• ルイ・ヴィトンの人気長財布はどれ?定番モノグラムから2019年新作まで
サムネイル

ルイ・ヴィトンの人気長財布はどれ?定番モノグラムから2019年新作まで

いつの時代も多くの女性を魅了するルイ・ヴィトン。バッグは高くて手が届かない!という人でも、お財布であれば比較的手に入れやすいのでは?この記事ではルイ・ヴィトンの長財布に着目!定番から2019年の新作までご紹介します。新しいお財布を探している人は、要チェックです!

ルイ・ヴィトンの長財布はバリエーション豊富!新作も続々登場

ルイ・ヴィトンの長財布は、オトナの女性として持ちたい定番アイテムのひとつではないでしょうか。

実はシーズンごとに新作も続々登場しています。
種類が豊富過ぎてどれを選んでいいのかわからない・・・。

そんなお悩みを解消するために、この記事ではルイ・ヴィトンの長財布について徹底解説していきます。

選び方ポイント①開閉タイプで選ぶ

ルイ・ヴィトンの長財布は閉じ方で大きく分けて以下の2タイプに分かれます。

1)ジッパー開閉式のジッピー
2)スナップボタン式のポルトフォイユ

タイプによって使い勝手が変わるので、先にどちらのタイプにするかを選ぶと、その後のデザイン選びもスムーズに!
デザインの前に、ぜひ開閉タイプをチェックしてみましょう。

しっかりと閉じられるジッピー

長財布の定番、ファスナータイプのジッピー。
お札の出し入れが簡単なのはもちろん、カード類もしっかり収納可能。
財布は毎日使うものだから機能性を重視したい!という人はしっかり開け閉めできるジッピーがおすすめです。
ジップもシンプルなものからチャームが付いているものなどデザインによって様々。

おしゃれさ抜群のポルトフォイユ

お財布もおしゃれなものが使いたい!そんな方は、スナップタイプのポルトフォイユがおすすめ。
長財布のボディだけでなく、留め具の種類にもバリエーションがあるので、ファスナータイプにはできない繊細なデザインが多く、愛用していれば一目置かれるかも♡
スナップボタンなので、開け閉めを丁寧に行うことだけは忘れずに。

選び方ポイント②留め具の種類で選ぶ

ルイ・ヴィトンの長財布は、留め具の種類もひとつではありません。
特にポルトフォイユの留め具はバリエーションが多いため、留め具の種類によってお財布全体のデザインが大きく変わります。

ポルトフォイユが欲しい人は、留め具もぜひ細かくチェックしてみて。

V&Lのシグニチャー

持つならルイ・ヴィトンらしいデザインがいい。そんな方はルイ・ヴィトンのLとVがモチーフのシグニチャーがオススメ。
インパクト抜群の留め具は、誰が見てもルイ・ヴィトンだとわかるデザインです。
またシグニチャーにもいくつかパリエーションがあり、画像のシグニチャーはハラコ柄の珍しいタイプ。

モノグラムフラワー

ルイ・ヴィトンに馴染み深いフラワーですが、モノグラムフラワーは4枚の花びらで構成された可愛らしいモチーフ。
ファスナーにもモノグラムフラワーがあしらわれているものもあり、フェミニンな雰囲気はまさに女性のためのデザインです。

S字型ロック

ゴージャスなエレガント感が好きなら、S字型ロックがおすすめ。
長財布自体がシンプルなデザインでも、S字型ロックのスクラプなら一気にエレガントな印象になります。
S字型ロック部分をよく見ると、ルイ・ヴィトンの文字とロゴがしっかり刻印されています。

選び方ポイント③デザインや素材で選ぶ

ブランドアイテム選びで一番楽しい、デザインの種類をご紹介します。
ルイ・ヴィトンの長財布はデザインによって印象もガラっと変わるので、あなたの最愛デザイン選びの参考にしてみてくださいね♡

モノグラム

価格 税込¥63,720円(編集部調べ)

ルイ・ヴィトンの代名詞、モノグラム。
ルイ・ヴィトンのLとVを組み合わせたロゴに、星と花を組み合わせたモチーフが特徴的なデザインは、日本の家紋からヒントを得て作られました。
流行に左右されないデザインは、世代を超えて多くの人に愛用されています。

