジャケットの延長のようなお尻が隠れるぐらいの丈感が今年らしさのポイントです。

今年テーラードコートの購入を検討されている方は、丈の長さに注目してアイテムを選んでみてくださいね。
トレンドのテーラードコートを選んでワンランク上のコーディネートに仕上げましょう。

変化系トレンチコート

シーズン問わず定番アイテムのトレンチコート。様々なファッションに合うため出番が多いアイテムですが、定番すぎて少しマンネリ化していませんか?

今シーズンのトレンチコートのトレンドはズバリ「変化系」。スタンダードなトレンチコートをベースに、ショート丈だったりオーバーシルエットだったりと、見た目のニュアンスが異なるコートが登場しています。また色味も定番のベージュやブラックだけでなく、鮮やかなカラーやチェック柄など変化系のものが多いです。

マンネリ化しがちなトレンチコートも、シルエットや色柄に少し変化を加えたデザインで斬新な印象になります。
変化系トレンチコートを取り入れて、コーディネートに遊び心をプラスしましょう。

ポンチョ、ケープ、ローブなど羽織系アウター

今シーズンは春夏に引き続き、若干丈が長めのジャケットやセットアップのスタイルなども人気です。そんなスタイルに合わせやすいのがポンチョやケープなどの羽織系アウター。羽織れるアウターは中に着る服を選ばないため、着膨れしがちなジャケットなどの上からでも着られてとっても便利です。

どんなシチュエーションでもさらっと羽織れるアウターは、一着持っておくとこの冬重宝しそうです。

今年のレディースコートはどんな色や柄がトレンド?

チェック柄

ひとえにチェック柄と言っても、その種類は様々です。
大きめのブロックチェックや細かいギンガムチェックの他、グレンチェック(千鳥格子と細い格子を組み合わせた柄)やウインドペーン(windowpane、窓の格子という意味)など、多種多様な柄があります。

自分に似合うチェックを見つけたり、シチュエーションに合わせたチェック柄をチョイスしたりという楽しみ方もできそうですね。

ブライトカラー

ダークな色味になりがちな秋冬コーデには、例年以上にブライトカラーを用いるのがポイント。一気に明るい印象に仕上がります。またブライトカラーと相性抜群なのが、「プリントもの」。

コートに取り入れるのは少しハードルが高いと感じる方には、コート以外のところにポイントとしてプリントものを合わせるのもおすすめです。もしくは、ブライトカラーのコートのインナーにプリントのTシャツを合わせてもいいですね。手持ちの服でも合わせ方次第で今シーズンらしいコーディネートに仕上がります。

ヘリンボーン

ヘリンボーンとは、ニシンの骨という意味です。開きにした魚の骨に似ていることからこの名前がつきました。

メンズライクな印象のヘリンボーンを着用することで、色味ではなく柄のテンションでユニセックス感を演出するのがポイント。トータルコーディネートでシックなスタイルにするのもよし、インナーや小物で差し色、差し柄を入れるのもおすすめです。

スタイリストが注目!このブランドのレディースコートが素敵♡

HYKE

今シーズンでラストコラボのHYKE×THE NORTH FACEのモンスターパーカ。
なんとスタイリストさんご自身でも購入したという注目度の高い一着です。

「僕自身、普段は全くダウンを着用しないのですが、ダウンぽさが程よくそぎ落とされているのと絶妙なコクーンシルエット…。これは普通のダウンとは別物だと思い購入しました。前シーズンからウィメンズだけでなくメンズラインも出ており、このブランドは注目度も随一です。各ショップにて抽選販売で争奪戦になるかと思いますので、興味のある方は女性だけでなく男性もすぐにでもチェックしてほしいです。」

GUCCI

「アレッサンドロ・ミケーレによるGUCCIのハウンドトゥース柄のポンチョ。柄の大きさも小さいので合わせやすさは抜群。フロントがボタン仕様のためレイヤードしてもよし、すべて閉めて着用してもまた別の表情になるところが魅力的です。そもそもメンズコレクションのアイテムですが、あまり大きくメンズ、ウィメンズを分けていないデザイナーの思いが詰まったアイテム1つかと思います。インナーとの合わせとしては同じ柄の大きさ違いを用いて、鮮やかな色味を入れることでワンランク上のコーディネートを楽しんでいただきたいですね。」

DRIES VAN NOTEN

ハンガーにかかったDRIES VAN NOTENのブライトカラーのコート

「DRIES VAN NOTENのブライトカラーのコートはなんといっても色合いがとても良い。ロング丈のテーラードコートとフラワープリントが施されたトレンチコートの展開があります。この色味でロング丈テーラードはかなりハードルが高そうに見えますが、着用するとコートのシルエットの良さがさらに際立ち気品があるスタイルを演出してくれます。トレンチコートはフラワープリントがアクセントになりインナーをシンプルにしてもコートだけでスタイルを完結できるのも魅力的です。ブランドならではのフラワーの使い方が絶妙な一着です。」

今年らしいコートで秋冬コーデを楽しもう!

いかがでしたか?
冬のコーディネートの主役とも言えるコート。毎年着ているコートもいいですが、新しいアイテムをゲットすると寒い日のお出かけも楽しくなるかもしれません。
今年はプロのアドバイスを参考に、流行を押さえた自分が本当に気にいるコートを見つけて冬のファッションを楽しんでくださいね。

◇ スタイリスト:KOHTA KAWAI

内容について報告する