サムネイル
財布

グッチの長財布を新作からヴィンテージまで紹介♡お得に購入する方法と売り方も

可愛くてバリエーションが豊富なところが人気のグッチ長財布。ちょっとリッチで大人っぽいグッチの財布は頑張った自分へのご褒美に最適ですが、種類も多くそれぞれ印象が違うので選ぶ際は迷ってしまう人も多いようです。この記事では、グッチの長財布をまとめてお届け。グッチの長財布をお得に購入する方法と、安心できる売り方も解説します。

グッチの長財布の種類

グッチの長財布は主に3種類のタイプに分けられます。多少の機能の違いはありますが、収納力はどのタイプも充実しているので基本的にはデザイン、見た目の好みで選んでOKです。こちらではグッチの長財布のタイプを紹介します。

フラップタイプ

小さなクラッチバッグのようなフラップタイプの長財布。財布ながらバッグようなデザイン性も持ち合わせているので、これ1つでしっかり存在感があります。伝統的な長財布のイメージで年代を問わず使いやすい点も魅力です。

ジッパータイプ

大事なものが詰まっているお財布は安心感重視!という人も多いはず。

シンプルで機能的な財布が好きという人には、ジッパータイプの長財布がおすすめです。

チェーン付きタイプ

ポシェットと財布の中間のようなサイズ感のチェーン付きウォレット。財布をそのまま持ち歩くのには抵抗があるけれど、わざわざバッグを持って行くほどではないという場面は意外と多いもの。お札やカードがしっかり入って収納力は抜群です。お財布をコーデの一部にできるのも魅力ですね。

おしゃれすぎる♡グッチの長財布を紹介

高品質で使い勝手の良いグッチの財布はデザインも豊富。伝統的でアイコニックなものから個性的で感度の高いものまで、人気の5つのコレクションをご紹介します。

GGマーモント

【87,000円+税(編集部調べ)】
くすんだゴールドの立体的なダブルGの装飾が特徴的なGGマーモント。特にキルティング仕様のバッグや財布は、おしゃれなインスタグラマーにも人気が高いです。

【税込92,880円(編集部調べ)】
服装を選ばないシンプルなデザインでブランドを主張しすぎないあたりも、さりげなくおしゃれをしたい大人に最適。高級感のあるソフトレザーをキルティングしたグッチならではのデザインはタイムレスに愛され続けています。

オフィディア

アイコニックなGGスプリームキャンバスの中心にグッチカラーである緑と赤のストライプを配置したオフィディアは、一目でグッチとわかるグッチらしいロングウォレット。

グッチの歴史を感じることができる王道デザインは一目でグッチということがわかります。クラシカルでレトロな雰囲気を持っているコレクションです。

GGブルームス

GGスプリームキャンバスに、ピンクや赤など華やかな花を咲かせたGGブルームス。これまでもグッチは猫や犬など、さまざまなプリントをGGスプリームキャンバスに施したアイテムを生み出していますが、このGGブルームスは一目見たら忘れられない、明るく華やかなプリントが特徴です。

【税込84,240円(編集部調べ)】
花が散りばめられたデザインは持つだけで気分が明るくなるので春財布としてもおすすめ。ブルーならさわやかに、ピンクなら華やかな気分にさせてくれそうです。

シルヴィ

伝統の「赤と緑のウェブストライプ×ゴールドのバッグル」が特徴的なシルヴィは、一目見たら忘れないキャッチーなデザインが魅力。黒ベースならさらにかっこいい印象になりますね。キリッとしたかっこいい長財布が好みならシルヴィで間違いありません。

ビー スター

グッチの歴史的シンボルである、蜂(ビー)と星(スター)のモチーフをあしらったデザインが特徴のビースター。黒地に金色の蜂が飛ぶキャッチーなデザインはユニークな財布を探している人におすすめです。

こなれ感のある「オールドグッチ」も人気沸騰中!

グッチは新作も人気ですが、こなれ感のあるヴィンテージ財布も根強い人気を誇っています。こちらでは、「オールドグッチ」について紹介します。

オールドグッチとは?

1980年代までのグッチ創始者が手がけたアイテム。それらは「オールドグッチ」と呼ばれ、非常に希少価値が高くヴィンテージコレクターの間では美術品として取引されるほど人気があります。現代のグッチも素敵ですが、こなれ感のあるオールドグッチは格別です.

