• メンズの通勤バッグはどう選ぶ?コスパ派・ハイブランド派別のおすすめブランドを紹介!
サムネイル

メンズの通勤バッグはどう選ぶ?コスパ派・ハイブランド派別のおすすめブランドを紹介!

プライベートだけでなく、通勤の時もお洒落でありたいと思っている男性は多いはず。特に、毎日使う通勤バッグには持ち手の個性やセンスをアピールできて、かつ好印象を得られるものがいいですよね。今回は、男性の通勤バッグにおすすめブランドについて紹介します。彼氏や旦那さんへのプレゼントの参考にしてみてください♡

メンズ用通勤バッグに求められる性能とは?

メンズ用通勤バッグを選ぶ時にKÓMERU編集部がオススメするのは「デザイン性」、「耐久性」、そして最後に「通勤手段」の3つを考慮すること。

単にトレンドや予算だけを考慮するのではなく、そのバッグを使う男性の好みや習慣に合った通勤バッグを探すことが重要です。

デザイン性

とにかくやる気を上げたい!モチベーションを高めたい!という方は、デザイン性でバッグを選んでみましょう。自分好みのぴったりなバッグが見つかれば、毎日の仕事パフォーマンスにもポジティブに影響すること間違いありません。

特にハイブランドのバッグは、他の人と差がつくハイセンスなデザインなものが多いのでおすすめです。

耐久性

通勤バッグには何を入れますか?PCや重い書類を持ち運ぶのであれば、耐久性重視でバッグを選ぶのがおすすめ。

耐久性のある素材としては、本革やナイロンといった生地が挙げられます。全体の素材だけでなく、持ち手の素材がしっかりしているのも見分けるポイントです。

通勤手段

最近は電車や自動車などの通勤手段に加えて、自転車やロードバイクで通勤する方も増えました。そんな方には背負うタイプのバックパックやリュックがおすすめ。軽くて通気性がよく、汗をかく季節でも負担が少ないバッグにすると良いでしょう。

通勤バッグにふさわしい素材とは?

通勤バッグの素材としては、レザー、合皮、ナイロンがメジャー。これらのメリット・デメリットについてまとめてみました。

レザー

レザー(皮革)バッグのメリットは、使い込むほどにツヤが出て、大事に使えば長持ち、そして年輪を重ねる雰囲気が出てくることです。
一方、デメリットとしては、素材自体が重いので中身を増やせば重くなってしまうことがあるということ。さらには、雨に弱い点が上げられます。

レザーは手入れをしっかりと行えば一生使える素材ですので、毎日使う通勤バッグには選ばれやすい傾向があります。

ナイロン

ナイロン製のバッグは軽くて防水性もあり、PC運搬用保護やポケット類の充実など優れた機能性を備えているものが多くなりました。レザーなどに比べると比較的安価な価格で手に入れることができるのもおすすめポイント。

デメリットとしては、デザインや色によってはカジュアルすぎてしまう場合があること。
どんなビジネスシーンでも使えることを前提に選ぶといいでしょう。

ナイロンは、機能性とコストパフォーマンスにこだわりたい方におすすめの素材です。

合皮

合皮はレザーによく似た風合いな上に、軽量でカラフルな物も多く、また防水性などもあり、比較的安価なものが多く人気です。

デメリットとしては本物のレザーに比べると、劣化が早い点。

ただし、保管方法などに気をつければ長く使うことが出来るため、安価でおしゃれなデザインのものを選びたい方におすすめです。

【コスパ派】通勤バッグにオススメのブランド5選

通勤バッグにオススメのブランド5選、コスパ派にご紹介しましょう。

TORY BURCH(トリーバーチ)

2004年、米国ニューヨークから発祥したアメリカンライフスタイルブランドで、シルエットやカラーなどクラシカルで飽きのこないデザインが魅力。男女共に広く人気があります。
財布やシューズの展開もあるので、全身で統一させるのもおすすめ。

参考新品価格帯:5~10万円
参考中古価格帯:2~5万円(編集部調べ)

MICHAEL KORS(マイケルコース)

マイケルコースは、1981年ニューヨークコレクションからデビューした米国のデザイナーによるブランド。
知的&エレガントで大人っぽい雰囲気のアイテムが揃います。ジュエリーやウォッチの展開も行なっており、トータルコーディネートできるのも魅力の一つです。

参考新品価格帯:3~10万円
参考中古価格帯:1~3万円(編集部調べ)

MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)

1996年にNYコレクションに参加した、米国デザイナー、マーク・ジェイコブスによるブランド。
着古したネルシャツやダメージジーンズなどが代表的アイテムの「グランジスタイル」の教祖とも呼ばれるマーク・ジェイコブズは独特の世界観を表現しています。

セカンドラインである「MARC BY MARC JACOBS(マーク・バイ・マークジェイコブス)」は惜しまれながらも2015年に統合され、今ではフリマアプリや中古市場でしか手に入れることができません。

参考新品価格帯:4~7万円
参考中古価格帯:1~3万円以上(編集部調べ)

FURLA(フルラ)

フルラは、アルド・フルラネットにより1927年イタリアのボローニャで設立されたブランド。
シンプルで使いやすいカラーのアイテムや、美しいシルエットが魅力。

参考新品価格帯:5~10万円
参考中古価格帯:1~4万円以上(編集部調べ)

