サムネイル

もう迷わない!おしゃれでマナーのある結婚式サブバッグの選び方

結婚式にお呼ばれした際、パーティーバッグと共に持っていくことが多いサブバッグ。靴や着替えを入れられるので一つあると便利ですよね。ですが、結婚式にはマナーを守ったバッグ選びも大切。どんなバッグを持っていくのが適切なのか悩んでいる人も多いはずです。この記事では、マナーを守りつつも、おしゃれに見えるサブバッグを紹介します。

サブバッグといえど、結婚式コーデの一部です!

結婚式の会場内には小さいバッグの持ち込みが基本で、キャリーケースなど大きな荷物を持ち込むのは一般的にマナー違反に当たります。
(お子様連れのマザーバッグの会場内への持ち込みは、特別ケースとして大丈夫です。)

式場では、必要な最低限の荷物をパーティーバッグに入れ、それ以外に必要な荷物をサブバッグに入れてクロークに預けるのが好ましいでしょう。

ただし、クロークに預けてしまうからコーディネートなんて考えなくてもいい!と思ったら大間違い!

サブバッグといえども、大切なファッションの一部です。
パーティーバッグに合わせた大きさやデザイン、色、ドレスとのバランスを考えて選びましょう。

また、クロークに預けない場合には、挙式や披露宴会場、二次会まで持ち込む長丁場になることも考えられます。
そうした場合は尚更サブバッグにも気を配る必要が!

どんなサブバッグであれば結婚式のマナーとして相応しく、かつおしゃれに見えるのか紹介します。

結婚式ではサブバッグに何を入れる??

結婚式では、サブバッグに以下のものを入れることが多いです。

・招待状
・お化粧ポーチ
・予備のストッキング(特に二次会がある方は用意しておくと安心)
・携帯やカメラの充電器
・移動用の靴(特に二次会が立食パーティーの時はマストハブ!)
・ヘアピン、ヘアスプレーやワックス
・折りたたみ傘や日傘

ちなみに、フォーマルのサブバッグは、基本的には上品デザインとカラーで、サイズも大きすぎない物がベターです。
小さいサイズでもマチがあるものを選べば、荷物も多めに入れられますよ!

結婚式に相応しいサブバッグとは

結婚式用のサブバッグは、素材やデザインにもマナーがあるので気を付けましょう。

サブバッグの素材やデザインのマナー

<紙袋をサブバッグに使うのはNG!>

荷物が多くなってしまいそうな時、おしゃれなサブバッグとしてブランドの紙袋が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

ですが結婚式で紙袋を持参する事は、マナー違反にあたります。
紙袋は、買った商品を持ち帰るための入れ物であり、フォーマルの場にはふさわしくありません。
ハイブランドロゴ入りのおしゃれな紙袋でも、丈夫な素材でしっかりした紙袋でも、結婚式に持ち込むのは避けましょう。

<サブバッグの色は上品で控えめなカラーに>

フォーマルサブバッグには様々な色のバリエーションがありますが、ホワイトやベージュなど明るい色のサブバッグがおすすめです。
ただしホワイトを選ぶ場合は、純白ではなく、できるだけオフホワイトに近いものを選びましょう。

シックな黒や紺もフォーマルな場所に相応しい色です。
ただし、光沢もない真っ黒で地味なバッグだと、葬儀をイメージしてしまうので、レースの装飾付きや、ラメ入りなど結婚式にふさわしい華やかなものにするよう心がけるのがポイントになります。

また、バッグにキャラクターが描かれていたり、あまりにも派手な色みのものは避けましょう。

<サブバッグの素材>

結婚式というフォーマルな場なので、綿や麻、ビニールなどのカジュアルな素材は避けるようにしましょう。

逆に上品で光沢感のあるサテン素材など結婚式に相応しい素材です。

しかし、ファー素材、アニマル柄の革素材は、上品な印象があっても、動物殺生をイメージさせてしまうので、結婚式では避けたほうが無難です。

<サブバッグの形・デザイン>

サブバッグの形は、縦長のトートバッグやパーティーバッグよりもひとまわり大きいハンドバッグタイプがおすすめです。
会場内に持ち込むバッグなので、小ぶりのB5からA4サイズ以内の大きさにしましょう。