オールドグッチの長財布の魅力

グッチの伝統あるGGキャンバスとウェブカラーが映えるオールドグッチの長財布。オフィディアの雰囲気と似ていますが、さらにヴィンテージ感が強くクラシカルな雰囲気がたまりません。

パッと見ただけではグッチとわからないほどブランドの主張は控えめですが、上質で高級な雰囲気をまとったビンテージ感はやはりオールドグッチならでは。さらに、ポイントとなっているのが、手の形をした装飾。

ブランドを知り尽くし、人と被らないことを重視しているオトナなグッチLoverにオススメです♡

グッチの長財布をお得に購入する方法

財布を持つ女性

グッチの長財布は、グッチの店舗や公式オンラインショップで購入できますが、ハイブランドということもあって値が張るアイテムが多いです。「少しでもお得にゲットしたい」という人には、アウトレットやフリマアプリ、リユースショップで購入する方法がおすすめ。こちらでは、それぞれの特徴を紹介します。

アウトレットで購入する

アウトレットの中には、グッチが出店しているところもあります。アウトレットで販売されているアイテムは、いわゆる「訳あり品」です。数シーズン前の売れ残り商品や、返品された商品、色落ちなどがあるB級品なので、定価よりもお得な価格で販売されています。

発売されてすぐの商品が販売されている可能性は低いので、数年前に発売された財布を求めている人におすすめの購入方法です。

フリマアプリで購入する

スマートフォンの普及とともに世間に浸透したフリマアプリ。スマホ1つで出品や購入ができる手軽さが若者を中心に受けています。フリマアプリのメリットは、何と言っても手軽なところ。「グッチ 長財布」と検索すると、数えきれないほどの商品が表示されます。

ただし、ブランドの偽物を出品している悪質な出品者もいるので注意してください。購入する前に、出品者の情報や商品の画像や情報を細かくチェックしましょう。

リユースショップで購入する

最近発売されたアイテムが欲しい人、安くても安心して購入したい人におすすめなのがリユースショップ。リユースショップはお店独自の基準でブランド品を鑑定しているので、偽物である確立はきわめて低いのです。

特に、一般社団法人 日本流通自主管理協会が主催する、協会基準判定士の資格を取得した「上級バイヤー」がいるリユースショップなら安心です。オンラインショップを展開しているお店なら、フリマアプリと同じくらい手軽に購入できますよ。

グッチの長財布を売るメリットと売却方法

黒い財布を持つ女性

おしゃれなあなたにぜひ意識していただきたいのが、「この長財布が要らなくなったらいくらで売れるだろう?」ということ。

物が溢れる現代で叫ばれているのが、サスティナブル(持続可能)な消費の重要性です。1シーズンだけ使って捨ててしまうようなアイテムを買うのではなく、「長く使えるクオリティであるもの」、「要らなくなった時に売れること」の2点を意識するのが、今っぽく賢いお買い物の方法。そこで、ブランド品を売るメリットと売却方法を紹介します。

売却するメリット

使わなくなったブランド品を溜め込んでいる場合、売却することでクローゼットの中が整理できます。また、売って得たお金は次の購入の資金にもなりますよ。欲しいアイテムが出てきた時は、クローゼットに眠っているブランド品を売却してみてはいかがでしょうか。廃棄しないことでゼロウェイストな取り組みにもなります。

売却方法と安心して売るコツ

ブランド品を売却する方法はいくつかありますが、特に安心できるのはリユースショップで売る方法です。店舗に行かなくても、LINEやパソコンのビデオ機能を使って、自宅で査定や売却の相談ができるサービスを行っているお店もあります。

近くにお店がない場合は、宅配買取を利用する方法も。宅配買取を利用する時は送料や梱包材が無料か、キャンセルは可能か、なども確認しましょう。

グッチの長財布の査定額を左右するポイント

グッチの長財布は、素材・デザイン・カラー・収納力によって査定額が変わります。

グッチのアイコンでもあるGGの文字が重なったGGスプリームキャンバス素材は、他の素材と比較して相場は安定しています。デザイン自体も人気ですが、外側が塩化ビニールでコーティングされているため表面上のダメージが目立ちにくいことも理由の1つです。

GGスプリームの中でも、定番のトリコロールライン(シェリーライン)が入ったデザインは人気が高く、買取価格は安定する傾向にあります。特に、お財布の中央に大きくラインが入ったデザインが人気です。

収納力の面では、カードポケット枚数の数が多い、お札を入れる部分に仕切りがあるなど、内側の構造が使いやすいかどうかも買取価格に影響する要素。逆に、カードポケットの数が極端に少ないお財布は買取価格が下がってしまう傾向があります。

グッチの長財布はハイセンスで長く使える!

黄色の上下スウェットを着てバスケットコートの前に立つ女性

数十年前のオールドグッチが今でも多くの人に支持されているように、グッチのデザインはタイムレスです。ボーナスの使い道に迷っているならグッチの長財布が正解。質の良さはもちろん、長く使えるハイセンスなグッチの長財布を手に入れてワンランク上の生活をしてみては?

writer profile
Ladybug
サムネイル: Ladybug
会社員として働く20代。35歳の誕生日にはTASAKIのジュエリーを自分にプレゼントしようと目論み中!