COACH(コーチ)

コーチは、1941年に米国ニューヨークで発祥、革小物ブランドとしてスタートしました。
ライフスタイルブランドとしてフルラインを揃え、老若男女に絶大な人気があるアメリカンブランドです。

参考新品価格帯:3~20万円
参考中古価格帯:1~4万円以上(編集部調べ)

OROBIANCO(オロビアンコ)

1996年イタリアミラノからバッグブランドとしてスタート。カラフルでありながら、イタリアならではの伝統を重んじた総合ファッションブランドです。ナイロン製のアイテムが多く、デザインもシンプルなので通勤バッグに最適です。

参考新品価格帯:3~5万円
参考中古価格:1~3万円(編集部調べ)

【高級派】通勤バッグにオススメのブランド5選

続いては、通勤バッグにオススメのハイブランドバッグをご紹介します。お値段は少し張りますが、長く使える良質なバッグを選べばコスパもそんなに悪くないはず♡

PRADA(プラダ)

1913年スタートのイタリアを代表するファッションブランド。ミラノ発祥で、もとは旅行鞄やトランクなどのブランドでしたが、工業用ナイロンバッグが爆発的な人気を呼びました。エレガントライン、スポーツラインともに男性女性から多くの支持を受けています。

参考新品価格帯:20~40万円
参考中古価格帯:5~10万円(編集部調べ)

Luis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

1854年フランスの旅行用トランクメーカーとして発祥。ブランド名を表すモノグラム柄が人気を呼びアイコンとなりました。前述のモノグラム、小麦の柄のエピなどのカラフルなレザー素材などのバッグ類のみならず、洋服や靴、アクセサリーや時計など常に最新流行の世界のトップブランドです。

参考新品価格帯:15~50万円
参考中古価格帯:5~40万円(編集部調べ)

LOEWE(ロエベ)

1872年に設立されたスペイン発祥のブランド。もとは旅行用鞄ブランドから発祥した高級ブランドで、スペインならではの高級皮革素材と丁寧な作りで評判が高く、ブランドのアイコンであるアマソナ、ナッパコレクションが世代を超えて人気があり、今でもファッション界をリードしています。

参考新品価格帯:15~40万円
参考中古価格帯:5~20万円(編集部調べ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

1966年北イタリアからスタートした比較的新しいブランド。イントレチャートというなめし皮を編み込んだ独特のフォルムが、ブランドの象徴となっています。
イタリアならではの職人技の生きる素材感が、バッグから感じる高級感の秘密です。

参考新品価格帯:20~50万円
参考中古価格帯:5~30万円(編集部調べ)

GOYARD(ゴヤール)

ゴヤールは、遡れば1792年に歴史が始まったブランド。ピエール・フランソワ・マルタンが創業した「メゾン・マルタン」が現在のゴヤールへと繋がる発祥です。
旅行トランクブランドから発祥し、フランス王室、イギリス王室御用達のバッグブランドとなりました。ヘリンボーンの柄が特徴で、シックな色合いやカラフルな色合いのものまで幅広く親しまれています。キャンパス素材にコーティングされたヘリンボーン柄のトートバッグはブランドの顔です。

参考新品価格帯:15~40万円
参考中古価格帯:10万円(編集部調べ)

自分の欲しい通勤バッグはどこで買えるか?

コスパ派と高級派のいずれも、ブランドの実店舗・オンラインストア・中古ブランド販売店などで購入可能です。

ブランドの実店舗

新作のブランドメゾン系のビジネスバッグをチェックしたい方は、ブランドの正規店をチェックしてみてください。

ラグジュアリーな空間の中で、自分の通勤スタイルや好みにあったアイテムを店員さんと相談しながら探すことができるのは正規店ならではの醍醐味ですよね!

オンラインストア

店舗に行く時間がない場合や、足を運ぶ店舗を厳選したい場合は、ハイブランドのオンラインストアを見るのもおすすめ!
ブランドの中にはWEBサイト限定商品を売っているところがあるので、事前にチェックしてみると良いでしょう。

中古ブランド販売店

ブランド品などを比較的リーズナブルに手に入れることが可能なのは、中古ブランド販売店。中古品に限らず未使用品・並行輸入品などもあるので、正規店で購入前に一度は足を運んでみるのがおすすめです。

実店舗がある中古ブランド販売店でも多くがオンラインでも販売しているため、店舗に行く前に品揃えをチェックしてみましょう。

また、定価と中古価格が表示されているとどのくらい値引きになっているかわかりやすいです。COMEHYOなどでは買取保証をしていますので、使い飽きたらまた買い取ってもらい現金にすることも可能。賢い利用方法ですね。

収納やコスパの良いカッコいい通勤バッグを選ぼう!

通勤バッグを選ぶときに何を重視するかはその人ごとに違ってきますが、機能性の伴ったコスパの良いバッグ、または大事に使って長く愛用できる一品に出会えると、なんだか得したような気分になり、仕事にもハリがでてきますよね。

おしゃれなバッグを身につければ通勤がもっと楽しく、華やかになります。
ぜひ、ご紹介したブランドを参考に自分だけのお気に入りのバッグを見つけてみてください。

内容について報告する