マチのあるタイプであれば、荷物を比較的たくさん入れることができます。
結婚式当日が長丁場になる場合は、持ち手の長い肩掛けタイプのサブバッグがおすすめです。

サブバッグの人気ブランド

フォーマルサブバッグを購入したくても、どんなブランドで購入すれば良いのか迷う人も多いはず。
今人気のおしゃれなフォーマルサブバッグブランドを紹介します。

キタムラ

日本の横浜で生まれたブランドのキタムラ。
フォーマルサブバッグブランドの中では長年愛用されているブランドです。

しっかりとした作りでありながら、上品さと可愛らしさを兼ね備えているデザインが多いのが人気のポイント。
年齢を問わず愛用できるデザインが多いのも特徴。

<参考価格>
約10,000〜12,000円(編集部調べ)

form forma

formformaは、様々なフォーマルシーンにおすすめしたいアイテムを多数取り揃えていて、結婚式用のサブバッグも低価格からおしゃれなものが多くあります。

サテン素材を使った上品なバッグが多いので、ドレスには似合う事間違いなしです。

<参考価格>
約3,200〜4,500円(編集部調べ)

プチソワール

フォーマルウェアで有名なメーカーの、「東京ソワール」が手がけている、あらゆるフォーマルシーンに対応した小物ブランドのプチソワール。

上品なサテン生地にラインストーンをあしらったり、シフォン素材のデザインがあったりと、バリエーションが豊富なので、ドレスに合ったデザインを選べます。

<参考価格>
約3,500〜5,000円(編集部調べ)

Three Four Time

上品さを残しつつも、少し個性的でオシャレなデザインが特徴のThree Four Time。
上品な刺繍柄などもあり、ドレスの装いでも着物での参式でも、両方使えるデザインがあります。

周りと少し差をつけたおしゃれ感を出したい時にビッタリです。

<参考価格>
約2,100〜5,500円(編集部調べ)

結婚式コーデに合うサブバックの取り入れ術

サブバッグはすぐにクロークに預けてしまうものだから…と、コーデを考えずに取り入れてしまうのはNG。
大人女子なら、素敵なドレスに合い、おしゃれ度をアップしてくれるサブバッグをセレクトしましょう。

黒やネイビーのシックなドレスを着る場合には

結婚式で黒、ネイビーなどの落ち着いた色合いのドレスは定番ですが、コーデ全体が落ち着きすぎていると華やかさがなくなり、暗く見えてしまうことも。
そうした時は他の小物(クラッチバッグ、ショール、羽織りもの、シューズ)を明るめの色合いにすることがポイントです。

他の小物が明るめの色合いでまとめられたら、サブバッグはドレスとマッチする同系色に。
逆にクラッチバッグやショールなどが同系色になってしまった場合、サブバッグは明るめの色合いを選ぶようにしましょう。

明るい色のドレスを着る場合には

明るめの色のドレスは、ドレス自体が華やかさがあるものが多いので、サブバッグはできるだけ落ち着いた同系色のものを選ぶのがポイント。

・レース素材、ラメなどが多い場合のドレスには、落ち着いたサテン素材を選ぶ。
・ドレスと同系色のバッグに、さりげなく違う色のレースや刺繍がされているものを選ぶ。

などの工夫がをすることで、おしゃれに取り入れられます。

着物を着る場合には

結婚式には着物で参式する、という方もいらっしゃると思います。
ですがどんなサブバッグ良いか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

ドレスに合うフリル、ビジュー付き、ラメ入りサブバッグは、着物にはマッチしないので、なるべく避けるようにしたいところ。

少し高くても絹の素材や、サテン生地でも織の刺繍があるものなど、着物に合う素材感のものを選ぶようにしましょう。
最近では、着物をリメイクしてサブバッグを作り、市販のものと見劣りしないものを販売している作家さんもいるようです。
店頭ではなかなか合うバッグが見つからなくても、ネットなら見つかる事があるので、ぜひチェックしてください。

結婚式でもサブバッグでさりげないおしゃれを楽しもう

結婚式のサブバッグと一口に言っても様々な装飾やデザインのものがあり、どういったものがふさわしいのか迷ってしまう方も多いと思います。
さりげないアイテムでありながら、コーデの一つになるサブバッグは、自身のドレスや着物に合うものを選ぶことが重要です。
また、マナーを意識した素材や色選びも大切。
大人女子なら、マナーも意識しておしゃれにサブバッグを取り入れましょう!

内容について報告する