サムネイル

【年代別】レディース人気ブランドバッグ8選!賢い選び方も紹介

ブランドバッグは大人女子なら押さえておきたいマストアイテムですが、毎シーズン新しいデザインが生まれているのでトレンドを押さえたバッグ選びも大切。バッグ選びに悩んでいるあなたのために、年代別おすすめのブランドバッグをご紹介します。お気に入りのブランドを見つけて、楽しくお出かけしましょう♡

【年代別】おすすめの人気レディースブランドバッグ8選

ブランドバッグは普段のおしゃれを格上げしてくれる、一つは持っておきたいアイテム。
でも、毎シーズン新しいデザインが続々と出ているので、トレンドを押さえたバッグ選びも大切です。
かつてのお気に入りブランドッグでも、トレンドから外れたバッグに最旬ファッションを合わせていると、なんだかちぐはぐなコーデになってしまうことも。

ファッションや髪形をアップデートするように、ブランドバッグもアップデートしませんか。

でも、どんなバッグがいいのかわからない。
そんな時は、それぞれの年代別に人気の高いブランドバッグを参考にしてみましょう。

20代のフレッシュな女性に【グッチ、クロエ、マイケルコース】

20代は歳を重ねるごとに「可愛い」から「綺麗、かっこいい」印象のバッグにニーズが移ってくる時。
キャリアやライフステージが変わると、よりたくさん荷物の入るバッグが活躍する機会が多くなってきます。
でも、遊び心を忘れたくない!流行を押さえて賢くオシャレをしたい。そんな女性におすすめなブランドバッグをご紹介します。

【GUCCI(グッチ)】

グッチ/GGマーモントキルティングショルダーバッグ
価格:税込154,440円(編集部調べ)

1921年にイタリアで設立されたグッチ。上質な素材と職人技の光る製品は、世界中のセレブやファッショニスタに愛用されています。
創設者のイニシャルを元に登場したGGモチーフが特徴的。世代を超えて何年も愛されるハイブランドのため、オーソドックスなデザインを選べば長く使える一生モノのファッションのパートナーになってくれるかも。ちょっと背伸びする価格帯のものもありますが、中古市場なら比較的お得に手に入りやすいブランド。20代のうちに手に入れれば、より長く楽しむことができますね。

【Chloe(クロエ)】

クロエ/「TESS」ラージバッグ
価格:税込239,760円(編集部調べ)

1952年にパリで創設されたクロエ。バッグ以外にもアクセサリーから香水まで展開しており、特に「クロエ オード パルファム」は女性らしいローズの香りで人気なのでご存知の方も多いのでは。
バッグはバゲッドバッグや半円形のデザインなど、上品ながらも流行を取り入れた展開が多く、オシャレ感度の高い女性を中心に人気を博しています。
どんなスタイルにも馴染みやすいカラーバリエーションも絶妙。
女性らしい曲線的なフォルムが、可愛らしさも残して女性の魅力をより引き立てます。

【MICHAEL KORS(マイケルコース)】

マイケルコース/WHITNEY ラージ ショルダー
価格:税込58,320円(編集部調べ)

マイケルコースは、1981年にデビューしたNYを拠点とするブランド。
知的でエレガントなラインナップが特徴で、現代的な大人の女性に愛用されています。
A4に対応する通勤通学バッグのラインナップも豊富。
比較的手が出しやすい価格帯なので社会人デビューのバッグとしてもオススメです。

30代を迎えたオトナ女子に【セリーヌ、サンローラン】

金銭的にも、プライベートも、仕事も。とにかくいろんな面で充実してくる30代のオトナ女子には、上品でありきちんと感のあるバッグがオススメ。
20代の時は背伸びしていたハイブランドバッグも、30代になるとすんなり似合うようになるから不思議♡
頑張ってきた自分へのご褒美に、長く愛用できる、憧れのブランドバッグを買ってみるのもいいかも。

【CELINE(セリーヌ)】

セリーヌ/ラゲージマイクロショッパー
価格:税込388,800円(編集部調べ)