画像のモノグラムは留め具がモノグラムフラワーになっている、2019年の新作デザイン。
定番デザインにフェミニンさが味付けされ、より女性らしいデザインになっています。
ルイ・ヴィトンでは定番デザインに遊び心を加えたデザインも豊富なので、定番デザインでも人と被らないアイテム選びが可能。

ダミエ

価格 税込¥90,720円(編集部調べ)

ルイ・ヴィトンのラインナップのなかでも、モノグラムと人気を二分するのがダミエ。
モノグラムは日本の家紋からインスピレーションを受けたデザインですが、ダミエは市松模様にインスピレーションを得たデザインです。

ブラウンやブラックなど落ち着いたカラーが多いですが、ホワイトは一転して明るい印象に。
ジッピータイプの長財布はビジネスシーンでも使いやすく、男性の愛用者も多い人気デザインです。

エピ

価格 税込70,200円(編集部調べ)

モノグラムなどの柄物デザインの印象が強いルイ・ヴィトンですが、エピは高級素材を使用したシンプルなデザインが特徴的なラインです。
エピに使用されているのは、グレインレザーと呼ばれる、傷が少ない品質の良い原皮の外観をほぼそのまま残したパターン。
その皮に線状の型押し加工を施し、豊富なカラーバリエーションを用意したのがエピです。
フランス語で「麦の穂」を意味するエピ。風にたなびく麦の穂をイメージして作られたといわれています。

耐久性は高く、愛用することによってグレインレザーにも味が出てきます。長く愛用できる長財布を探している人におすすめのラインです。

ヴェルニ

価格 税込115,000円(編集部調べ)

パテントレザーの光沢感が特徴のヴェルニ。ヴェルニはフランス語で「エナメル」の意味を持ちます。
牛革の中で最も高い価値があるカーフスキンにカラフルなエナメル加工を施しています。

ルイ・ヴィトンの中でもゴージャス感が強いヴェルニは、パーティシーンでも映えること間違いなし。

2019年の新作長財布情報

2019年初登場の新型ポシェット・ドゥーブル

2019年の新作財布として、まず注目したいのは「ポシェット・ドゥーブル」。取り外し可能なチェーンがついています。

花モチーフのブルーミングフラワー・コレクションは2019年春夏コレクションのテーマモチーフです。

2019年に発表されたコレクション、ラブ・ロック

2019年1月に新登場したのが、鍵モチーフのラブ・ロックコレクション。
ピンクやイエローの差し色が可愛いですよね!

定番のモノグラムなどのデザインでも、素材違いや新色が出ることもあるので、ルイ・ヴィトンの新作を狙うのであればこまめにチェックしたいですね。

ルイ・ヴィトンの財布はお得に購入が可能?

ルイ・ヴィトンの長財布が欲しいと思っていても、価格が理由で中々手が出ない人も多いでしょう。
そんな人におすすめなのが中古ブランド店。定価よりもお得に購入が可能です。
専門の鑑定士がしっかり鑑定した上で正規品のみ買い取っているので、中古市場でのデメリット、偽物の心配もありません。
商品によっては新品同様の状態でありながら、定価よりお得に購入できます。

定番モノグラムのポルトフォイユ長財布です。
初めてルイ・ヴィトンの商品を購入する人にもおすすめ。
中古ブランドショップでは税込34,980円(編集部調べ)で購入可能です。

ユニセックスなイメージの、ブラックカラーのエピ。
お札は2箇所に収納でき、カード類も12枚収納できて収納性は抜群で長く愛用できること間違いなし。
新品だと130,000円ほどする商品ですが、中古ブランドショップでは税込49,980円(編集部調べ)で購入可能です。

思わず目を惹かれる真紅が印象的なヴェルニの長財布。
シグニチャーがエレガントさをより際立たせます。
ヴェルニはジッピータイプが多いので、ポルトフォイユタイプはとても珍しくレア。
ショップでは中々見れないレアなでザインと出会えるのも中古ショップの魅力。

こちらのヴェルニは中古ブランドショップで、税込81,980円(編集部調べ)で購入可能です。

自分好みのルイ・ヴィトン長財布を手に入れよう♡

ルイ・ヴィトンの長財布はデザインの種類も豊富で、機能性、デザイン性、どちらを重視した人にも応えてくれます。
デザインラインだけでなく開閉や留め具でも様々なタイプがあるので、あなただけのお気に入り長財布を見つけてみて。

内容について報告する