セリーヌは1967年から高級既製品の販売を始めた、フランスのラグジュアリーブランド。
ベーシックなデザインと上品な雰囲気で、上流階級の普段着として定着しました。
特にバッグは、ベーシックなデザインと製法、周りと同調しやすい色使いなどで長く愛用できる物が多いと評判です。
人気のラゲージは素材もカラーも豊富にあり選びがいがあるブランドバッグ。一番小さいナノよりも1つ大きいサイズで長財布やポーチなども入り使い勝手が良いのが魅力。

【Saint Laurent(サンローラン)】

サンローラン/サックドジュール ミニ
価格:税込340,200円(編集部調べ)

サンローランは1962年にイヴ・サンローランが立ち上げたフランスが誇る世界的ラグジュアリーブランド。
イヴ・サンローランは2002年の引退まで第一線で活躍し「モードの帝王」と称されるほど。流行の第一線を牽引してきたブランドです。
見た目は重厚感があるのに軽く持ちやすい、サンローランのサックドジュールは、30代女性のきれいめスタイルと相性抜群です。

40代の輝く女性に【シャネル、トッズ】

輝く40代の女性におすすめしたいのは、自分のファッションの相棒になってくれる、頼もしさのあるブランドバッグ。
例えばそれは、芯の通ったストーリー性のあるブランド。または実用性と高品質にこだわったブランド。
そんな、時代を超えて愛せるブランドバッグをご紹介します。

【CHANEL(シャネル)】

シャネル/CHANEL 31 ラージ ショッピング バッグ
価格:税込528,120円(編集部調べ)

1915年にジャージー素材を使用したドレスが話題となったシャネル。生みの親のココ・シャネルは当時は男性のものであったパンツルックを女性用に打ち出したり、タブーとされていたブラックファッションから「リトルブラックドレス」を産み出すなど、ファッションの歴史を大きく変えた女性です。現在はジュエリーやコスメも人気。Cが重なったロゴも特徴的。
数々の困難を乗り越えファッションの世界を切り開いてきた、ココ・シャネルのスピリッツに共感する女性も多く、現代を生き抜く女性たちに大きな力を与えているブランドです。
シャネルのバッグはブランドバッグの中でも実用性とエレガントさを兼ね備えています。
いつものコーディネートに一点投入すれば、たちまちオトナの女性を演出してくれることでしょう。

【TOD'S(トッズ)】

トッズ/ダブルT ショッピングバッグ
価格:税込233,280円(編集部調べ)

トッズは1979年にスタートした、イタリアの高級ファッションブランド。主に靴とバッグで名を馳せています。
ものづくりへの徹底的なこだわりから生み出される、品質の高さに定評があるブランドです。品質と価格のバランスに優れ、イタリア製品の良さを世の中に伝えています。
流行には左右されないスタイルで、機能性とデザインを両立させた、近代的なデザインが特徴。

落ち着いたデザインと使いやすいサイズ感でどんなファッションにも合わせやすく明るいカラーは雰囲気をパッと明るく見せてくれます。
40代だからこそ落ち着いたカラーだけでなく遊びごごろのある明るい色を選んでもいいですね。

50代の大人の女性にこそ似合う【エルメス】

【HERMES(エルメス)】

エルメス/エヴリン エトゥープ
価格:税込428,760円(編集部調べ)

1837年にパリで馬具工房として開業したことに起源をもつエルメス。初めてファスナーをバッグに用いたデザインは、瞬く間に人気商品に。セレブの名前を冠したバッグも有名です。
「大人だからこそ持ち物にはとことんこだわりたい」そんな女性に人気の高いエルメスバッグ。
余計なものを排除した洗練されたデザインですが、絶妙なカラーとの組み合わせでその魅力が際立っています。
コーディネートを明るく見せるカラーを選んでも楽しいですね。

ブランドバッグはお手入れにかかる維持費にも視野に入れて

ブランドバッグを持つ時には購入金額ばかりに目が行きがちですが、綺麗に長く使おうと思うと修理やクリーニングなどのコストもかかります。具体的にどれくらいかかるのかチェックしておきましょう。

ブランドバッグの修理について

「もう使えないかな」と思っているブランドバッグでも、修理に出すことでまるで新品のようになって返ってくることがあります。

たいていのハイブランドは直営店で修理などのアフターサポートを受け付けています。
初期不良やオリジナルパーツでの修理を希望する場合は直営店に相談してみるといいでしょう。

ですが、中古販売で購入した場合は直営店のアフターケアサービスが受けられない場合があるので
その点も鑑みると修理業者に頼んだ方がコストパフォーマンスも抜群です。
ただ、直営店ではない修理業者に一度修理を頼んでしまうと、直営店で買った新品であっても以降直営店でのサポートを受けられなくなる場合もあります。

また、修理業者にも宅配で依頼をするもの、店舗で依頼をするものがあり、価格や扱うブランドが異なってきます。
ブランドや品物によっては修理ができない(廃番になっている商品で備品を手に入れることができない)といった場合もありますので、事前に見積もりを依頼する形が一般的です。

ここでは直営店ではない修理業者に依頼した場合に
ブランドバッグで修理が必要になる部分で代表的な箇所、かかる費用を参考までにチェックしてみましょう。
※業者や製品の構造により修理価格は異なりますので、あくまで目安として参考にしてください。

・宅配修理
スライダー交換 【税込4,320円〜(編集部調べ)】
ファスナー交換 【税込10,800円~(編集部調べ)】
ハンドル・ショルダー製作交換 【税込円12,960円〜(編集部調べ)】
内側張替え修理 【税込10,800円〜(編集部調べ)】
※各配送料別途

参考:革修理どっとコム(https://kawasyuri.com/)

・店舗持ち込み修理
スライダー交換 【税込7,560円~ (編集部調べ)】
ファスナー交換 【税込14,040円~ (編集部調べ)】
ハンドル交換 【税込21,600円~ (編集部調べ)】
内張交換 【税込27,000円~ (編集部調べ)】

参考:ミスターミニット(https://www.minit.co.jp/service/bag_repair/)

一般的に本革のアイテムは修理費用も高くなる傾向があります。しかし、きちんと修理しながら使えば大切なバッグを綺麗な状態で使い続けることができますよ。

ブランドバッグのクリーニングについて

修理までする必要はなくても、全体的な汚れが気になるという場合もありますよね。
長く押入れなどに入れていたものは、カビや匂いも気になりますし、長年使っているとシミや黄ばみが避けられないものです。
クリーニングコストはブランドバッグの生地によって変わります。


・宅配クリーニング
皮革使用なし 【税込10,584円〜(編集部調べ)】
皮革使用あり【税込13,824円〜(編集部調べ)】
参考:協和クリーニング(http://www.kyouwa-c.com/price/bag.html)

・店舗クリーニング
ブランド品は税込8,640円ほど~
※あくまで目安であり、工場での見積もりによって価格は変動。汚れ具合によっては取り扱いできない場合も。
参考:白洋舎(http://www.hakuyosha.co.jp/cleaning/clothes/accessory/)

クリーニングは店舗で預かるタイプと宅配タイプがありますが、最低でも5,000円、相場としては10,000円〜15,000円ほどかかると思っておいた方がいいでしょう。
撥水加工などプラスαでコースを追加することができるサービスを行なっているクリーニング店もあります。
汚れの状況などによってかかる費用は変わってくるので、クリーニングできるか否かの確認も含め、見積もりをとる場合が多いです。

修理やクリーニングを利用することで綺麗な状態を保ちながら使い続けられるというところは良いのですが、重要なのはブランドバッグは維持費がかかるということ。
購入金額だけをみて判断するのではなく、このあたりも頭に入れておきたいものですね。

「おしゃれは一生もの」ブランドバッグでイイ女度をあげよう

イイ女になるための一つのツールとして活躍してくれるブランドバッグ。
そしてお手入れしながら綺麗な状態を保てるのがイイ女。

ブランドバッグを持つことで、おしゃれに品が出るだけでなく、気持ちも明るくなったりオシャレが楽しみになったりすることも。
何歳になってもオシャレは女性の気分を上げてくれるもの。おしゃれに定年はありません。
若い時はもちろん、歳を重ねてもあなたの魅力を引き立ててくれる相性抜群のブランドバッグが必ずあるはずです。

定期的にメンテナンスをすれば一生モノにもなってくれます。
あなたも溺愛できるブランドバッグを見つけてみませんか?

内容について報告する